1. トップページ
  2. PURINさんのページ

PURINさん

超ド級の素人です。おかしいと思った点やご苦情などがございましたら、今後の参考にしていきたいので遠慮なくおっしゃっていただけるとありがたいです。

出没地
趣味
職業
性別
将来の夢 明るい話が書けるようになりたいです。
座右の銘

投稿済みの記事一覧

0

17/06/22 コメント:0件 PURIN 閲覧数:134

「この前海に行ったんだよ」

「えー! いいなー!」

「砂浜に巻貝みたいな貝があったから、中の音聞こうと思って耳に近づけてみたの」

「貝を耳に当てると波の音がするって言うもんね! どうだった?」

「『ぬる』って音がした」

「『ぬる』?」

「あれはもはや感触というより音だったよ… 何かと思って見てみたら、カタツムリが角・・・

0

パクパク

17/05/22 コメント:0件 PURIN 閲覧数:160

友人に聞いた話。

ガタゴトという揺れと、暖かな日差しが心地よい。
電車の長椅子の端っこに座っていた友人は、うとうととまどろんでいた。
スマホにつないだイヤホンから流れてくるゆったりした曲も、眠気を誘っていた。

目的の駅まではまだだいぶあるし、このままちょっと寝ちゃおうかな…

そう思っていると。
急に半開きの視界の中に茶色い何かが現れた。<・・・

0

前後

17/05/08 コメント:0件 PURIN 閲覧数:166

今日は休日。午前中はずっとベッドでゴロゴロして過ごした。
12時を少し過ぎた頃、お昼を買いにコンビニに行こうと財布と鍵だけ持って自室のドアを開けようとした。
すると、声が聞こえてきた。ドアの外から。

「ねえねえ、あそびにきたよ! あそぼ!」

声からして小さい子だ。
おかしい。家の人はみんな朝から出かけているし、そんなに幼い子で家に遊びに来るほど親しい知・・・

0

caramel

17/05/04 コメント:0件 PURIN 閲覧数:179

久しぶりにキャラメルを食べた
年上の知り合いにもらったから食べた

懐かしい
口いっぱいに広がる甘さも
歯にくっついてくるうっとうしいところも
そうだ、キャラメルってこんなだったな、忘れてた

だけど、
食べ終わったら、きっとまたこの感じを忘れるんだろう
思い出しても、ああ、そんなお菓子もあったかもなくらいにしか思い出さないだろう
・・・

0

2通り

17/04/02 コメント:0件 PURIN 閲覧数:231

知り合いから聞いた話です。

ある休日、知り合いはお子さんと2人で出かけたそうです。おいしい食事をしたり、買い物をしたりしてとても楽しく過ごせたそうです。

それは帰りの電車内で起きました。席が空いていなかったため、よく揺れる特急の中、知り合いもお子さんも立っていなければなりませんでした。
しばらく揺られているうちに、お子さんが疲れていないかどうか心配になってふと見る・・・

1

隣の咳嗽

17/04/02 コメント:0件 PURIN 閲覧数:261

金曜21時頃、満員電車にて。


ケホッ ケホッ

(あー前の席空いた。やっと座れる…)ボスッ

コホッ コホッ

(今週は本当疲れた…)

ゴホッ ゴホッ

(さっさと帰って泥のように眠ろう…)

ゴホン ゴホン

(…そう言えば、左隣に座ってる女の人、さっきからずっと咳してるな)

0

tattoo

17/04/02 コメント:0件 PURIN 閲覧数:194

今日、電車で腕にタトゥーを入れている人を見た。

僕が乗った車両の座席はどこも空いていなかったので、立ったままつり革に掴まってしばらく窓の外を流れる景色を見ていた。

(暇だなあ…スマホも電池もうほぼないから使いたくないしなあ…)

などと思いながらふと横に立っているタンクトップの男の人を見ると、僕の目線より少し高い位置にある上腕に、黒いインクで大きく翼を広げた・・・

0

the word

17/02/24 コメント:0件 PURIN 閲覧数:269

今、俺は彼女が一人暮らしをしているアパートの部屋に彼女と一緒にいる。2人でソファーに隣り合って座っている。いつものことだ。いつもと違うのは、重苦しい沈黙の中であるという一点のみだ。

彼女はすこぶる機嫌が悪い。俺が浮気してたのが昨日バレたからだ。
あちらの子とはほんの遊びのつもりだったんだが、発覚した時、彼女は人が変わったかのように怒り狂い、俺と別れると何度も言ってきた。
・・・

0

「優しい子」

17/01/11 コメント:0件 PURIN 閲覧数:375

小さい頃から、みんなは僕を「優しい子」だと言っていた。
人の気持ちを考えて、人のために行動できる子だ、と。

ある日、友達の1人が大けがをした。
もう助からないと誰にでも分かるくらいの酷いけがだった。

友達は、息も絶え絶えに言った。
「どうせ助からない。これ以上痛い思いをするのは嫌だ。もう死にたい」
かわいそうだった。
だから、僕はその子を殺・・・

  1. 1
ログイン
アドセンス