1. トップページ
  2. 志堂ひささんのページ

志堂ひささん

文章を書くのが好きなおばさんです。 普段というか、めっちゃお母さんやってます。

出没地 札幌駅の目玉の辺りで、大きな声で呼んだら返事するかも
趣味 読書、読書です。
職業 お母さん
性別 女性
将来の夢 もう将来を語る年齢ではありません。
座右の銘 最初の一歩を踏み出せばいい、後はみんなが援けてくれる。

投稿済みの記事一覧

0

少年は言った。

14/07/22 コメント:0件 志堂ひさ 閲覧数:747

「僕は…」と少年が言った。
駅の雑踏の中、少年の大きくてつぶらな瞳が私を見上げている。
「僕は、あそこからママに抱かれて飛んだんだよ」
少年の指差す先はホームの端っこだった。
走って来た列車は、少年とその母親をバラバラに砕いて止まったのだと言う。
「僕は見てたんだ。バラバラになった僕とママを黒いゴミ袋に拾って歩くおじさん達を…夏休みに入ったばかりの水曜日だったよ」

0

聞いて…

14/07/21 コメント:0件 志堂ひさ 閲覧数:777

やっぱり聞こえていないのだ…
声を限りに叫んでも、誰の耳にも届いていないのだ…
ぼんやりとした、一睡もしていない頭の中で、そこだけが妙に冴え冴えとして明るい。

なぜ私はひとりなのだろう?
親も兄弟も、娘にすらも背を向けられるのだろう?

なぜ?

あのね…私だって甘えたいのよ…
助けてって叫びたいのよ…

私は少しも強い女じ・・・

0

逝こうよ

14/07/21 コメント:0件 志堂ひさ 閲覧数:713

こんなに空っぽな気持ちになるなんて思わなかった…

時間が経つのが嘘みたいに遅い。

話しかける相手がいないことが当たり前だったのは、まだついこの間の事なのに…

自分の呼吸する音が驚くほど大きい。
待つのはやめたはずだった。
そこから逃げ出す為に大きな犠牲を払ったのに…

教えて、誰か教えてください。
私はどこへ行けばいいの?

0

Mission Akiko

14/05/25 コメント:0件 志堂ひさ 閲覧数:773


「山本明子?随分平凡な名前だな」
shoはついさっき届いたばかりのファイルをポンとデスクに投げ出しながら、電話の相手に言った。名前だけじゃない顔も平凡だ。添付されている顔写真を眺めて小さな吐息を漏らす。
「お前、ファイル最後まで読んだか?平凡に見えるがとんでもない女だぞ」
電話の相手は同業者で現場は向かないと、本部のシステムに移ったポールだ。
shoは一度投げ出した・・・

0

「幸せになりたい症候群」そして「結婚」

14/05/07 コメント:1件 志堂ひさ 閲覧数:1917

「幸せになりたい症候群」
発症のきっかけは、幼少期のトラウマであったり、或いは、昔のアイドルが言った”ビビッ”っと来た瞬間などに突然起因するものであったりするのか…?前者を慢性というなら、後者は急性か…?
どちらにしても、笑える話である…と言ってばかりはいられない。なぜなら、発症患者にとっては深刻かつ専門医のいない病いであるから。然も発症患者はそれと気づかぬうちに重症化し、人生を踏み・・・

  1. 1
ログイン