1. トップページ
  2. 第六十五回 時空モノガタリ文学賞【 守る 】 

第六十五回 時空モノガタリ文学賞【 守る 】 

今回のテーマは【守る】です。

恋愛・ちょっといい話・伝説・不思議な話など、
小説・エッセイ等の散文であれば
スタイルは問いません。
体験や事実に基づく必要もありません。

時空モノガタリ賞発表日:2014/10/20

※同一投稿者からのコンテストページへの投稿作品数は2〜3作品程度とさせていただきます。
※R18的な暴力表現・性描写はお控えください。
※二次創作品の投稿はご遠慮ください。
※「極端に短く創作性のない作品」「サイト運営上不適切な内容の作品」は削除対象となりますのでご了承ください。

ステータス 終了
コンテストカテゴリ
投稿期日 2014/08/25〜2014/09/22
投稿数 43 件
賞金 時空モノガタリ賞 5000円 ※複数受賞の場合あり
投稿上限文字数 2000
最大投稿数
総評

入賞した作品

6

甲羅の意思

14/08/29 コメント:12件 夏日 純希

一匹の噂好きのカラスが、池の水面へと伸びる枝にとまった。
そのすぐ下の、池にぽこりと浮かんだ石には、一匹の亀が今日も道路の方を眺めている。
亀の名は三平といった。
「初めまして。ちょっと世間話でもいかがですか」
カラスは、三平に話しかけた。
「別にかまわないけど」
三平の声はひどくしゃがれていたが、口調には、どこかあどけなさが残っていた。
「いま、ちまたで・・・

最終選考作品

7

朝茶はその日の難逃れ

14/09/22 コメント:8件 そらの珊瑚

「朝茶はその日の難逃れ」

 祖母はそう言って朝食が済んだあと、毎朝緑茶を淹れて飲ませてくれた。
 朝は一分だって多く寝ていたい年頃の中学、高校生の頃はそんな迷信めいた行為を僕はありがたがるどころか、内心ばかにしていた。はっきりいえばウザかった。
「あちィッッ」
 クソっ! あわてて飲んで口の中を火傷することもしょっちゅう。
 僕が度を越した猫舌になってしまっ・・・

10

すーちゃんのおねえちゃん

14/09/21 コメント:13件 泡沫恋歌

『すーちゃん、すーちゃん』

「ママ、今、だれかの声がしたよ」
「えっ? そんな筈ない。この家には涼香(すずか)とパパとママの三人しかいないわ」

 田舎にある古家に住むことになった。
 この家はパパのお祖母ちゃんが亡くなる日まで一人で暮らしていた。戦前に建てられた日本家屋で、地主だったという旧家の立派な建屋である。
 こんな辺鄙な山の中に住む人もなく、取・・・

3

ビールもどきで猫と僕に乾杯を。

14/09/21 コメント:7件 AIR田

自分が特に意味も無くなってしまった。
 それに気付いた時、自業自得だと思った。
 自業自得だって。

 職場までの道を歩く。朝の靄に包まれていて、少し遠くに見えるスカイツリーを見ては、そこには自分が理想とする女性が囚われている、という想像というよりは妄想を抱き、そんな物語があったら最高に楽しいだろうと、一人はしゃいでいた。
 勿論、そんなことは現実では有り得なくて、・・・

7

貝の不幸、われわれのしあわせ

14/09/21 コメント:13件 suggino

 あの人が「貝がいい」などと言いだした。天変地異。貝類を苦手なものランキングベスト3に入れているほどの男が。
 夕飯の、みそ汁の具の話である。どうしてそうなったかと訊ねてみれば、こういう訳であった。
 先ほど「テレビを観ているとみそ汁を食べる人が映って」おり「その具があさりだった」のらしい。「それがあまりにうまそう」で、「今なら僕にも食べられそうな気がする」と。私は反論した。いやいやい・・・

5

不在

14/09/20 コメント:10件 タック

■ 

 路地裏から飛び出た猫が私を威嚇した。その様に、私は畏怖にほど近い怯えを感じた。猫が嫌いなのではない。猫の傍には子猫が付いていた。その我が子を必死に守ろうとする、無思考の強大さというものに、人の身の私は心を抉られる思いがしたのだ。



