1. トップページ
  2. 梨香さんのページ

梨香さん

ぼちぼち書いてます。

出没地 難波の高島屋前
趣味 読書、旅行
職業
性別 女性
将来の夢
座右の銘 終わりよければ全てよし

投稿済みの記事一覧

2

長靴を履いた猫 猫に可愛さ以外を期待しても無駄!

16/03/30 コメント:1件 梨香 閲覧数:663

 裕福な粉屋が亡くなった。粉屋は3人の息子に、水車小屋、ロバ、猫を残した。長男は水車小屋、次男はロバを取り、三男のハンスには猫しか残されなかった。
「猫では役に立たないよ……」しっかり者の兄達と違いハンスは、顔は良いけどぼんやり者だった。猫はこのご主人を見捨てたくなったが、父親の粉屋には子猫の時に拾われた恩がある。
「ご主人様、私に長靴と麻袋を用意して下さい。猫を貰ったのがラッキーだっ・・・

1

麦茶……

16/02/13 コメント:0件 梨香 閲覧数:501

こんな場合なのに、むしょうに麦茶が飲みたかった。冷蔵庫から麦茶の容器を取り出してコップに注ぐと、一気に飲み干した。冷たい麦茶が食道から胃へと落ちていく感覚が、動転しきっていた私に現実をつきつけた。
「救急車を呼ぶべきなのだろうか?」ガタガタと震える手でスマホをポケットから取り出すが、上手く操作できない。リビングの壁に取りつけてある電話の子機をとった。しかし、何処へ電話をするべきなのか、迷って・・・

0

人生最大のギャンブル

16/02/11 コメント:0件 梨香 閲覧数:458

 マカオ空港に着いた途端、来たのを後悔した。一人寂しく空港を出て、ホテルまでの送迎をしてくれる旅行社の出迎えを見つける。同じホテルに泊まるのは、何だか怪しげなカップルと私だけ。どう見ても、夫婦にしては年が離れている。などと観察しているが、向こうも女一人でマカオに来た私を不審に感じているかも。ホンマに自分でも、何で来たのかわからんもん。
 マカオなのにイタリア風という摩訶不思議なホテルにチェッ・・・

1

タラチネノ母ノ命ヲ一目見ン

16/01/31 コメント:2件 梨香 閲覧数:440

『サンフランシスコ行きの飛行機は霧の為、運航を停止しています』
 ラスベガス空港に着いた途端のアナウンスに、文彦は焦った。一刻も早く帰国したいのに、霧でサンフランシスコ空港がクローズしているのだ。
『サンフランシスコが駄目なら、ロサンゼルスで乗り換えたい』
 慣れない英語で、今日中に日本に帰らないといけないのだと空港カウンターに文句を付けたが、売り切れだと素っ気なく告げられる。<・・・

1

お茶を一服!

16/01/30 コメント:2件 梨香 閲覧数:569

「未依ちゃん、お正月やから、華やかな着物を着たらええのに……ほんまにこれを着るの?」
 母の小言を聞き流し、祖母の紬をそっと撫でた。何度も水をくぐった紬は柔かで指にほんのりと暖かみを感じる。藍色に白い星が飛んでいる地味な紬は、きっと私に似合うだろう。
「せめて、帯だけでも赤いのを締めたら?」
 派手好みの母が出してきた帯を一応合わせてみる。私を子どもだと思っているのだ。
「・・・

2

お茶を焙じる香り

16/01/21 コメント:3件 梨香 閲覧数:631

商店街を歩いていた私は、お茶屋さんの前で立ち止まった。「お茶を焙じる香りだ……」この香りは、客を引き留める為の機械から出ているのにすぎない。しかし、このお茶を焙じる香りが、私の亡くなった祖母を思い出させた。

 明治の最後の年に産まれた祖母は、幼い頃に父親を亡くした。未亡人になった三国一の美人だったと聞かされている曾祖母は、祖母を実家に預けて再婚した。その再婚相手との間に産まれたのが私・・・

0

猫の鏡餅

16/01/11 コメント:0件 梨香 閲覧数:627

「シロ、明けましておめでとう」

 大晦日から、お正月にと年越しの瞬間を真っ白な猫はコタツの中で過ごした。旦那さんが、コタツから引っ張り出して、新年の挨拶をしてくれたが、寝ていたのを起こされて機嫌は悪い。

『にゃん! 酔ってるにゃん』

 旦那さんは、真っ白な猫に頬ずりするが、お酒臭い。猫は鼻をしかめて旦那さんから顔を遠ざける。

「シロ、お前にも・・・

1

あれを恋というなら、私は失恋したのだろうか?

16/01/05 コメント:2件 梨香 閲覧数:524

「あれを恋と言うなら、私は失恋したことになるのだろうか?」

 芙美子は、花曇りの空を見上げて呟いた。河川の土手に寝転ぶのには不似合いなドレス姿だが、結婚式の引き出物を持って部屋に帰る気分にはなれなかったのだ。


 そう、今日は芙美子の好きだった同期の田中正樹の結婚式だった。それも、相手も自分に好意を抱いていたと感じていたので、突然、去年入社したばかりの木内由香里と・・・

0

ベトナムで驚いた!

15/12/25 コメント:0件 梨香 閲覧数:491

「ねぇ、今度のゴールデンウィークはベトナムに行かない?」
 大阪のオフィス街で、ランチを食べていた由香は、同期の汐里にベトナム旅行を持ちかけられた。
「ベトナム?」さほど気乗りがしない。なぜなら、パクチーが嫌いだからだ。しかし、汐里はスマホにベトナムの小物などを出して見せる。
「ほら、可愛いでしょ! 今、ベトナムはお洒落な女子のトレンドよ」
 トレンドかどうかは知らないが、・・・

0

クリスマスなんて大嫌い!

15/12/25 コメント:0件 梨香 閲覧数:545

 ムーディなピアノの生演奏にロマンチックなテーブルの上の蝋燭の灯り。一人でテーブルについている真理の目に涙に滲む。周りの席にはカップルが食事を楽しんでいるが、真理は何度目かのスマホで隆司に連絡を取ろうとする。

「ただ今、電話にでることができません」電子音が冷たく響く。

「お客様、お食事をお持ちいたしましょうか?」

 京都の夜景を見ながらクリスマスディナーを・・・

  1. 1
ログイン
アドセンス