1. トップページ
  2. 佐屋さんのページ

佐屋さん

出没地
趣味
職業
性別
将来の夢
座右の銘

投稿済みの記事一覧

1

×××

15/03/10 コメント:1件 佐屋 閲覧数:925

時計の針は午後2時をまわり、清廉、貞淑を謳うこの学園に、深い鐘の音が響く。私はひとり、彼女の教室へと向かった。

事前に調べていた通り、そこには誰もいない。締めきられたクリーム色のカーテンを透してさしこむ陽光が、室内をやわらかくそめている。隣の教室から、黒板になにか書くような音がちいさくこぼれるばかりで、天井からはらはら落ちてくるほこりも、光をあびて氷の結晶のようにひそやかにひかっ・・・

1

だれもいない朝

15/02/28 コメント:2件 佐屋 閲覧数:907

昔、わたしはよく泣くこどもだった。

一度泣きはじめると、かなしみがこんこんと井戸水のようにわきだして、なかなかおさまりがきかなかった。はじまりは、となりの家の男の子にクーピーを折られた、寝癖を笑われた、などとひどくささいなことなのだ。けれども、そのうちに、明日起きた時ひとりぼっちだったらどうしようとか、この前友だちについた嘘のこと、起きそうもない未来からずいぶん過去のことまで思い・・・

1

だれもいない朝

15/02/28 コメント:2件 佐屋 閲覧数:880

昔、わたしはよく泣くこどもだった。

一度泣きはじめると、かなしみがこんこんと井戸水のようにわきだして、なかなかおさまりがきかなかった。はじまりは、となりの家の男の子にクーピーを折られた、寝癖を笑われた、などとひどくささいなことなのだ。けれども、そのうちに、明日起きた時ひとりぼっちだったらどうしようとか、この前友だちについた嘘のこと、起きそうもない未来からずいぶん過去のことまで思い・・・

  1. 1
ログイン