1. トップページ
  2. 葵 ひとみさんのページ

葵 ひとみさん

「フーコー「短編小説」傑作選8」にて、 「聖女の微笑み」が出版社採用で、出版経験があります。 第114回 時空モノガタリ文学賞 【 パピプペポ 】最終選考を頂きました。 第116回 時空モノガタリ文学賞 【 裏切り 】最終選考を頂きました。 心からありがとうございます。 感想、心からお待ちしています^▽^ Twitter @Aoy_Hitomi

出没地 書店と図書館です。
趣味
職業
性別 男性
将来の夢 毎日を明るく楽しく穏やかにおくります。
座右の銘 白鳥の湖、努力ゆえの優雅さ――。

投稿済みの記事一覧

0

僕には神の声が聴こえる

17/10/23 コメント:0件 葵 ひとみ 閲覧数:64

 僕は鷹取省吾。
僕には小さな頃からたまに神の声を聴く力があった。

家族や仲間の周りで僕があまりにも神の声、神の声と連呼するので、
統合失調症の幻聴の疑いがもたれていて、

 ついに23歳のある日、精神科の保護病棟に任意入院となってしまった……

入院初日の医師の診察ではいきなりリスパダールを服用させられた、統合失調症ではかなり重いタイプなのだろう・・・

0

究極の100円デート計画

17/10/09 コメント:0件 葵 ひとみ 閲覧数:58

 会社員のサトシは休日にフラリと用もなく手ぶらで入った100均セリエの中で考えていた。

サトシには付き合って5年目の彼女サトコがいる、同じ会社の社内恋愛だ。
しかしサトシは薄々サトコが恋愛の倦怠期に入っていることに気がついている、
5年も付き合えばほとんどのデートコースは制覇してしまうことが理由の一つだ。
男としてはここで何か捻ったアイデアのデートコースをださないと・・・

1

ターザン山本!先生、事件です!!!

17/09/13 コメント:2件 葵 ひとみ 閲覧数:202

 時空モノガタリ選考員

「ターザン山本!先生!!!今回の時空モノガタリ文学賞のテーマ「入賞」なのですが、

エントリーした作者全員の作品が全部入賞しています!?

何か?のコンピュータ・トラブルでしょうか!?これでは収拾がつきません!!!」








「ハッハッハ。私のことをまだよくわかってないようだ・・・

0

被災地ボランティア傷害事件

17/09/11 コメント:0件 葵 ひとみ 閲覧数:148

 クールニュースでスマホに速報が入った――

「ただ今、国民的アイドルグループKASのメンバーのアナミンが大震災の被災地でボランティア活動をしていた握手会で何者かに切りつけられました」

私、竹田真也(たけだしんや)は慌ててSNSで一緒に今回のKASの総選挙で優勝すると予測されているマミミを一緒に応援していた鹿児島県在住のミナミさんにReinメールを送った。

