1. トップページ
  2. 櫻田 麻衣さんのページ

櫻田 麻衣さん

小説を書くことが大好きです。なかなか上手には書けませんが、よろしくお願いいたします。

出没地 繁華街周辺
趣味 小説を書くことです。
職業 主婦
性別 女性
将来の夢 夢のまた夢ですが小説家になりたいです。
座右の銘 努力は必ず報われる

投稿済みの記事一覧

0

スタートはここから

14/10/28 コメント:0件 櫻田 麻衣 閲覧数:863

ここに書くのは久しぶり。
なんだか、とても懐かしい。

櫻田麻衣の名前は、いま使っているメインの名前とは別物なので悪しからず。




さて。

三年前に小説を書き始めた。

そりゃあもう読み返せば目も当てられないくらいヘタクソで、話の構成も文章の書き方もめちゃくちゃだった。

でも、ほんとに夢中で、文章を書くこと・・・

1

大好きだから

13/02/11 コメント:0件 櫻田 麻衣 閲覧数:1511

「もうさ、こんな問題いっぱい解いたからって、社会に出て何の役に立つんだっていう話だよね」
「あー、はいはい。わかったから、小学生みたいなこと言ってないでさっさと次の問題を解け」

 放課後の図書室。
 窓の外には寒空が広がり、勉強勉強で冷え切った心がさらにしんしんと冷えていくような気がした。
 もうすぐ国立大学の二次試験。
 センター試験の結果は思わしくなく、手・・・

0

北海道の思い出

12/10/08 コメント:1件 櫻田 麻衣 閲覧数:1644

 北海道には一度だけ行ったことがある。大学4年の夏、7月の後半か、8月のなかば頃だったと思う。目的は教員採用試験の受験。飛行機が苦手で、下宿していた東京から新幹線を乗り継いで札幌まで半日以上かけて行った。

わざわざ北海道まで採用試験を受けに行ったのには理由がある。全国の中でも比較的倍率が低く、採用される可能性が高いと聞いたからである。あのときの東京都の採用試験の倍率は200倍とか、な・・・

0

どっちが好きなの!?

12/10/03 コメント:1件 櫻田 麻衣 閲覧数:1414

 20代の真ん中あたりからちょっとしたきっかけで付き合いはじめた年上の彼は、テレビが大好きだった。

 特に「この番組が好き」とかいうのではなく、テレビで放送されているものなら何でもよかったようで、流れている番組がドラマでもバラエティでも格闘技の実況中継でも、とにかく部屋にいる間はずっとテレビをつけっぱなしにしていた。

 ドキドキしながら初めて彼の部屋を訪ねた日も、初めて・・・

0

永遠のライバル

12/08/28 コメント:0件 櫻田 麻衣 閲覧数:1272

 わたしの少女時代は猫との戦いの歴史でもあった。

 小学校4年から高校3年まで、わたしは諸事情により祖母の家で育った。そこには濃い茶色と明るい黄色が混じったような不思議な毛並みのメス猫が1匹飼われており、祖母が全愛情を注いで文字通りネコかわいがりしていた。

 そのせいなのか、生来の気性なのか知らないが、この猫がとにかくわがままでどうしようもなかった。わたしが勉強机に向か・・・

0

自転車で駆け抜けた恋

12/07/09 コメント:7件 櫻田 麻衣 閲覧数:2539

 大学生活の4年間を過ごした町は、都会育ちの私にとって驚くほど田舎だった。

 バスは1時間に1本しかなく、電車を使うためにはそのバスにさらに1時間ほどもゆられなければならなかった。交通費だって恐ろしく高額だった。友人の大半は原付か車を所有していたが、当時の私は人生の中でも最大級に貧乏だったのでそれも叶わず、どこへ行くのにも先輩から譲り受けたぼろぼろの自転車を愛用していた。

0

水族館の魚

12/07/07 コメント:4件 櫻田 麻衣 閲覧数:1853

それは透明の壁に区切られた世界

雑多な魚たちが閉じ込められ

ひらりひらりと身をよじりながら

自分の居場所はここではないと

声にならない言葉で叫ぶ


帰りたい あの海へ

果てしなく続く深い青の世界へ

こんな作りものの世界で生きるためにうまれてきたわけじゃない


だけど わかって・・・

  1. 1
ログイン