1. トップページ
  2. mikkiさんのページ

mikkiさん

心がほっこりするストーリーが好き。 動物が好き。 酒が好き。

出没地
趣味 犬と遊ぶこと 陽だまりでの読書
職業 トリマー
性別 女性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの記事一覧

0

えれべぇたぁ

12/10/29 コメント:0件 mikki 閲覧数:1079

 毎朝同じ時間に起きて、同じ電車に乗り、会社に行って、帰り道弁当を買って、家で食べて寝る。
 彼女とは別れて一年。
 楽しみなんて何もない。
 平凡といえば平凡。皆こんなもんなのか。
 子供の頃描いていた自分はこんなんじゃなかった、なんて思ってしまう今日この頃。
 会社の寮からも追い出される年齢になり、半年前に借りたのは山沿いの傾斜地に階段状に建つ十階建てのマンション・・・

0

less

12/10/27 コメント:0件 mikki 閲覧数:1167

「今日もご出勤だな」
 その一言で通じる。
 厨房の料理を棚から受け取っていると、同じくホールから戻ってきた仁科君が耳打ちした。
 私は苦笑してモーニングプレートを二つトレーに載せてホールに向かう。
 噂の客は今日も窓際の隅の席に案内されていた。
 持っていた料理を奥の席に出し、戻ってきて、
「ご注文はお決まりですか?」
 と声をかける。
「一番。ト・・・

0

とわちゃん

12/10/23 コメント:0件 mikki 閲覧数:1097

 初めてこの家にやってきた頃は、とわちゃんは大きな瞳をキラキラと輝かせていつもちょこんと正座していたものだ。
 小さな折りたたみのテーブルは傷だらけで、鶯色の塗装は汚らしく禿げていた。その上に黒い布を被せてテレビ台として使うとお母さんが決めたらしい。
 電気屋の若いお兄ちゃんがぼくをそっと段ボールから取り出した時、とわちゃんは歓声をあげた。電気屋の手の平は分厚くて、こそばゆいとはこうい・・・

0

埋没

12/04/21 コメント:2件 mikki 閲覧数:1952

がちゃり

音が玄関から聞こえて、鍋から顔を上げる。
チャイムを押してくれればいいのに。

「ただいまー」

ようやく聞きなれた声。
一緒に暮らして早四ヶ月。
知り合ってようやく一年半。

「おかえりなさい」

台所の脇の廊下をまっすぐに歩く。こちらを見ることなんてない。
私も鍋に視線を戻す。

友達と・・・

0

ネオンの下でまちあわせ

12/03/31 コメント:0件 mikki 閲覧数:1708

<新宿東口に19時集合>
 小規模な同窓会を開く事になったのは先月。親友、夏実のメールにずらりと並ぶ懐かしい名前。必死で仕事を調整して有休を取った。昼過ぎから何度も服を着ては脱ぎ、脱いでは着て、鏡の前に立つ。
 前に新宿に行ったのはいつだったっけ。
 直ぐ近くは通るのに、降りる事の無くなった駅。
 持っていた花柄のワンピースを鏡に映す。
 もう高校生じゃなくなった私・・・

0

親友

12/03/28 コメント:1件 mikki 閲覧数:1890

「お待たせ!ごめん、先に食べていいのに」
「選んでた。すみません生二つ。枝豆と焼き鳥三種盛り二皿。あと、豆腐サラダ」
「さすがナオ」
「高校からの付き合いだし」
「十年以上かぁ」
「で?」
「え?」
「はい!綾から誘いが来る理由その一、彼氏ができた。その二、彼氏と別れた。その三、彼氏と別れたい」
「……」
「あれ?正解なし?」
「…三」<・・・

  1. 1
ログイン