・・・

0

無差別惨殺事件テーマパーク

17/09/11 コメント:0件 葵 ひとみ 閲覧数:163

 ここでは、毎日、無差別惨殺事件が繰り広げられている。



背中を鋭利な刃物で切り広げられる者

バーナーで焼き殺される者

身体から脳味噌だけを引き出される者

皮膚だけを焼かれて身体を等間隔に並べられる者

鍛え上げられた筋肉を最期まで叩き壊される者


煮えたぎった腐敗した異臭の中で同胞と口が開いたま・・・

0

茉莉の愛の約束の契り

17/08/29 コメント:0件 葵 ひとみ 閲覧数:345

 ――指切りげんまん、嘘、ついたら「針千本、飲〜ます」――



遠くの古い民家の睨みあいの松と呼ばれる憎しみ合った花魁と武士が祀られた二本の松の敷地から幼き子供達の優美な遊び声が聞こえる……



時は江戸時代、京都の先斗町の百花繚乱の花魁、茉莉には恋焦がれる客がいた、

青龍藩の幻夢城の跡取り息子の永田平 潤之介(ながだいら じゅんの・・・

0

あの日の紅葉のたえまの光は唯々、眩し過ぎて

17/08/28 コメント:1件 葵 ひとみ 閲覧数:183

 キリトは今年岡山から大阪へ進学した19歳の専門学校生、生まれてこの方女性とは御縁のない人生をおくっている。
彼女ほしさに学校の授業にはほとんど出席せずに、合コンや相席居酒屋にでかけたり兎に角、女性の集う場所に繰り出す毎日を送っていた。
そのお金は授業を休んで高額のバイト代が頂けるデリヘルのドライバーからのバイト代から捻出していた訳だ……

ここでも、お店の待合室の女性達か・・・

0

果たされぬ約束の詰まったソーセージ

17/08/28 コメント:0件 葵 ひとみ 閲覧数:185

 私の名前は琉生 犀葉(るい さいは)、寒村の谷間で「Aquavit(アクアビット)」というレストランのオーナーシェフをしている。
店名は、大好きな「命の水」という名のジャガイモの蒸留酒から名前をつけた。

世界中からこんな辺鄙な土地までグルメ達が押し寄せる。






スペシャリテは、

温かいサワークリームのスープの中に・・・

0

僕が経済学もキライになった訳

17/08/28 コメント:0件 葵 ひとみ 閲覧数:210

 現代国語と英語の2科目の数千倍の高倍率の受験戦争を突破して、

晴れて僕は難関校の私立単科大学の経済学部の生徒となった……

まだ、日本が未曾有の危機に曝された地下鉄サリン事件も阪神淡路大震災もおこる以前の
御話である――


僕にとってはウキウキしながらの大学の経済学の初講義、
経済学の世界的権威である講師が教鞭に立つ……

そ・・・

1

304号室に悪魔がいる

17/01/02 コメント:2件 葵 ひとみ 閲覧数:524

俺の本名は稲寒哲咡(いなざぶてつじ)……
北海道の寒々しいオホーツク海近くの北見市のボロアパートの304号室に住んでいる。

職業は詐欺師……

いや!?語弊のないように言っておこう、
ネット占いkokono-okaに所属する専属契約占い師だ。

ハンドルネームは無数にある……

俺は小説家を目指していたんだが、才能はある・・・

2

ニャンキチ先生の優しさ

16/12/19 コメント:4件 葵 ひとみ 閲覧数:417

「私、生理痛がひどいんですぅー。お話してくれませんか?彼氏とのお話の9割がシモネタなんですぅー」

鹿児島市の貿易商の愛娘であるミナミさんが無料通信アプリREONで萌えキャラヴォイスで午前3時!?に一方的に通話してきた……
おそらく、今まで、ミナミさんは彼氏とREONでお話していたのだろう……

ミナミさんにはちゃんとした彼氏がいて今現在、札幌市に赴任中なのである――・・・

1

ネパールの優しさ

16/12/19 コメント:0件 葵 ひとみ 閲覧数:368

「……それで、御話のつづきなんですけど」とその若い女性は再び饒舌に喋りはじめた。

「とにかく素晴らしい才能のある方なんだけど、ものすごく変わった方なんです」

「なるほど」

「倉敷美術工芸繊維大学に半年ほど通ったんですけど、大学で講義を受けるカリグラフィーなどをはじめ全てにどうにも納得がいかなくて、そこを中退して、船員としてスリランカ行きの貨物船にのりこんだ・・・

1

サンタクロースからのハンドメイドマグカップ

16/12/10 コメント:2件 葵 ひとみ 閲覧数:558

 小生、猫多川賞受賞作家マタタビニャンキチには妹のキョウコさんがいて、

今は京都でミシュランの料亭で修行をしていた亭主の経営する、

岡山県津山市にある京風料亭和氣屋にお嫁にいっている。

看板料理はまる鍋である、京都で食すると2人で2万円以上もするのだが、津山市では5000円程で食べられるのだ、今は衛生上、スッポンの生き血は飲めないのだが……

・・・

2

Merry Christmas to you.

