1. トップページ
  2. micchoさんのページ

micchoさん

小説は読むのも書くのも好きです。

出没地
趣味
職業
性別 男性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの記事一覧

0

しゃちょうのお仕事

17/03/26 コメント:0件 miccho 閲覧数:81

 幼稚園のころ、父の仕事が「しゃちょう」だと聞いた。当時の僕はそれを聞いてすぐに、「出発進行!」と言いながら駅のホームで敬礼する父を思い浮かべた。お父さんはなんて格好良いんだ。子どもながらにそう思った。
 「しゃちょう」とは「社長」であって「車掌」とは全くの別物らしいと知ったのは、小学校に入学後のことだった。格好良い制服姿の父を想像した僕は、とても落胆した。
 社長という職業が具体的に・・・

1

勘違いは恋の始まりの終わり

17/01/28 コメント:2件 miccho 閲覧数:203

 就職氷河期であったことに加え、就職活動に要求される「器用な立ち回り」スキルなどどこにも持ち合わせていない(おそらく生まれる直前に母親の胎内に置いてきた)僕は、結局100社近くの企業にエントリーする憂き目を見た。
 メールボックスが「ご縁がありませんでした」のメッセージで埋め尽くされ、僕の手元には「戦略的撤退・留年」「一発逆転・小説家」「大穴・専業主夫」など、ろくなカードしか残っていなかった・・・

0

背中

17/01/14 コメント:0件 miccho 閲覧数:183

「最近の歌はどれも同じだねぇ」
紅白歌合戦を鑑賞中の家族の輪に加わっていた祖母が呟いた。
「最近の歌」と形容された歌の歌手は実際には実に12年ぶりに再結成したロックバンドで、僕からしたら完全に「懐メロ」にカテゴライズされるのだが、おばあちゃんから見れば十把ひとからげに「最近の歌」ということになるらしい。
もちろんそんな説明したところで何を分かってもらえるでもないことは重々承知なの・・・

0

Which?

17/01/10 コメント:0件 miccho 閲覧数:261

「なんでまだ資料できてねぇんだよ!お前仕事なめてんのか?」
また始まった...。僕は下唇を噛みながら、上司の叱責に対して消え入りそうな声で返事をするのが精一杯だった。
この1週間、1日2〜3時間睡眠でなんとか業務をこなして来たが、もう限界だった。

「外資系経営コンサルタント」
入社前この仕事に対して抱いていた、ブランドのスーツをスマートに着こなし、大企業の経営者に対・・・

  1. 1
ログイン
アドセンス