1. トップページ
  2. 和倉幸配さんのページ

和倉幸配さん

ショートショート好きが高じて、自分でも書いてみたいと思うようになりました。精進して、少しずつ上達したいと考えています。よろしくお願いします。

出没地 博多駅
趣味 ミステリ小説を読む。 クイズ・雑学本を読む。
職業 公立学校事務職員
性別 男性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの記事一覧

0

金魚

17/11/12 コメント:0件 和倉幸配 閲覧数:117

 仕事休みの日、切らしたごみ袋を買いに行ったホームセンターの片隅に、金魚を販売するコーナーがあった。
 私は特に金魚が好きな訳ではないが、冬空のような鈍色の日常にささやかな彩りを添えてみたくなり、真っ赤な金魚を一匹買って帰った。

 家に帰ると、妻はソファで横になっていた。眠っているわけではない。目を開けてはいるのだが、私が部屋に入っても、何の反応も示さない。それがいつもの光景に・・・

0

渾身のスイング

17/11/02 コメント:0件 和倉幸配 閲覧数:138

 九回裏二死満塁、得点は一対〇。
 球場の興奮が最高潮に達する中、僕はピンチヒッターとして打席に送り出された。
 甲子園大会への出場をかけた県大会の決勝戦。一打出れば逆転サヨナラ勝ちという場面で、僕の出番がやって来た。
 高校三年間、僕はついにレギュラーポジションを獲ることはできなかった。
 だが、勝負強さを買われて、しばしばピンチヒッターとして起用され、それなりに結果も残・・・

0

充電器

17/10/19 コメント:0件 和倉幸配 閲覧数:164

「よーし、充電完了。百パーセントっと」
 デートの帰り、駅へ向かう道すがら、ミカはそう言って「うーん」と背伸びをした。
「何だよそれ」
「こうやってタクと会うとさ、何か充電される感じがするんだよね」
「充電?」
「今週は仕事でも色々あってさ。電池切れ寸前だったんだ。だけど、もう大丈夫。タクのおかげでまた頑張れそう」
 ミカは両手でボクシングのような恰好をする。<・・・

0

笑う財布

17/10/09 コメント:0件 和倉幸配 閲覧数:177

 あなたは、世にも不思議な財布が存在するのをご存知ですか?
 どんな財布かって? それは、「笑う財布」です。
 「笑う」というのは何かの例えなどではなく、文字通り、笑うのです。声を上げて。
 僕がこの財布を手に入れたのは、今から十年くらい前、まだ独身だった頃のことです。
 当時の僕は、安月給でファッションに使うお金もなかったので、よく街の古着屋で洋服を買っていました。

0

ドラマチックな恋愛

17/10/02 コメント:0件 和倉幸配 閲覧数:258

 彼と付き合い始めて、もうすぐ六年になる。

 今でも毎週、休みの日にはデートをしている。でもそれは、朝起きたら顔を洗うのと同じで、もはや習慣みたいなものだ。
 付き合い始めた頃は、前の日からワクワクして一晩中洋服選びをしていたが、最近ではそんなこともすっかりなくなっていた。

 いわゆる倦怠期というやつだろう。
 大学時代に交際がスタートして、二人とももう二十・・・

  1. 1
ログイン