1. トップページ
  2. 第115回 【 自由投稿スペース 】

第115回 【 自由投稿スペース 】

恋愛・ちょっといい話・伝説・不思議な話など、
小説・エッセイ等の散文であれば
スタイルは問いません。
体験や事実に基づく必要もありません。

ステータス 終了
コンテストカテゴリ
投稿期日 2017/09/18〜2017/10/16
投稿数 5 件
賞金
投稿上限文字数 10000
最大投稿数 3
総評

投稿済みの記事一覧

0

ゲーム理論でマドンナを射止めろ

17/10/12 コメント:0件 本宮晃樹

「わざわざこんなところまで人を呼びつけ」ぐるりと喫茶店チェーンの店内を手振りで示し、「俺の休日を浪費させた理由が!」憤懣やるかたないといったようすでかぶりを振った。「社内のマドンナにアタックすべきかどうかを相談するためとはね」
 恐縮するほかない。同僚がこんなにおっかないやつだったとは。「すまん」
「なあ、相談するまでもないってことくらいわかりそうなもんだけどな」
「どっちの意味・・・

0

死神の村

17/10/04 コメント:0件 そうめん

三年前、二人の少女が日本戦争を終わらせた。
決して表に出ない戦争だ。

そして時は三年後、日本は悪い方向へ足が向かっていた。

そんな事とは関係ないとばかりに少女は歩く。

パーカーにYシャツ、ネクタイ、黒いスカートの少女だ。

そしてもう一つ、背中に筒状の物を背負っている。

少女は旅をしている最中だ。

今まで色々な・・・

0

稲刈り

17/09/28 コメント:0件 鹿田守拙

先日、こういう夢を見ました。
強い日差しの下で、父と母と叔父と叔母と、全員総掛かりで田んぼの稲刈りをしました。当然のことながら、私も手伝いをさせられました。鎌で稲を刈りました。そして、刈った稲を父のそばに運びました。稲を扱った時、父の腕に浮いた筋がくっきりと見えました。稲の葉が刺さって、体が痒くて我慢できませんでしたが、夜になる前に、稲を全部収穫するために、黙々と稲をかりました。その時、私は・・・

0

Diese Praxis ist jedoch nicht weit verbreitet

17/09/19 コメント:0件 yukihirasoma

Die etwas schnelleren Rontgenstrahlen klopfen Laserpointer
Jeder Kick stimuliert die Elektronen, um mehr Röntgenstrahlen herauszugeben - das verstärkt das ursprüngliche Licht viele M・・・

0

少女天国

17/09/19 コメント:0件 因幡雄介

 白髪の男が見つめる窓ガラスの奥で、二十人の少女たちが遊んでいた。
 少女たちの年齢は十歳前後。皆白いワンピースを着ている。グループにわかれ、縄跳びや積み木やお絵描きなど、好きなものを手に取って遊んでいた。
 男の子と違う点がある。少女たちはよく雑談をした。
 女はコミュニケーションを大事にする生きものだ。太古から子を産み、育てることのできる能力を持つがゆえの運命なのだろう。彼女・・・

ログイン
アドセンス