1. トップページ
  2. 入江弥彦さんのページ

入江弥彦さん

入江です。狐がすきです。コンコン。 Twitter:@ir__yahiko

出没地 寝室
趣味 セーラー服
職業
性別
将来の夢
座右の銘

投稿済みの記事一覧

5

デンオとテツオ

17/04/02 コメント:5件 入江弥彦 閲覧数:639

 僕は電車オタクだ。
 自分でそう言っているわけではないし、本当はみんながいうほど電車が好きなわけじゃない。
 けれどもそれが僕のイメージであり、まわりからの評価なのだから仕方がない。電車オタクでは長いからと、デンオと呼ばれている。
 クラスメイトが僕のためにとランドセルがパンパンになるほど詰め込んでくれた紙くずを捨ててから、いつもの場所に向かった。
 立ち入り禁止の看板を・・・

6

水底から一閃

17/02/13 コメント:6件 入江弥彦 閲覧数:935

 無機質な声が注意事項をアナウンスし、数秒後に座席が大きく上下に揺れた。
 息子が驚いたように息をつめて、孫は小さく悲鳴を上げた。ごうごうと水の音が響いて、窓の外は一気に暗くなる。揺れが収まると、窓の外が照明に映し出される。立ち上がった添乗員が、右手をご覧くださぁい、と甲高い声で私たちにアナウンスした。
 息子からの提案だった。八十歳のお祝いに故郷を見に行くのはどうか、と。私のためとい・・・

3

僕らは過程を生きている

17/02/10 コメント:2件 入江弥彦 閲覧数:656

 昔は子供が速く移動するための乗り物があったらしい。
 そう言いだしたのは歴史好きのトモヒロだった。彼のこの発言で、県内の子供全員が僕たちのもとに集まった。全部で五人。トモヒロと僕、アツヤ、エミカ、それからホノミだ。僕はホノミのことが密かに好きだった。一番年上のアツヤが、年上らしく恐縮してトモヒロに尋ねた。
「トモヒロさん、移動するための乗り物って車や電車のことかい?」
 それを・・・

2

B面に指紋あり

17/01/27 コメント:0件 入江弥彦 閲覧数:442

 出会い系サイトに本気になるやつなんて、よほど頭が悪いか寂しい人間なのだと思っていた。つい、半年ほど前までは。
 今では出会い系で出会った五つ下の女性にぞっこんだ。派手そうな見た目とは裏腹に丁寧で穏やかな彼女に惹かれたのだ。案外しっかりしていて、頼りにもなる。口も堅くて誠実だ。
 彼女の名前は美紀と言った。独身の会社員。小柄で控えめな笑顔が魅力的な女性だ。少し化粧が濃いようにも思えるが・・・

4

デザイン

17/01/16 コメント:4件 入江弥彦 閲覧数:616

 パーツを選んでください。
 そう書かれたディスプレイを睨む妻の目は真剣そのものだ。目の形はたれ目が良い、唇は薄いほうが好みだなどとブツブツ言いながら何度も選択を繰り返す。
「そこまでこだわらなくてもいいんじゃないか」
 などと私が口を挟むと、妻は異質なものでも見るかのような顔をして諦めたように溜め息を吐いた。
「女の子だよ? 可愛くなきゃダメじゃん」
 何がダメだと・・・

5

レッドリスト

16/12/15 コメント:4件 入江弥彦 閲覧数:847

 死んでしまおうと思った。
 崖の上から荒廃した大地を見ていると、風がスッと僕の背中を押すように吹いてくる。あと一日、もう一日、そうしているうちに崖の上の木々に花が咲き、少ししてから緑が生い茂った。やがて赤くなって、はらりはらりと谷底に飲み込まれていく。
僕は毎日、律儀に崖に出向いて飛び降りることなく家に帰っていた。出迎えてくれる彼女は僕がどこに行っていたかといことを問い詰めない。いつ・・・

1

休み希望は通らない

16/12/10 コメント:0件 入江弥彦 閲覧数:427

 シフトの提出を求めているくせに、休み希望が通らないなんてあんまりではないか。
「休み、だめなんですか?」
 意味がないとわかってはいたが、バイトリーダーに文句を垂れた。彼は作業していた手を止めて眉をひそめる。
「お前、クリスマスイブに休めると思ってたのか?」
 このバイトを始めて三年。年末は短期バイトを雇うくらい忙しいというのは理解していたが、どうしても休まなければいけな・・・

  1. 1
ログイン
アドセンス