16/12/10 コメント:4件 葵 ひとみ 閲覧数:704

 大阪の阿倍野に住んでいるフリーのカメラマンをしているキリトにはずっと片想いを寄せている女性ナオミがいる。

彼女は神戸市に在住していてRainbowsをプラット・フォームにしてLinaxなどで、
フリーのシステム・エンジニアをしながら女手一つで有名付属中等部2年生の愛娘アキさんを育てているのだ……

キリトが親友と岡山にある石泉寺に参詣した際に訪れた時の美味しいお蕎・・・

3

唐揚げ5分間の沈黙

16/12/07 コメント:4件 葵 ひとみ 閲覧数:550

 私は日本唐揚協会のカラアゲニストとしての認定資格に見事合格して、
本日、はれて一般社団法人日本唐揚協会の親睦会である、

唐揚げの聖地、大分県中津市の唐揚げ専門店である悠悠にきている。


ここの唐揚げは小麦粉と片栗粉とターメリックをはじめとして
様々なスパイスを調合したカレー粉で軽くまぶされてカラっと揚げられている。

みんなそれぞれが、唐・・・

1

ニャンキチ先生とフルーツミックスのジェラート

16/12/06 コメント:2件 葵 ひとみ 閲覧数:564

 小生、猫多川賞受賞作家マタタビニャンキチが20代前半ぐらいの
OLをしているアツコさんと真冬に大阪ミナミの高層ビルの最上階にある、
「DANCING AMAZING(ダンシング アメージング)」という
熱々のシーフードを手づかみで食べるケイジャン料理のお店で、
お互いに美味しいカクテルに酔っていたこともあり、意気投合した時のお話である――

小生とアツコさんが・・・

0

はじめての美術館デート

16/12/04 コメント:1件 葵 ひとみ 閲覧数:514

 ナオトとユウコは初めて「詩の会」で出会った、
美術専門学校生のあまり裕福ではないナオトとお嬢様短期大学生のユウコはまだおつきあいはしていないが、今回が3度目のデートとなる。

ここ倉敷市の大原美術館のそばにあるカフェ「エル・グレコ」でついにナオトは勇気を出して胸に秘めた想いをユウコに伝えた……

「僕でよかったらおつきあいしてくれませんか?」とナオトはおそるおそる伝・・・

2

ちっぽけなプライド――

16/10/27 コメント:6件 葵 ひとみ 閲覧数:689

 小生、猫多川賞受賞作家マタタビニャンキチがまだ無名だった頃の御話である――


小生はハード・オンリーのスタッフからJAZZ喫茶のスタッフまで、

いわゆる、フリーターをしながら空いた時間は猫多川賞を目指して、
日々、純文学の小説を執筆していた――

ニャンキチがJAZZ喫茶のスタッフとハード・オンリーのスタッフをしていたことには理由がある。

3

光は漆黒の闇の中から――

16/10/24 コメント:5件 葵 ひとみ 閲覧数:830

 私の名前はサヤカ、施設で育った私には、生まれつき両親がいなかった。

今日もモニターごしの世界で欺瞞に充ち満ちた世界がエンドロールなしで続いている


お金のない私は、道化師のように、15歳の頃から神奈川の川崎の路上で相棒である施設からもらってきたお古のギターと歌い続けてきた。
それが、ハンパな人たちや水商売の人たちの心の琴線に触れていつも無数の人だかりがで・・・

1

お好み焼きと和平君(かずひらくん)

16/10/11 コメント:0件 葵 ひとみ 閲覧数:537

 箱庭和平(はこにわかずひら)君――

彼は父親からベトナム戦争が早く終結されて
「平和」になりますようにという願いを込められて、和平(かずひら)と名付けられた。
彼は梨がとても美味しいので有名な、埼玉県蓮田市に住んでいる。

