1. トップページ
  2. 平塚ライジングバードさんのページ

平塚ライジングバードさん

今生の私の実力では無理ですが、 来世かその次の来世においては、 物語で世界を変えたいと強く思っています! 制作者の皆さんが「こんな発想もあるのか…」と 目から鱗が落ちるような作品作りに努めます!!

出没地 人がいない巨大建築物が好きです。
趣味 日本と自分の将来を交互に憂うこと
職業 希望的観測士
性別 男性
将来の夢 将来の夢を堂々と語れるようになること
座右の銘 圧倒的物量は質を遥かに凌駕する

投稿済みの記事一覧

0

Save the earth

15/11/30 コメント:0件 平塚ライジングバード 閲覧数:593

「ほのかに山椒のにおいがするでしょう。これがこいつらの名前の由来です」
オオサンショウウオの体表を指でなぞると白い粘液がこびりつく。“NPO法人ふるさと自然再生機構”の職員である青島は、粘液がべっとりついた指を灰原の鼻先に近づけた。
「確かに独特の生臭さを感じますね」
灰原は思わず顔をしかめる。
「灰原さんは、都会の人ですか」
「ええ、まぁ」
「うちの団体のテー・・・

2

真面目と不真面目、現実と非現実、その中間のあまりに曖昧な文学

15/10/28 コメント:4件 平塚ライジングバード 閲覧数:852

課長がニャーニャー言い始めたのは、7日連続の猛暑日を記録した8月のある金曜日で、語尾にニャーを付けるだけなら良かったのだが、すべての発言がニャーニャーなのだから完全に意思の疎通ができなくなっていた。昼休みにガスコンロを事務室に持ち込み、モツを煮込みながら「はらわたが煮えくり返る」とか意味不明な冗談を言うことを除けば無害な人だったが、猫化してしまったのだから仕事が滞って仕方がない。唯一の救いは、課長・・・

3

Hello, again my old dear place

15/06/29 コメント:6件 平塚ライジングバード 閲覧数:1236

「Σ」シグマ。よくかみつく。
「刀vインテグラル。中央の核からびぃむ光線を出す。
「Ω」オーム。怒るとふくらむ。
「π」パイ。すばやい。
「μ」ミクロン。雨水をためこむ。
「φ」ファイ。おっとり。
「Å」オングストローム。すみっこが好き。



“動物園”の中のシグマはかわいい。
全体的に角ばっていないし、何より人を噛まない。嬉し・・・

5

ご家庭で簡単に作れる江戸時代

15/06/15 コメント:10件 平塚ライジングバード 閲覧数:1414

☆平塚頼子の簡単クッキング☆〜第84回「江戸時代」〜

※本レシピでは、市販の武士を使用しています。武士から作られる際は、新鮮な貴族をよく発酵したものをご使用ください。

【材料2、3人分】
@武士(三河産源氏系):300g
A征夷大将軍:20g
B関ヶ原:1片
C東京(泥付きのもの):1個
D足軽:大さじ1
E騎馬:小さじ1
F鉄・・・

3

パン屋最終劇

15/05/21 コメント:4件 平塚ライジングバード 閲覧数:1018

雪ではなかった。
床一面に敷き詰められた白はあまりに幻想的で、思わず現実から逃避するかのように詩的な言葉が脳裏をよぎる。

それは、パンのくずだった。
工場長と呼ばれた屈強な男が「まずい!まずすぎる!!」という怒号を飛ばしながら、職人が魂を込めて作ったであろうフランスパンを大根よろしく次から次へとおろし金にかけていく。そんな理不尽な行為によって生み出されたパンくずが部屋一面・・・

4

メタ・トライアングル・ラブストーリー

14/02/24 コメント:9件 平塚ライジングバード 閲覧数:1293

蝉の声が響いていた。
真っ青な空に、真っ白な雲。眩しすぎる太陽。
もうすぐ夏が終わるなんて信じられなかった。
でも、確実に終わる。
夏の終わりとともに、僕たちが紡いだ世界は終焉を迎える。
僕たちが悩みに悩んだ軌跡は、ひと夏の物語として昇華され、それはきっと素晴らしいハッピーエンドになるのだろう。

