1. トップページ
  2. 麗蘭さんのページ

麗蘭さん

出没地
趣味
職業
性別 女性
将来の夢
座右の銘 初心忘れるべからず

投稿済みの記事一覧

1

捨て猫

17/07/14 コメント:0件 麗蘭 閲覧数:99

私は生き物が嫌いではない。しかし好きでもない。
そして博愛主義者でなければ、非情でもない。
だから、雨にさらされている子猫を見捨てて去るということはできなかった。
ただそれだけだった。



何もかもを吸い込んで行きそうな、漆黒の闇が広がっている。
私は窓に降り付ける雨を見ながら、猫を拾ったときのことを思い出した。
その日から10年の月日が流れ・・・

0

海をまた好きになる

17/06/26 コメント:0件 麗蘭 閲覧数:115

私と彼は海で出会いました。
そういうと、ひどくロマンチックに聞こえるかもしれません。
しかし、現実はそう素敵なものではないのです。
なぜなら、私はそこに入水自殺するために行ったのですから。
私は今でもその日のことをはっきりと覚えています。
それは冷たい秋風が私の柔肌に食い込む、寒い日のことでした。
私はすべてのことに疲れ果ててしまっていたのです。
華道の家・・・

0

呼び起こされる想い

17/06/15 コメント:0件 麗蘭 閲覧数:136

その日の深夜の音楽番組は、期待の新人と謳い、マイナーな若手の歌手の歌を流していた。
「俺、この歌嫌い」
私は彼のその言葉を聞いて、鈍器で殴られたような鈍い衝撃が走った。
彼は私の微妙な表情の変化に気付かない。
「だってさ、なんか女々しくねえ?別れた女のこといつまでも引きずるなんてさ」
まったくの同意見だった。私もそう思っていて、同じことをあの人に言ったのだ。
そ・・・

0

ヤマアラシのジレンマ

17/06/10 コメント:0件 麗蘭 閲覧数:139

「オレは『ヤマアラシ』だから。それも…ジレンマから抜け出せない…ね」
そう言った彼の真意を、あの頃の私は何も知らなかった。







授業中に懐かしい言葉が聞こえて、私は閉じかけていたまぶたを開いた。
確か、そう、その台詞は彼が。
山中嵐が言っていた言葉だった。
私は先生の話に耳を傾ける。
「ヤマアラ・・・

  1. 1
ログイン
アドセンス