彼の父親は内村鑑三氏を尊敬する敬虔な無教会派のプロテスタントの信者であり、
母親はカトリックのお嬢様短期大学を卒業しているアメイジ・・・

1

平和で譲り合う人たちのゆくところ

16/10/10 コメント:3件 葵 ひとみ 閲覧数:487

 ある日、暖かい干したてのお布団の中でヌクヌクしていると、
いきなり空中に仙人が顕れました――

「これからそちに天国と地獄を見せてあげよう」と、

「まずは地獄から」仙人につれられて私は空中を飛んで、
地獄らしいところへ辿り着きました――


「あれ?」と私は拍子抜けした声をだしてしまいました。
てっきり悪をなしたり人を騙した人間たちが・・・

0

ミラノサンド

16/10/10 コメント:0件 葵 ひとみ 閲覧数:386

 ミラノサンドにはどこか「平和」を感じさせる響きが私にはある――

ドワイト・デヴィッド・アイゼンハワーが、連合国軍を指揮してナチスドイツから
平和を勝ち取るきっかけになった長い一日に、
彼はミラノサンドを食べていたに違いない。

アメリカが独立戦争で「平和」を勝ち取った時にも、
ミラノサンドとコーラを楽しみながら熱狂していたに違いない。

ベ・・・

1

バタフライ・エフェクト

16/10/01 コメント:3件 葵 ひとみ 閲覧数:436

 「し、しまった!?」

都内の清楚な住宅街で、一応、専業主婦をしている私、樋口加奈子は

重いまぶたをひろげて、

ハッと獲物を見つけた小鳥のようなスピードで可愛いスヌーピーの白黒の目覚まし時計を

眺めて言った。

いつものことだが、

私はもう5時間も寝坊をしてしまっていた。

非情な時計の針は私を取り残して・・・

2

ハナミズキの季節

16/09/26 コメント:4件 葵 ひとみ 閲覧数:604

 ここは宮本武蔵誕生の地

岡山県美作市――

私は聴覚カウンセラー霧崎真弥(きりさきまや)、

もともとは私が勤めていた会社からの不当解雇が原因で

鬱病に罹患(りかん)してしまったのだが、

クリニックで処方して頂いた、抗うつ剤のルボックスと

頓服薬の軽い安定剤レキソタンと睡眠薬のサイレースを服用しながら、

2

新興宗教お笑い教――黙示録の使徒たち――

16/09/26 コメント:4件 葵 ひとみ 閲覧数:526

 小生、マタタビニャンキチはこの冬に黒い噂の絶えない

上九錦蛇村(かみくにしきへびむら)にある、

謎の新興宗教団体お笑い教の総本部へフィールドワークへいってきた。

秋に、たまたま、宗教系のコミュニティーサイトで知り合った

東京都在住のハンドルネーム香成(かせい)君という大学生の青年が、

このお笑い教の入門編アストラル・ミュージッ・・・

0

飛行機にのりたがらない母

16/09/26 コメント:0件 葵 ひとみ 閲覧数:422

 私は、倉敷市に在住しながら、東京のMen`s雑誌の女性編集長もこなしている

金澤愛弓(かなざわあゆみ)、28歳、普段は地元の総合病院で診療放射線技師をしながら、

編集長もこなしている。


私の専業主婦の母、由美子は6月21日の太陽の日――夏至の日に生まれた――

それゆえか?

