1. トップページ
  2. さきさんのページ

さきさん

出没地 原宿
趣味 ドラマを見る
職業 学生
性別 女性
将来の夢 世界で活躍する
座右の銘 夢は逃げない逃げるのは自分だけ

投稿済みの記事一覧

0

私は母を許さない。

17/02/13 コメント:0件 さき 閲覧数:459

私は母を許さない。
私は母のせいで散々色々な人にバカにされてきた。色々な人に笑われてきた。入学したての時など出会ったばかりの時は必ず笑われた。私は嫌だった。人が嫌いになった。この苦しさは私しかわからない。誰かに打ち明けたかった。でも、誰もわかってくれない悩みだった。私が真剣に相談しても、スルーされたり笑って誤魔化されたりした。私は悲しかった。誰にも打ち明けられなくなった。
私・・・

0

涙のクリスマス。

16/12/17 コメント:0件 さき 閲覧数:466

あれは小学三、四年生の頃であろう。
この時期になると毎年思い出す。
私は、サンタさんに「○△×をください。」と紙に書いてベッドに張り付けた。私はサンタさんが来る日をまだかまだかと楽しみに待っていた。
そして遂に純粋な子供たちが365日の中で誕生日の次に楽しみであろうサンタさんがプレゼントをくれる来る日がやって来たのである。
私はいつも通り良い子でこの日が来るのをまっていた。・・・

0

モヤモヤ

16/12/17 コメント:0件 さき 閲覧数:428

心の中のモヤモヤはいつになったら消えるのだろう。
人は誰でもモヤモヤを抱えて生きている。
私のモヤモヤはいつ消えるのだろう。消し去りたい。
そんなことを考えて生きている。そんなことを考えていると、目の前はもやがかかったようになる。胸の奥に住みついた何かが動き出す。胸の痛み
。モヤモヤは人を考えさせ、頭を抱えさせる。
モヤモヤが人を苦しめる。
でもモヤモヤは考えな・・・

1

孤独な彼

16/12/17 コメント:0件 さき 閲覧数:396

彼は一人砂浜に立っていた。
夏は砂浜が見えなくなるほど人がひしめき合っているが、
その時は誰も砂浜に寄り付かないほど寒かった。こんな寒い
時に砂浜に来る人など彼ぐらいだろう。
彼は空を見上げ何かぽつりと言った。彼の声は波の音と混じ
り合う前に、彼の声は波の音にかき消さるように消えていっ
た。風は彼の細身の体を突き刺すような冷たい風だった。
彼はゆっくりと歩・・・

  1. 1
ログイン