廃線となった電車のホームに腰掛けながら、僕は考える。

6

馬「昨日、助けていただいた馬です。」 俺「う、馬が喋った!?」

14/02/03 コメント:15件 平塚ライジングバード 閲覧数:1930

馬「ヒヒーン。ヒヒーン。」
俺「遅ぇよ!!喋れるのは分かってんだよ。」
馬「すまんウマ。お騒がせしたウマ。」
俺「急に変な語尾をつけなくていいから!!で、何の用?」
馬「昨日助けていただいたお礼をしにまいりました。」
俺「え…!?俺、馬なんか助けた覚えないんだけど。」
馬「ええと…。昨日、誰かを助けたりしませんでしたか?」
俺「敢えていうなら、電車の中でお・・・

5

夕と夜の間に

14/01/13 コメント:10件 平塚ライジングバード 閲覧数:1615

「あぎょうさん、さぎょうご、如何に?」
夢の中で語りかけられる。

私は、その謎の答えを知っている。
私は、その妖の正体を知っている。

しかし、私は答えない。
ここが夢であることを認識しているから、夢であることを理由に私は黙りこくって、寝た振りをする。

そして、私は呪われた。



「朝戸さん、朝戸理絵さん。いい・・・

6

水月を追う犬、蒼天を仰ぐ猫

14/01/06 コメント:13件 平塚ライジングバード 閲覧数:1161

−水月を追う犬
−蒼天を仰ぐ猫

これらの言葉は、しばしば同義として捉えられるが、起源を考えた際、その意味は大きく異なっている。
両者とも『無意味』を表す慣用句ではあるものの、前者は池に映る月に飛び込んだ犬の悲壮が原典であり、後者は日なたで目を細めて空を見上げる猫という牧歌的な情景が起源である。



早朝、遠山大悟が死んだ。
彼の人生は、人・・・

9

お父様、旦那様、これが私の復讐ですわよ

13/12/02 コメント:14件 平塚ライジングバード 閲覧数:1902

「強大な壁に守られし、香しき車。それを頂戴するため、彼の駒を前進させる。」
僕は大声で叫んだ。

これは、貴方を巡る僕の戦い。
この対局の一挙手一投足、その全てが貴方へのプロポーズなのだ。



出雲将棋の醍醐味は口上にこそある。
盤面で決着がつくことが珍しい出雲将棋は、手数よりも口数が勝敗を左右すると言っても過言ではない。
プロの対局・・・

8

こんぺいとうのとげ

13/11/18 コメント:19件 平塚ライジングバード 閲覧数:1588

―それは、甘い甘い金平糖のトゲに怯えるような毎日だった。

素朴で優しい、美しい色をしたその甘味を何故いびつな形状だけを理由に敬遠したのか。
形あるものは全て有限であり、独特の突起も口の中で転がしているうちにやがて丸くなるし、更に長い時間を経過すれば消えてしまう。

そんな当たり前のことさえ僕は分からず、無意味に彼女を遠ざけ、あまつさえ噛み砕こうとしてしまった。

9

彼岸シンドローム

13/11/04 コメント:18件 平塚ライジングバード 閲覧数:1542

飛蚊症という病気は知っていても、彼岸症という症状は誰も知らない。
正確に言えば誰も知らなかった。



インターネットの動画サイトにおいて、黒い服を着た若い女が一言喋るだけの僅か15秒の動画が800万回以上再生され、一見すると何の変哲もない天気予報の映像が500万回以上再生されている。
再生回数は、そのまま愚者の数と捉えて差し支えないだろう。
我々は、も・・・

8

七月七日、雨

13/10/21 コメント:19件 平塚ライジングバード 閲覧数:1363

七夕の日の晴天率の低さが何を物語っているか。
7月7日に晴れを期待するなんて、人間のエゴにすぎない。
晴れであれ、雨であれ、二人は毎年出会っているのだから。
それに、久しぶりの逢瀬が衆目の監視に曝されているなんて、物凄く野暮なことだと思わない?