母にはゆきたい場所が地球で二つある、
<・・・

4

未来を変える喫茶ソワレ

16/09/12 コメント:8件 葵 ひとみ 閲覧数:791

6月13日、私、小原侑子17歳、岡山市に在住、くらしき美術大学付属高校2年生。
私は自宅のリビングで両親とトーストの朝食をとっていた……
テーブルの右手の横にはスマホを長期修理にだしていて代替機がある。
心の中では両親に、「逝ってきます」と思いながら、「行ってきます」と侑子は言った。
山陽本線を岡山駅から倉敷駅を経由して新倉敷駅まで乗って、そこで下車して小高い丘の上にある高・・・

1

猫多川賞受賞作家マタタビニャンキチ誕生秘話

16/09/12 コメント:2件 葵 ひとみ 閲覧数:616

 赤色の時代に真っ赤な火山のマグマから泣きながら小生は生まれた。


その後、小生は……


橙(だいだい)色の時代にタイムスリップ……生まれて初めて、よく熟れた橙(だいだい)の果実を美味しくほおばった。


黄色の時代にタイムスリップ……黄色い三日月を見上げてその可憐な美しさに感動した。


緑色の時代にタイムスリップ……緑・・・

2

白鷺ノ城書店モノガタリ

16/08/29 コメント:4件 葵 ひとみ 閲覧数:1236

 小生、猫多川賞受賞作家マタタビニャンキチが、

倉敷市の郊外にある複合ショッピングセンター内の

白鷺ノ城(しらさぎのしろ)書店に訪れた時のお話である――



SNSで出会った東京都北区在住の専業主婦の清水希実子(しみずきみこ)さんから

小生の小説をサイン入りで贈ってもらいたいと年末に頼まれていたのだが、

年末年始は連・・・

1

ギリシャ風ホテル・プロメテウス内書店――アテナ――

16/08/29 コメント:2件 葵 ひとみ 閲覧数:636

 ここは小豆島の恋人たちの散歩道(さんぽみち)エンジェルロードの隣りにある、

ギリシャ風ホテル・プロメテウスである。

このホテルの名物は、ホテル内にとても素敵な書店がある。

その名前は――アテナ――。

このホテルでは、レストランでギリシャ人シェフの料理を食して、

アテナで購入した書籍をゆっくりとラウンジでシガーを薫(くゆ)らせな・・・

5

裏切り者はJAZZBARにいる――

16/08/15 コメント:8件 葵 ひとみ 閲覧数:1574

 今まで、純文学ばかりを執筆していた小生、猫多川賞受賞作家マタタビニャンキチが、

サスペンスの執筆の御仕事をひきうけたことがそもそもの間違いであった……

肝心なトリックが思いつかないのだ……

小生はここ倉敷市の美観地区にあるJAZZBAR巴里(パリ)で、

ソブラニー・ブラック・ロシアンを薫(くゆ)らせながら、

ここの名物の3杯目・・・

5

「憎い娘」

16/08/15 コメント:8件 葵 ひとみ 閲覧数:2221

 ある日、ひとりの女がはるばると山をのぼり仙人のもとをおとずれました、

その女は仙人にこう相談したのです。

「仙人さま、私は後妻なのですが、

私の旦那の前妻の娘が憎くて憎くてほんとうにたまりま

せん。

主人には驚くほどなついているのですが、私にはまったくなつかないのです」

それを聴いた仙人は答えました、

2

Les Baux-de-Provence―死者の街――

16/08/01 コメント:2件 葵 ひとみ 閲覧数:1376

 ここは南フランスのレ・ボー=ド=プロヴァンス(Les Baux-de-Provence)、

ダンテの地獄編のような景観(けいかん)が広がっている別名「死者の街」です――


ここにはエリザベス女王をはじめとするヨーロッパの貴族から、

成功したハリウッドの俳優まで人生の一生に一度は訪れるという伝説の5つ星のホテル

があるのですが、数年前に・・・

2

遠いトルコの小石の物語

16/08/01 コメント:4件 葵 ひとみ 閲覧数:688

