1. トップページ
  2. 第114回 【 自由投稿スペース 】

第114回 【 自由投稿スペース 】

恋愛・ちょっといい話・伝説・不思議な話など、
小説・エッセイ等の散文であれば
スタイルは問いません。
体験や事実に基づく必要もありません。

ステータス 終了
コンテストカテゴリ
投稿期日 2017/09/04〜2017/10/02
投稿数 5 件
賞金
投稿上限文字数 10000
最大投稿数 3
総評

投稿済みの記事一覧

0

クズ遺伝子の復讐は海を渡って

17/09/30 コメント:0件 本宮晃樹

「喜べ、案の定ジャンクDNAだったよ」壮年のジーンスペクターは無造作に書類を投げてよこした。「ほれこの通り」
 早速内容を検める。染色体を模したマスコットが二十三対(つまり四十六本)ずらりと並んでいる。凡例ではグレードTを意味する満面の笑みからできれば避けたいグレードXの不満顔までバラエティに富んでいる(俺の調査結果は不満顔ばかりなのが気になるが)。
「この益体もない遺伝子評価表の見か・・・

0

田舎の五人

17/09/16 コメント:0件 文月めぐ

 とにかく、方言が出ないように、どんな時も標準語で。家を出るときあれほど誓ったはずなのに、地下鉄に乗ったとたん、早くもその誓いを忘れそうになった。ばり人多い。九州の田舎からやってきた僕にとって地下鉄とは迷宮だ。一度迷ってしまったら、もう二度と地上へは出られないだろう。
 東京は人が多い、なんてそんなことは分かっていたけど、地下鉄の中は身動きができないほど混雑していた。そして何と言っても、匂い・・・

1

感覚シェアデバイス(自由投稿版)

17/09/13 コメント:2件 風宮 雅俊

 モニターアンケートで当たった『感覚シェアデバイス』を装着するとベッドに寝転び装着感を整えると、スイッチを押した。起動画面に続いて星の海に浮かぶ地球が現れるとその横にメニューが表示された。
「ようこそ、バーチャルトラベルです。お客様は本日より『冒険家コース』の選択が可能になります。免責事項をご理解の上、誓約書に『同意』のボタンを押してからお楽しみ下さい」
 抑揚のない音声出力に合わせて・・・

0

求道者の配置

17/09/06 コメント:0件 千野

 誰かと話をすればするほど、その人間が自分とどれだけ違っているかを認識したり、かえって驚くほど似ているということに気がつく。ただそれだけのことで、それが本当に楽しく、興味深い。相手の顔色をうかがいながら当たり障りのない言葉を選んで、今日もうまくやれたかな、などと思うのは実につまらない行為であるうえに、先がない。先がないのだ。

 それでも多くの人がそういうことで悩む。だから、僕はいつだ・・・

0

3月の谷

17/09/05 コメント:0件 

「時差」。
 各地によって違う時刻の差。世界の各標準時相互間の差、のことを時差と呼ぶ。
 この谷はいつも3月だ。朝昼晩はちゃんと回っていて、頭の中には暖かくなってきているという印象がいつもある。この谷に入る前が何月の何時何分でも、この谷に来れば3月の朝昼晩、そのどれかしか迎える事は出来ない。どんなに暑い季節から来ても、頭の中にはどこか空気が暖かくなってきているという印象が沸く。
・・・

ログイン
アドセンス