空港の曇天がまるで嘘のように、窓の外には晴天が広がり、機内は陽光に満ちている。
僕は、眩しさに目を・・・

8

テクマク・マヤ・コンプレックス

13/10/07 コメント:17件 平塚ライジングバード 閲覧数:2164

ナメクジに砂糖をかけるとどうなるか知っているだろうか。
想像力の足りない人間は、牧歌的な速度で地面を這う彼らに、一つまみでも二つまみでも降り注いでみればいい。
自分が行ったことの残虐さをきっと思いしるはずだ。



「私のことを蛍光ペンでなぞって!きっとあなたにとって大切な存在になるから。」
蛍池ひかりの言葉を合図に、ファン達は一斉に黄色のサイリウムを彼・・・

6

星を待つ人

13/09/24 コメント:11件 平塚ライジングバード 閲覧数:1668

寝る前に部屋のカーテンを少し開ける。
それは夜風を取り込むわけでも、月を眺めるためでもない。
僕はただ待っているのだ。
その隙間から、切り取られた夜空から、彼女が顔を出すのをただただ待ち望んでいるのだ。



僕の初恋の相手は宇宙人だった。
異性に興味を持ち始めた思春期、朝方に出会ったばかりの女の子から突然「好き!」と告白され、ファーストキスを奪わ・・・

4

“劣化コピーライター”ネオ写楽

13/09/09 コメント:8件 平塚ライジングバード 閲覧数:1862

−さて本日は、「零沢直樹」、「風立たぬ」でお馴染みの“劣化コピーライター”ネオ写楽さんにお越しいただきました。本日は、よろしくお願いいたします。

どうも。劣化コピーライターのネオ写楽です。
劣化コピーライターという職業は、あまり馴染みがないかもしれませんが、要するにヒットした作品のパロディを作り、流行の恩恵にあずかるという非常にやりがいのある職業です。

−先日、「・・・

1

逆様信仰

13/09/01 コメント:4件 平塚ライジングバード 閲覧数:1160

「人智を超えたければ、人間をやめるしかない。」
五年ぶりに再会した凛ちゃんは、そう言い放った。最後に会ったのが小学生の時だったから、その頃に比べれば大きく成長しているわけだけど、僕はそんな感慨に耽る余裕はなかった。
なぜなら彼女は全くの別人だったから。正確に言えば、人とは別の存在になってしまっていたから。
示単禅寺の奥の院の中庭。目前の白装束を身に着けた美しい女性をいくら眺めても・・・

4

あの日見た花の名前を僕はもう思い出したくもない

13/08/29 コメント:6件 平塚ライジングバード 閲覧数:1345

「草薙に会うんだ。これぐらい持っていかないとな。」
呟きながら、川沿いを黄色く染める菜の花を僕は優しく摘んだ。ふと川を見れば、緩やかに流れる水の上に数日前に散った桜の花びら。
思わず季節を感じずにはいられない。時間の経過を感じずにはいられない。

もう一年も経つのか…

感慨深い気持ちが湧き起こる一方、心はあの日の惨劇を思い出し、少し震えた。
一年前のあの・・・

4

We couldnt end weekend

13/08/07 コメント:7件 平塚ライジングバード 閲覧数:1332

今日も暑くない?ヤバイよね。
あまりの暑さに全然寝れなくて、今週が凄く長く感じたよ。本格的に夏が来たってことを実感するね。
で、で、来週から始まる夏休みどこに行こうか?何をしようか?
え…何でそんな悲しそうな顔するの?もしかして泣いてる?
ごめん、夏が嫌いだったか?
違うの。
じゃあ、もしかして僕が嫌いだったのかな?
全然違う?
そっか。それはよかっ・・・