 
 アパートの夕食にはテレビの音声があった。毒にも薬にもならぬドラマが煌々と流れていた。その画面の中で、名も・・・

13

ため口のおっぱい

14/09/17 コメント:12件 草愛やし美

「聞こえてるんでしょ、帆花」
「誰?」
「あんたのおっぱい」
「嘘、乳房が話すわけない」
「こないだからずっと話しかけてるのに無視してたでしょ。私は右ぱい」
「右のおっぱい、ってことは、左右は別人格、知らなかった」
「知っておくとよいよ、おっぱいは左右対称じゃないでしょ、別物だからなのよ」
「右だけが話せるって左は、寡黙な詩人とか?」
「ほら、しゃべ・・・

3

戦争賛成

14/08/25 コメント:6件 W・アーム・スープレックス

 ピースは、胸にたらしたお守りを、力をこめてにぎりしめた。
 勝利を我らに。
 彼は首をめぐらすと、背後にちらばる仲間たちを確認した。だれもが、突撃の合図をまって、血走った目を前方にこらしている。
 街並みは、これまでの激しい戦闘によって、みるも無残に破壊されていた。しかしその破壊された建物の影に、敵がひそんでいるのだ。こちら同様、戦闘意欲に燃え、相手を殺傷することに無上の喜びを・・・

投稿済みの記事一覧

1

早朝のメソッド

14/09/22 コメント:2件 四島トイ

「健全で規律ある文化的な一日になるかは早朝に決まるのよ」
 職場の先輩である原川さんはそう言った。仕事終わりに誘われた居酒屋でのことだ。彼女は高らかに宣言すると、その日三杯目のビールジョッキを傾けた。黄金色のアルコールが彼女の艶やかな唇にスイスイと流れ込む。妙齢の己に物怖じすることなく、白い喉はぐびりぐびりと音を鳴らす。
「はあ」
「聞けば宮代君は休日は寝て過ごすらしいわね」

8

心の墓標に誓いを!

14/09/22 コメント:9件 草愛やし美

「ヤダ、チイを連れて行かないで殺されるんでしょ。チイだって母さんヤギと、ずっと一緒に生きていたいはず。人間は良くってどうしてヤギは駄目なの、おかしいよ」
「心海、父さんは生まれた時に、このヤギには名前をつけるなと言っただろう。名前などつけるから、感情移入してしまうのだ」
「母さん、何とかならないの? チイのこと可愛がっていたじゃないの」
「母さんはせめて家を出て行くまではって思っ・・・

6

パイロットフォルム(羊飼いとシープドッグ)

14/09/21 コメント:8件 黒糖ロール

 ステンドグラスの中で斜めにうつむく天使を、燭台の光が照り浮かびあがらせている。火の揺らめきで天使の顔が和らいで見えるので、ミアは夜の教会が好きだった。
 ステンドグラスは教えてくれる。外から差し込む昼の日差しを通すとき、また、夜、屋内に耀う火を反射するとき。光、その内にある本質が多彩であること。散らばった本質の欠片を集めて敷き詰めれば、神性が宿り見えること。
 採光用の窓に近づくと、・・・

0

旅をする姫君

14/09/21 コメント:0件 村咲アリミエ

 山の奥の、さらに奥。旅をする姫君は、五十人以上の盗賊に囲まれていた。盗賊の頭は、気絶している彼女の護衛を、ずいと前に出す。
「質問に正直に答えることだ。さもないと」
 護衛の首を切るジェスチャーに、やめてと姫君は叫んだ。かわいらしい叫び声に、一同は下品な笑いを漏らす。
「旅をする姫君、有名だぜ。旅の目的や正体は不明、お前についている護衛のことすら、屈強だという噂以外は不明なこと・・・

