1. トップページ
  2. 弥栄 譽さんのページ

弥栄 譽さん

最近、改名しました。 のんびりと、作品は投稿しております。 しかし、中々に小説を書くのに難航していたり……

出没地
趣味 読書。最近はサマセット・モームの作品を読んでいます。 散歩は最近競歩へと……痩せねば。
職業
性別
将来の夢 「文学フリマ」への参加は叶いました、万歳。 目下、夢となったのは何かしらの賞に応募する作品を書き上げることです。
座右の銘 鋼の自制心

投稿済みの記事一覧

1

ホワイト・クリスマス

13/12/15 コメント:4件 弥栄 譽 閲覧数:1035

街角のカフェに寄ろうと、ふと思った。身体の芯まで凍えるような風が吹いたから。

仕事を終えて、家に帰ってやることもなし。それならばいっそ、美味しいコーヒーでも飲もう。おお、まさにできる大人じゃあないか。そんな軽い気持ちで店に入ったのだが……

私はカフェに入って十秒で後悔した。何故なら店の中にはアベック(死語だろうか?)がたくさんいたから。痛恨のミス、そう言えば今日はクリス・・・

2

横暴な彼女

13/12/01 コメント:3件 弥栄 譽 閲覧数:1053

物心ついた頃にはいつも、彼女が僕の前にいました。彼女はまるで人の都合を考えない、おてんば娘で、その実害に一番あったのが僕と言うわけでして。

僕は彼女にトラウマを植え付けられることもしばしばあって、中でも印象的な事例を皆さんに紹介しようと思います。

幼稚園の時分、団子と称された土のかたまりを僕に無理やり食べさせました。結果、僕は激しい腹痛とともに入院することになりました(・・・

0

ふたつの星

13/09/08 コメント:0件 弥栄 譽 閲覧数:1017

夜空を見上げると、いつもそこには星が瞬いている。
当たり前のことかもしれないけど、僕にとって特別なこと。
星の輝きはまた、僕の友達にして好敵手であった彼と同じだから。

僕と彼の出会いは小学校の頃。ある日の体育の授業、たまたま徒競走の順が一緒だったことから始まった。それまで彼のことはクラスの自己紹介で名前を知っているくらいだった。

徒競走の結果は僕の勝ち。その・・・

1

手紙を書くのに苦労する

13/04/26 コメント:2件 弥栄 譽 閲覧数:1491

 誰かに手紙を送るのだと仮定しよう。私の場合、いざ手紙を書こうと思って筆をとったとしても、すぐに筆が止まる。
 ちょっと調べれば、手紙についての作法はわかるし、それで書き出しと終わりだけは何とかなる。
 だけど、肝心の問題は定型になっている箇所ではなくて、自分で考えて書くところなのだ。と、うだうだ考えている間に、時間は過ぎていってしまう。
 進退窮まって、著名な方々の書いた手紙を・・・

  1. 1
ログイン