5

君の知らない黒歴史

13/07/29 コメント:10件 平塚ライジングバード 閲覧数:2158

ああ、もう何でだろう。自分のことが嫌になる。軽蔑する。
僕の大大大好きな人が隣にいる。それなのに。それなのに。
「体調でも悪いの?」
心配してくれてる。
一言も喋れない僕に、彼女は優しい言葉を投げかけてくれてる。
でも、言えない。
「大腸が悪いんです。」なんて言えない。
「漏れそうなんです。」なんて絶対に言えない。
もう嫌だ。本当に嫌だ。帰る方向が・・・

5

ディフェンスに定評のある人々

13/07/17 コメント:9件 平塚ライジングバード 閲覧数:1466

「好きです。好きです。好きです!」
アホみたいに繰り返された言葉は、果たしてその女の子のもとに届いただろうか。
放課後、昇降口、彼女と二人きり。ずっと待ち望んでいた時間。絶好の機会。

去年の春、同じクラスになって…一目惚れだった。
その日以来、今日までその女の子のことをいつも考えていた。体が弱く、華奢で、体育は休みがち。でも手先は器用で、勉強だって自分なんかより全然・・・

5

電波系男子と私

13/07/09 コメント:9件 平塚ライジングバード 閲覧数:1502

放課後、小走りに私の元へ向かってきたクラスメイトは、こう切り出した。
「伝えたいことがあるんだ。」
急速に私の胸が高まるのを感じる。
彼は、少し息を切らしながら、ゆっくりと顔を上げ、私の目を見てニコッと笑った。

「君、今日生理中だろ?」

その瞬間、今となっては無かったことにしたい、中学時代の交換日記のような、私のトキメキが完全に消えた。そして、ありとあ・・・

3

二種類のドッペルゲンガー

13/07/03 コメント:5件 平塚ライジングバード 閲覧数:1624

彼女たちは、 同じ年の同じ日に生まれ、外見も瓜二つです。
それにも関わらず、二人は双子ではないと言います。
どうしてでしょうか?



警察は完全にお手上げだった。

マンションのワンルームの部屋の中央には、仰向けに天井を見上げた女性の死体。
現場には、大量の指紋や毛髪が残されていたが、いずれも彼女のものであり、他の人間の痕跡は全く無かった。・・・

7

迷う人

13/06/21 コメント:13件 平塚ライジングバード 閲覧数:2003

【登場人物紹介】

〇中原 武蔵
旅館の支配人。
幼い頃からピンポンダッシュを繰り返してきた極悪人。
深夜に宴会場の大型テレビでHなビデオを見ていたところ、ヘッドホンが抜けて、音声が旅館中に鳴り響いた。
自身のアブノーマルな趣味を外に拡散させないため、宿泊者、従業員を全て殺害しなければならないと考えている。
粉々に破壊されたヘッドホンが、彼の殺意を物語って・・・

7

かげろうの語源

13/06/17 コメント:10件 平塚ライジングバード 閲覧数:1960

かげろうの語源を知っていますか。
わたしは、少しでも多くの方に彼のことを知ってもらいたいのです。そして、願っていただきたいのです。

わたしの物語は語り継がれるかもしれません。わたしの歌は詠み伝えられるかもしれません。しかし、彼についての記述だけは、嫉妬に狂った我が夫に焼かれ、完全に消失してしまったのです。

わたしは、彼の生前も死後も幸せにすることはできませんでした・・・

3

神が死に至る病

13/06/08 コメント:2件 平塚ライジングバード 閲覧数:1352

人が死に至る病は絶望であり、神が死に至る病は欲望である。


僕がその日会った少女は、ジャングルジムに絡まっていた。関節の概念など消えてしまう程に、冷たい金属の棒に四肢を絡めたその姿は、年齢不相応の官能性さえ感じさせる。
ひんやりとした霧雨は彼女を濡らし、公園に一人存在する姿はその情景の中で不似合いであることを通り越して、完結した一枚の絵画のよう な、象徴的な映画の1シーン・・・

5

1リットルの何か

13/06/04 コメント:8件 平塚ライジングバード 閲覧数:1466

突如、入手してしまった液体は用途が全く分からず、僕たちは途方にくれていた。

「ねぇ、ソレ捨ててきてよ。」
そう言って彼女はソレを指差した。
「ええ!やだよ。」
僕は断固拒否した。
「ソレ何なの?液体みたいだけど。」
「うん、何だろう…。」
「はぁ!知らないの?じゃあ何でそんなに後生大事にしてるのよ。」
「いや、何かさ。放っとけなくて…。」