5

イノチヲカケテ

14/09/21 コメント:7件 光石七

 王宮は窮屈なところだ。
「口元を扇でお隠しください。大声で笑うなんて、はしたない」
「品の無い言葉遣いはおやめください」
教育係は事あるごとに私の言動を注意する。王女らしく、優雅に、気品を持って――。ここに来る前にも何百回と言われた。田舎のお城から移ってきて十日余り。まだ公の場には出ていないし接する人間も少ないけれど、そろそろ王女ルアナとして社交界に踏み出さなければならない。<・・・

5

最近の噂話 『穴』

14/09/21 コメント:10件 鮎風 遊

 母子家庭で育った善行(よしゆき)、少年時代は貧しかった。その貧乏から抜け出すために、いや、母に楽な暮らしをと田舎を飛び出し、都会で働き始めた。
 しかし、世間はそう甘くはなかった。どれだけ身を粉にして働いても貯金は易々とは貯まらない。それが辛抱できず、悪の道へと。
 元々甘いマスクにスラリと背が高い。まず善行は行き遅れた女性を狙って、「君の一生、僕に守らせてください」、こんな殺し文句・・・

1

海に浮かぶ僕らの国

14/09/21 コメント:3件 J-POP

20歳の誕生日に、僕が受け取ったものは、毒薬とある手紙だった。

『なるほど… コレか… 』と、僕は呟き、天井を見上げた。
その直後に、激しい嘔吐があった。
これまでの僕の記憶を全て吐き出すような激痛を伴う嘔吐。

ゲルガー というこの毒薬は、珈琲シロップのようになっていて、小さなプラスチック製の容器に入っている。端を折り曲げ開けて飲み干すと、少し砂鉄のよう・・・

1

母の紅茶

14/09/20 コメント:3件 雲原 拓

 目が覚めると陽はもう高く上っていた。もう昼だろうか。でも、この国では今は白夜の時期だから、もしかするとまだ夜中かもしれない。視界の中に時計はなくて時刻はまるっきし分からなかった。僕はベッドの横の呼び鈴を強く引いて、もういちど顔を枕に押し付ける。

一昨日の水曜日、パパが死んでしまった。明け方にパパの会社から第一報が入った。僕は事情がよく分からないまま学校を休み、ずっとテレビを見ていた・・・

0

蓑虫

14/09/20 コメント:0件 島中充

     蓑虫
                          
妻はゆっくり狂い始めた。階下から甲高い声で私を呼ぶのだ。
「アナタァー」 また始まる、始まってしまった。

開け放たれた窓から、花冷えの寒気がなだれ込み、投げ出された掃除機の横で、妻は床の上にスフィンクスのように、両手、両膝を着いて、目を据え、開かれた昆虫図鑑を睨んでいた。
「アタシ、蓑虫じゃ・・・

0

左側

14/09/18 コメント:0件 高松塚

 甲高い鶏の声が響き渡る。
 われらが畜産学科のボスの声。耳を澄ませば「やめろよぉ」などと告げる声も聞こえて来る。
 きっと、また「奴」だ。

「マイのことは、ボクが守る」
 格好よく告げた幼なじみは、その数分後に繋がれた犬に吠えられ、全速力で逃げた。
 12年来の腐れ縁である彼が、口ばかりの超ヘタレであることは、そんな昔から知っている。

「何やっ・・・

7

イラクサの民

14/09/18 コメント:10件 そらの珊瑚

 夜が明け、サリの家の藁葺きの屋根に深々と刺さっていたもの、それは白い鳥の羽根のついた矢であった。それを見た村人はやはりとうなずく。村一番の美人だと噂されていたサリこそ神になるには適役だと。
 村は山深い奥地にあり、街へ出るのに一番近くて安全な方法は大蛇川にかけた橋を渡って行く方法だった。が、雨季になれば川は氾濫しその度に木造の橋はあえなく流される。新しく橋が架け替えられるまで村は孤立する。・・・

1

ガーディアン・アルゴリズム

14/09/18 コメント:2件 清野

 おい、と見知らぬ男が隣に座る。俺は珈琲のマグを慎重に傾け、控えめに啜った。目の前の窓ガラスをじっと見つめるが、そこに映る顔には見覚えがない。
「人違いだ」
「いや」
 男が身を乗り出した。無精髭の目立つ、粗野な風貌だった。立ち去ろうとした俺の肩を、男は無遠慮に掴んで囁いた。
「おまえ、守護者に見張られているぞ」
 俺は冷ややかに告げた。
「今どき見張られていな・・・

