1. トップページ
  2. れもんさんのページ

れもんさん

出没地
趣味
職業
性別
将来の夢
座右の銘

投稿済みの記事一覧

1

ミテル

17/07/06 コメント:0件 れもん 閲覧数:112



先日、マーブルが人語を喋った。
マーブルというのは私が飼っている猫なのだけど、一言話したのだ。


「ミテル」


猫は生涯で1度だけ人語を話すという。大切なことを伝えるためにだそうだ。


「そんなに私のことが好きなのかしらん」


会社の喫煙室で私は同僚のエツコに話しかけた。

0

イルカ社会の憂鬱

17/07/01 コメント:0件 れもん 閲覧数:95



 「さてどうしたものか」


 真っ青な海のど真ん中。キヨシはぷわぷわと浮き輪にはまって、波に揺られていた。


 真夏の太陽が容赦なくキヨシを照りつける。水着姿であったから、肌がジリジリと焼かれていくのがなんとなくわかる気がした。


 辺りを見回すが、見えるのは丸みを帯びた水平線だけで、自分がどこにいるのかもわからない。

0

夏のせい

17/05/10 コメント:0件 れもん 閲覧数:182



毎日が休みだったらどんなに嬉しいだろうか。


それはもはや休みと言わないのでないだろうか、とすぐにそう思った。


本当にここはなにもないなあ。


和樹は大学の夏休みを利用して、実家に帰省していた。


和樹の実家は近鉄小倉駅から少しはずれた場所に位置していた。


・・・

0

正義の味方

17/05/02 コメント:0件 れもん 閲覧数:186


正義の味方というものに誰しも一度は憧れるものだ。


今と比べると画質の粗いブラウン管の向こうで悪の組織と戦うその様を手に汗握って見ていたのは私だけでないはずだろう。


レンタルビデオショップの戦隊物コーナーをみて岸本大志はふとそんなことを思った。


パッケージを手に取る。


ああよくこんな・・・

1

欠けたチーズケーキ

17/04/26 コメント:0件 れもん 閲覧数:263


平日朝の電車内というのはどうしてこうむさくるしいのだろう。休日にどこかに遊ぶに行こうと乗る電車とはまるで違う。車内に陰鬱な空気がみちていて、生気がまるでない。あれだけの人数が同じ空間にいてあれほどの静寂をつくりあげることができるのは日本人だけであろう。
泉貴子は窮屈な車内でそんなことを考えては、少しでもこれから出勤する会社のことをかんがえないでおこうとした。

  1. 1
ログイン
アドセンス