1. トップページ
  2. 栗山 心さんのページ

栗山 心さん

俳句歴15年。

出没地 下北沢、二子玉川
趣味 読書、俳句、観劇、映画
職業 自営業
性別 女性
将来の夢 小説家
座右の銘

投稿済みの記事一覧

0

胸で聴く

17/06/12 コメント:0件 栗山 心 閲覧数:192

 うわんとした耳鳴りと胸の残響が収まらない。生で音楽を聴くと決まって、胸の内に音楽が反響して、鼓動とは違ったどきどきがしばらく残る。体まるごと音楽に包まれているような感じ。それが、ドラムやベースが反響したものなのか、音楽を胸で聴いているからなのか分からないが、この余韻が私は好きだった。
 高校から帰宅し制服を着替えると、予備校や友人の家に勉強に行ったふりをして、情報誌であたりをつけたライブハ・・・

0

おにぎり

17/02/21 コメント:0件 栗山 心 閲覧数:274

夏の始めのことだった。バイトからの帰り、駅の駐輪場に置いた僕のカナリアイエローの自転車の前カゴに、きっちりとラップに包まれたおにぎりがふたつ、ごろんごろんと入っていた。
ギョッとした。蛍光灯の薄明かりの下、海苔やふりかけもない、ただのおにぎりはやけに真っ白い。温かいまま包んだのか、暑い中置かれたためか、ラップの中のおにぎりはじっとりと汗をかいていた。
人通りの多い道に隣接する駐輪場は、・・・

4

黄昏

17/01/23 コメント:4件 栗山 心 閲覧数:459

 気が付けばあなたは夕暮れの町を歩いている。さっきまで明るい日差しにあふれていた町は、ぼんやりと輪郭を滲ませ夜の気配を漂わせ始めた。寒い。あなたは自分の腕を抱きしめる。何故上着を着て来なかったのだろう。
 地蔵坂、毘沙門天、見番横丁…。見覚えのある地名だ。しかし坂の多い道をいくら歩いても、あなたは自分の帰る場所が分からない。
 
 横寺町、袖擂坂、箪笥町…。 
 手には何も・・・

1

松竹梅

17/01/15 コメント:0件 栗山 心 閲覧数:349

 「304号室?4が付くなんて、あまり良い部屋では無さそうだけど」
 「この病院では欠番は無いんですよ。個室をご希望でしたよね。304号室はこの度出来た新館の角部屋の個室です。晴れていれば富士山も見えますし、一番良い日当たりの良い病室だと思われます。松竹梅なら、松ですね」
 「そうなの?それならその部屋にしておくわ」
 「わかりました。六人部屋との差額の金額を頂くことになるんです・・・

4

フレンチトースト

17/01/03 コメント:0件 栗山 心 閲覧数:395

 おはよう、健ちゃん。起きた?うん、大丈夫?朝食、用意出来てるわよ。ママのフレンチトースト、あなた好きでしょう。クリームとイチゴジャムもあるわよ。うん、寒いから、暖房入れた。でも、パジャマの上に何か羽織って。片方の靴下は?蒲団の中?足、冷えなかったかな、風邪でも引いたら大変。熱、無い?おでこ、くっ付けて。うん大丈夫みたい。お紅茶、入れるわね。アールグレイ?ダージリン?胃を痛めるといけないから、ミル・・・

  1. 1
ログイン
アドセンス