3

境界線上のメリーゴーラウンド

13/06/03 コメント:6件 平塚ライジングバード 閲覧数:1387

伊勢先輩は、いつも境界線上にいた。
白黒つけることを好まない彼女は、決断を迫られた時は、常に灰又は透明を選択した。どちらでもないことを最優先にして、どちらかに決めなければならないときは、両方を選ぶようにしていた。
そんな厄介な性質を持つ彼女だが、恐ろしく性能は高く、美人で何より圧倒的に頭が良かった。
出会った当時、伊勢先輩は3年生で僕は1年生。入学後3ヶ月で心を鷲掴みにされた僕は・・・

2

超訳『活字離れ』

13/05/30 コメント:4件 平塚ライジングバード 閲覧数:1295

なぜ今、蕎麦なのか。
ラーメンではないのか。

別に蕎麦を否定しているわけではない。ただ現代において、蕎麦をそこまで持ち上げる理由が不明瞭なのだ。
ご存知のとおり、ラーメンは昭和の終わり頃から目覚ましい発展を遂げ、様々な種類のものが誕生した。切磋琢磨の末に途方もない数のラーメン店が開店し、熾烈を極めた生存競争の中で数多くの店が暖簾を下ろした。
ラーメンだけではない。<・・・

3

Next Blue Phenomena

13/05/27 コメント:4件 平塚ライジングバード 閲覧数:1385

ラムネのビンの中にあるビー玉がとてもきれいで、もっと近くで見たくなって、取りだそうとするけど、カチャカチャ振っても全くビー玉は取れなくて、むしろ、このきれいな物が傷つくんじゃないかと悲しくなり、思いきって物陰でビンを割って、その勢いでコロコロ転がるビー玉を拾い上げたけど、それはあまりきれいじゃなくて。ビンから透かしたあの球形は、あんなにも美しかったのにって溜め息をついた。

中身を飲み・・・

5

我、剣、於、愛、知

13/05/22 コメント:7件 平塚ライジングバード 閲覧数:2148

最初に断言しておくが、出身地を尋ねた時に『名古屋』と答えるのをやめていただきたい。他の人が愛媛とか群馬とか県名を答えているのに、なぜ都市名を答えるのか!
諸君と同じ症状は、神奈川県民や兵庫県民にも散見されるが、正直理解に苦しむ。先日、この質問に『名古屋』と答えた学生を問い詰めたら、こともあろうに名古屋市ではなく県内の別の市に住んでいるというではないか。
なお、名古屋市在住だからといって・・・

4

メリカ=ヘッセルの灯

13/05/16 コメント:6件 平塚ライジングバード 閲覧数:1492

メリカ=ヘッセルは13歳。夜が嫌い。でも、今夜は特別。苦手なブロッコリーのスープも今日は笑顔で飲み干せるわ。「そろそろ、明かりをとりに行きなさい」 向かいに座っていた老婆が呟く。柱時計が鳴った。私は、一握りの干し肉とたっぷり水の入ったバケツを持ってドアを飛び出す。今日の夜は明るい。道の両端が火で照らされているから。私のために用意された光。迷わないように、怯えないようにと。それを一つ 一つ消していく・・・

2

薬局の前でクスリと笑った話

13/05/15 コメント:4件 平塚ライジングバード 閲覧数:1418

取引先へ顔合わせの挨拶に行った帰り道、急な腹痛に襲われた。すぐにトイレに駆け込んだが、解決しなかったため、舞台は取引先近くの病院、そして今処方箋薬局へと移っている。

「平塚様。」
受付の若い女性が僕の名前を呼ぶ。。
「本日のお薬の処方、6810円になります。」
「高っ!!」
率直な感想が思わず口に出た。
「申し訳ございません。もしよければ、当薬局では同じ・・・

  1. 1
ログイン
アドセンス