1. トップページ
  2. 前田沙耶子さんのページ

前田沙耶子さん

出没地
趣味
職業
性別 女性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの記事一覧

1

ざわめきを乗せてバスは今日も走る

16/08/23 コメント:0件 前田沙耶子 閲覧数:1402

乗客はいつも僕と数人のサラリーマンに学生、そしてその幽霊だけだった。大学3年生の僕が早朝と言ってもいい時間帯のバスに乗るのは火曜と金曜だけだったが、幽霊はいつでも必ず同じ座席に腰掛けていた。
見た目は50代前後の白髪混じりの男性で、夏でもスーツにコートにマフラー姿。乗客が彼をすり抜けて行ったのを初めて見たときは驚いたものである。しかし僕が何よりも異様だと思ったのは、彼が毎朝美味そうな匂いを漂・・・

5

さよなら、金子商店

16/05/26 コメント:2件 前田沙耶子 閲覧数:805

僕にとっては突然でも他の人には必然だったらしい、雨。小さく舌打ちをした。たまに実家に戻るとこうして嫌なことばかり起こるのは気のせいだろうか。

僕の実家はカジワラサイクルという自転車屋を営んでいる。ここらに自転車屋はうちしか無いのでそこそこ儲かっているらしい。大学進学を機に上京した僕はそのまま東京で就職する気満々だったが、両親は長男なのだから戻ってきて店を継げ、とうるさい。正直な話、こ・・・

2

イチコとニコ

16/02/22 コメント:1件 前田沙耶子 閲覧数:683

双子の姉であるイチコが死んだのは4ヶ月前のことだった。私の目の前で車に轢かれて呆気なく逝ってしまった。お葬式を終えてイチコが焼かれ、案外すぐに日常は戻った。

それでも私はそれを、イチコの死を真実だとは思えなかった。いつも私の味方をしてくれたイチコ。いつも姉らしく私を助けてくれたイチコ。鏡を見ればそこにいる。イチコはいつも私の右側にいた。昔一緒の布団で寝ていたときも、手を繋いで歩いたと・・・

2

猫が回る

16/02/15 コメント:1件 前田沙耶子 閲覧数:1068

電灯の紐の先に小さな猫のぬいぐるみがくくり付けられていた。恋人が友達から貰ったものを持て余してそこに吊ったらしい。ダヤンにタキシードを着せてシルクハットを被せたような、すました猫である。何かの拍子、たとえばエアコンを付けたときや窓を開けたとき、くるくると回るのが面白い。俺はすぐにそいつを気に入った。

「缶詰の蜜柑が食べたいなぁ」
恋人が布団に入る前にしみじみと言った。
「・・・

1

Good Afternoon!

16/02/01 コメント:1件 前田沙耶子 閲覧数:672

うちに来るのが1時半過ぎでそれから2人で飲んで、寝るのが大体朝の5時半。夕方の5時半には家を出るから2時くらいに起きて、一緒にご飯を作って食べようと約束した。確かに夜仕事をしているから昼夜のサイクルが狂うのは仕方ないよ、でも。……約束したのに。

私は2時にアラームをかけて2時に目を覚まし恋人を起こす。上に乗っかってみても耳元で囁いても起きない。カーテンを開け電気を付けると布団に潜り込・・・

4

「大丈夫だよ」

16/01/19 コメント:2件 前田沙耶子 閲覧数:1068

新卒で入社し5年勤めた会社を辞めたのは4ヶ月前のことだ。待遇にも満足していたし人間関係も悪くなかった。でも、もう限界だった。

昔から自分と他者との間にズレを感じることがあったが、私はそれを上手く隠せていると思っていた。事実、私の周囲の人々は常に、私に「明るくて面白い」という評価を下してくれた。
何か変だぞ、と思い始めたのは社会人になってからだった。うまく言葉にできないのだが、自・・・

2

下巻を読む男

16/01/15 コメント:1件 前田沙耶子 閲覧数:776

僕は三十七歳で、そのときボーイング747のシートに座っていた。飛行機はハンブルク空港に向かっている。ドイツは初めてだ。やれやれ、土産は何にしようかと僕は思った。
春樹を読むのは初めてだった。海外出張のため何時間も飛行機に乗らなくてはならないがこれと言ってやるべき仕事もなかったので、その時間を読書と睡眠に費やそうと考えていたのだが、そのために買っておいた本を自宅に忘れてきてしまったのだ。村上龍・・・

4

TAKAHASHI!!

16/01/08 コメント:2件 前田沙耶子 閲覧数:1404

同じクラスの原君に体育館裏に呼び出された。なんてベタ。これはきっとアレだわ。少女漫画的なアレ。うふふ困っちゃう。原君のこと特別に意識したことはないけど悪い気はしないわね、なんて。
指定された時間に向かうと緊張した面持ちの原君。と思ったらいきなりすごい勢いで頭を下げられた。
「ごめんなさい!」
は?私別に謝られるようなことしてないんですけど。え、ていうか告白じゃないの?
「俺・・・

  1. 1
ログイン
アドセンス