 ここに一つのラピスラズリの色と群青色を混ぜたような色のトルコの小石があります。


  遙か遠い昔の御話です――

 ある国の少女と、その国と敵対する国の少年が恋をしてしまいました。

いつも、二人で秘密で会うのは、森林の木漏れ日の中の、

滝を裏側から眺められる「裏見の滝」の洞窟の中です。

少女と少年はいつも滝のせせらぎを聞き・・・

3

神話――天の岩戸開きのダンス――

16/07/21 コメント:6件 葵 ひとみ 閲覧数:695

 アマテラスオオミカミさまの古き御話――



タカマガハラにある天の岩戸に太陽を守護しているアマテラスオオミカミさまがお隠れになってしまわれたために、

タカマガハラから太陽の輝きが消え失せ、すっかり暗闇に覆われてしまいました。

そのために神々の混乱で、様々な艱難辛苦が日本の民におこりました。

「どうすればアマテラスオオミカミさまを・・・

0

予測変換パピプペポ

16/07/20 コメント:1件 葵 ひとみ 閲覧数:481

 私は気怠い月曜日の朝の出勤途中の満員電車の中で、

スマホで「パ」「ピ」「プ」「ペ」「ポ」のそれぞれの自分のお気にいりの単語に変換されるキーボードの予測変換をしてみてみた。

「パ」 …… 「パラダイス」

「ピ」 ……「ピッツァ・マルゲリータ」

「プ」 ……「プランターズ・カクテル」

「ペ」 …… 「ペチュニア」

1

グロッケンシュピールとダンスの都

16/07/18 コメント:2件 葵 ひとみ 閲覧数:561


 季節は夏――

私の名前はアリカワ・キリト。

キリトは大阪梅田にあるショットバー上弦の月のバーテンダーのバイトでお金を

コツコツ貯めて、

今この街ミュンヘンにきている。

キリトのこの街への憧憬の理由は、オーストリア人である母と日本人の父が初めて出会った街であること……

キリトはまずネオゴシック様式の市役・・・

2

パピプペポの死闘

16/07/18 コメント:2件 葵 ひとみ 閲覧数:562


パピプペポとバビブベボの永年にわたる死闘、

パピプペポが先手で「パンチ」をくり出す、

見事にすりかわしたバビブベボが後手で「バビロン」でテクニカルヒット!

負けずに「ピンチ」をパピプペポは切りぬける。

「ビリケンさん」またしてもバビブベボからの痛恨の一撃!

「プール」へ一旦、パピプペポは逃避する。

「ブルッ・・・

2

パピプペポな暗号

16/07/18 コメント:4件 葵 ひとみ 閲覧数:800

パラダイスな


ピープルが


プノンペンの


ペンチで


ポテチを注文。



今年42歳になった私の目の前の書斎のテーブルの上には意味不明な文章がプリントアウトしてあった。

おもちゃの金庫にカタカナ5文字の暗号を入力するとおもちゃの金庫は開く。

それは、実はこの意味・・・

0

これが私のお弁当

16/07/16 コメント:0件 葵 ひとみ 閲覧数:517

 
 真夏のお昼の川辺で向こうからごんごがやってきた。

「これが私のお弁当」とごんごがタッパーをあけて私に見せてくれた

キュウリが1本入っていた。



参考 ごんご 妖怪の河童のことです。
・・・

0

不如帰【ほととぎす】

16/07/14 コメント:0件 葵 ひとみ 閲覧数:513

 鳴かぬならキャラ弁を手作りしてみよう不如帰――
・・・

0

マスカレード――仮面舞踏会――

16/07/13 コメント:0件 葵 ひとみ 閲覧数:615

私は京都クラブ・サロメのクィーン、

ロイヤル・ピンクのドレスとティアラの髪飾りを今夜は身に纏っています。

そして、あれが私のお店の名物の新人黒服さんです。

今宵の余興の仮面舞踏会は彼の道化ぶりがお客様に好評で企画さ

れたようなもの。

さて、おもしろおかしく店内でバンドの演奏がはじまりました。

――まわるまわる・・・

  1. 1
ログイン
アドセンス