1. トップページ
  2. 日谷 弥子さんのページ

日谷 弥子さん

別サイトですが、小説を初執筆中です。これがどんどん長くなり、終わりが見えないので短編も並行することにしました。

出没地
趣味
職業
性別 女性
将来の夢
座右の銘 Shoot the future

投稿済みの記事一覧

0

長寿は脅威

15/05/21 コメント:0件 日谷 弥子 閲覧数:739

 赤毛のアンの話は大好きだった。
 そばかすだらけでちんくしゃの女の子が、自然の中を、素朴な人々の間を、思いのままに泳ぎ回って成長して行く話。ついでに素敵な男の子に愛されてしまう。私は簡単に彼女にすり替わって、素敵な夢を見た。でも、不可解なこともあった。
 なぜマシューとマリラは独身だったのだろう。彼らはアンを引き取り育てた、家族だ。でも夫婦じゃない。ふたりとも独身の、兄妹だ。
・・・

2

海について思うこと

15/05/05 コメント:1件 日谷 弥子 閲覧数:954

 「私は今、元気です」
 そういうタイトルのメールが、会社のメールボックスに転送されて来ました。
 10年くらい前です。当時私は契約社員のような身分でした。私の前職の経歴が評価され、正社員でないという中途半端な位置も作用して、我が儘放題で働いていました。
 メールの転送者は、私の上長でした。私は何かのジョークと思い、窓際に座っている上長に向けて「×長、何ですか、これー」と大声を出・・・

0

生きる

15/04/21 コメント:0件 日谷 弥子 閲覧数:840

 狼が雄叫びを上げている。
 もう深夜に近い。狼の声は、木枯らしのひゅうひゅう鳴く音と混じり、競い合う。
 目をつぶっていた母さんが、隅の敷き藁の上で縮み上がるのが見えた。
 あいつだ。僕たちの住処の周りを嗅ぎ回ってた。

 上の兄さんが入って来た。
 大丈夫だ、と母さんに声をかける。今日じゃない、と。
 下の兄さんも入って来た。そうだよ大丈夫だ、と相づち・・・

0

太陽が燃えている〜冒頭話抜き出しversion〜

15/04/12 コメント:0件 日谷 弥子 閲覧数:819

 …情報を。
 私は敢えて大げさに、ばっちんと目を閉じる。鈍った頭を目覚めさせるためだ。
 情報を整理しよう。
 まず最初に。
 私が居たのは、結構広い車道だった。空気が異様に重かった。で、気分が悪くなって膝まずいていて、へんてこな格好のおばさんに助けられたのだ。
 目の玉が瞼の中で動いているのが分かる。
<自分に質問>ここは何処?
<回答>へんてこなおば・・・

2

のっぺらぼうのあなた

15/03/24 コメント:2件 日谷 弥子 閲覧数:1022

それはむかし

私が通っていた小学校では登校班というのが組まれていた
近所の小学生が適当に束ねられて、グループ分けされたものだ
6年生や5年生が、ちびっこを引率して行く仕組みになっていた

私が育った場所は、「市」という名がついた、結構な田舎
車でちょっと走ると、田や畑
夜になると風に乗って豚が鳴いてるのが聞こえてくる
まあ、昭和でしたから

2

私の進む道

15/03/07 コメント:2件 日谷 弥子 閲覧数:911

神様。
これまでの私の選択は誤っていたのでしょうか。悉く誤っていたのでしょうか。
私は今日、数十年振りに、古い友人に会いました。
最初に勤めた会社の、同期です。

以前その人と最後に会ったのは、私が30にならない頃でした。
ごく普通の方です。が、ゆったりとした空気が流れていて、入社当時、何百人もいる同期の中からその人が一番心に入って来た。だから当時、私にしては頑・・・

  1. 1
ログイン