1. トップページ
  2. ハヤシ・ツカサさんのページ

ハヤシ・ツカサさん

テーマは「どこにでもある、日常。」 サラッと読めて、時々泣ける短編を目指します。

出没地
趣味 ドライブ、ロト、短編執筆、バラエティ番組の視聴、懸賞応募、婚活?
職業
性別 男性
将来の夢 ハヤシ名義で短編集が出せたら。 ゼロから一を創り出す、小説家は憧れです。
座右の銘 人生は、死ぬその日までの暇つぶし。 だから、一分でも一秒でも楽しいことを考えて生きる。

投稿済みの記事一覧

0

くの一の恋

15/09/13 コメント:0件 ハヤシ・ツカサ 閲覧数:752

 私以外に、三人。いま、目の前にいるひとりの男性を奪うべく、私は人生初の合同コンパに参加中である。絶対勝つ。勝たなければ、帰らないと決めたから。
 何度も持ち込まれた見合い話。どうして、世の中にはこうもマザコンで、ネガティブで、おまけに髪の毛は無いに等しく異性との会話が続かない駄目野郎ばかりが集まるのか。別に高スペックを望んでいるわけではない。普通の一般女性として、ただ単に幸せな主婦になりた・・・

0

カラフル水墨画

15/08/25 コメント:0件 ハヤシ・ツカサ 閲覧数:765

「ハッ!ハッ!ハーッ!」
 テレビでは、女子高生らによる『パフォーマンス書道』の様子を放送している。
 映画にもなったこの書道法は、従来の書道の枠を超えた、彼女たちの若々しさと古風な書道がベストミックスされ、床に置かれた畳大の書道用紙に走りながら大きな筆を持つ彼女たちの姿が感動を呼ぶ。
 高校を卒業後、自分探しの真っ只中であるプータロー・翔は、たまたまこの番組を観たことをきっかけ・・・

0

決戦場所に、馬鹿ふたり

15/08/14 コメント:0件 ハヤシ・ツカサ 閲覧数:780

 とある西洋の田舎街。告知通り行われることになったこのカーニバルの内容は、共に名高いガンマンであり、そして長年のライバル同士である二人の、観客の前での戦いを一目見ようと決戦場所は大勢の客の熱気に満ち溢れている。
 肌に優しい西風が吹き荒れている。今まさに、ゴングがなろうとしている。
「悪いが、エビデンス。この勝負は俺の勝ちになる」
 対戦相手のアジェンダは、彼の意外な言葉にカッと・・・

0

怖い夢

15/07/28 コメント:2件 ハヤシ・ツカサ 閲覧数:766

「マキ。最近、怖い夢とか、見てる?」
「怖い夢?最近仕事で疲れてるから、ほとんど見てないんじゃないかな」
「俺さ、ときどき、崖から突き落とされかけたり、運転していて事故りそうになったり、乗ってた飛行機が墜落しそうになったり、なんだかわからないけどパニックになって、汗だくで目を覚ますことがあるんだ」
「マジ?ナオ、疲れ過ぎだって」
「いや、実はさ、怖い夢を見たときの共通点があ・・・

0

子種

15/07/19 コメント:0件 ハヤシ・ツカサ 閲覧数:755

 乗っていたプロペラ機の墜落事故により、山奥に取り残された俺。ここがどこなのかはわからない。パイロットと同乗の取材記者は死亡したものと思われる。機体が空中分解された瞬間、彼らも四方八方に飛び散ったらしく、生存の有無がわからないのだ。
 わかっているのは、この村に男は俺一人であり、謎の老婆とその娘に助けられたことだけだ。そして、気が付けば年の頃なら35、6の、強引に娘の婿にさせられていたことだ・・・

0

下着ドロ

15/07/10 コメント:0件 ハヤシ・ツカサ 閲覧数:786

 梅雨明けしたある夏の夜。熱帯夜だ。外では、エアコンの室外機が唸る。
 しかし、それは俺の部屋以外の話だ。
 悪夢だ。もどかしい。今日は一際、寝苦しい。
 俺は、大家宅の物干しから、大学生の娘のものだろうと勘違いし、つい、出来心で下着を盗んでしまったのだ。
 それは反省している。それが、大家のものだと判明したときの恥ずかしさといったら、言葉では言い現せない。あぁ、考えただけ・・・

1

蝶ドローン

15/07/03 コメント:2件 ハヤシ・ツカサ 閲覧数:923

 合コンで知り合ったケチで女たらしのダメンズ・剛に弄ばれたアラサーOL・美咲は、ひそかに復讐を考えていた。
「ざけんなよ、この野郎!絶対、絶対にあいつに復讐できる罠を考えてやる」
 キンキンに冷えたビールを冷蔵庫から取り出し、美咲はテレビをつけた。
 テレビでは、ドローン規制についての法案の是非を問う討論が、学者らを中心に連日、繰り広げられている。例のいくつかの騒動が問題視され、・・・

0

幸せな受付嬢

15/06/29 コメント:1件 ハヤシ・ツカサ 閲覧数:804

 総合商社・政宗商事は、変わった会社だ。
 たいてい、会社の受付嬢というのは、連れて帰りたくなるくらいの美人、と相場が決まっている。
 訪れた者は言う。政宗商事の受付嬢は、強烈だ。とにかく、個性的な顔の女性が座っているんだ、と。
 政宗商事の受付嬢には、こんな都市伝説がある。
 最近、写真集を出したことで世間の耳目を集めたアクティブエキスプレスのイケメンセールスドライバーが・・・

0

ゴロウはサウスポー

15/06/25 コメント:0件 ハヤシ・ツカサ 閲覧数:810

「…ここでニュース速報をお伝えします。今日、午前11時55分頃、堂崖4丁目の市立堂崖動物園で、男が小学生の男の子を人質に取り、園内に立てこもっている模様です。堂崖北署の署員がただいま現場へ向かっているとのことです。男は30歳くらい、中肉中背で、凶器の有無などは今のところ確認されていません…」
 正午前の土曜日。家族連れで賑わう開園直後の市立・堂崖動物園は、騒然となった。
 35歳の犯人・・・

0

アソコのチシキ

15/06/24 コメント:0件 ハヤシ・ツカサ 閲覧数:771

「よし、次はゴミ屋敷ネタでいく。亜久、今すぐ取材可能なゴミ屋敷、探してこい!オラ、なにモタモタしてんだよ!さっさと行けよ」
 深夜番組「アソコのチシキ」プロデューサー・逆瀬川は、委託リサーチャー・亜久の背中を足蹴りし、会議室から追い出した。
 ただでさえ予算の低い深夜番組。最近はマンネリ化もあって、視聴率も下がり気味。スポンサー離れも深刻で、逆瀬川のイライラは毎回、酷くなる一方だ。

0

クライ・スペース

15/06/23 コメント:0件 ハヤシ・ツカサ 閲覧数:1010

 ここは、郊外の県道沿いにひっそり佇む「泣く」ためのレンタル・スペース。
 男性、女性それぞれの専用部屋があり、様々な理由で「泣きたい」客が時間とスペースを「買い」に集まる。
 部屋にあるのは白い椅子とテーブル、それに鏡だけ。客は受付で時間ぶんの料金を支払い、人目もはばからず、思いっきり、泣くことができる。
 発案者でもあり経営者でもあるコージは、自身の体験から過去に心に受けた、・・・

  1. 1
ログイン