5

さよならアクセス。さよならメモリーズ。

14/09/15 コメント:7件 滝沢朱音

ARROWS A 202F。
この英数字の羅列に、今日も見守られて――

「え、なんで? 意味わかんない。だって藍のほうだよね、フられたの」
美久が無神経に言い放つ。
「そんな毎日チェックするかなあ? 自分がフッた元カノのブログなんて」
(だから相談してんじゃん)
彼女が口さがないのはいつものことだ。
「……でしょ。しかも私、全然ブログ更新してないの・・・

1

スズランが笑う

14/09/14 コメント:1件 てんとう虫

 「ママパパ、この人が川辺弥希さん。お母さんだよ。お母さん、こちらがママとパパの神戸明良と神戸聡です。小児科医と医院長してます。私は川辺ありさこと神戸りさです。さあどこ行こうかなあ。 」とにっこりと笑う。今日は初めて産みの親の川辺-みき-弥希と育ての親の神戸夫婦が娘交えて会う日だった。行方知れずになったち乳飲み子のありさの無事祈りつつ暮らした日々は途方もなく長い月日だ。今は育ての親の元でスクスク育・・・

0

嘘の話

14/09/14 コメント:0件 suzz

 今私の四肢は、その体の中心、心臓から離れる方向へ、少しずつちぎれて離れています

 その力とは凄まじく、完全に身体から分離して、重力にも負けずふわふわと放射状に飛んで行ってしまう勢いです

 その運動の裏付けとして、今私とその胴体、四肢は一体となりモモンガみたく大の字となって、少しずつ、少しずつ、地表から身体ごと剥がれて行きます

 当然四肢は心臓から離れる方・・・

6

守りのデッドロック

14/09/14 コメント:11件 夏日 純希

男たるもの、頑なに貫きたいことがあるだろう。
それを守ること、それ即ち矜持である。
だが、守ると何かを失うとしたらどうすべきか?

真っ白なゲレンデ、中級者コースから外れてしまった僕らは、
誰も踏みつけていない深い雪に囲まれて二人きりだった。

目の前には、愛しの佐伯さん。

僕らの関係と言えば、他人以上・恋人未満。
端的に言い直せば、告・・・

9

雛とアタシと――。

14/09/13 コメント:10件 泡沫恋歌

 あの子を初めて見た時、不覚にも胸がキュンとしてしまった。営業部一の女傑と言われた、このアタシが……。
 中堅クラスの広告代理店で営業成績は常にトップを誇っている。
 可愛げがない、クールな女、君は独りでも大丈夫と男に身捨てられた。誰も守ってなんかくれない。――だから、アタシは強い女になった。

 去年の春、入社した、荻野 雛(おぎの ひな)は小柄で可愛らしい。
 最・・・

2

君のことをずっと見守ってる

14/09/13 コメント:3件 葉キマ

 調度日が傾き始めた頃だった。君の悲鳴が人気のない通りに響き渡ったのは。
 君は帰宅するところだったね。職場の銀行を出た後、何かを恐れるように君はきょろきょろと辺りを見回していた。
 人気のない通りに差し掛かった時、突然君の前に黒い影が現れた。僕は舌打ちをした。君がとても怯えているように見えたからね。黒い影は手を伸ばし、逃げようとする君の肩をつかんだ。君が金切り声を上げた瞬間、僕は駆け・・・

4

青春からの卒業

14/09/12 コメント:6件 鮎風 遊

「一生をかけて、杏奈を守ります!」
 壇上から健太が声を張り上げた。この宣言に、ホームルームの全員は黙り込んだ。それからどよめきがワアーと起こった。
 杏奈はショートカットに涼やかな瞳を持つ美少女。その上、学年トップを争う優等生ときてる。男子生徒たちからはアジアンビューティと呼ばれ、憧れの的だ。
 一方健太の方はテニスコートでボールを追い掛けるだけの普通の生徒。この格の違いにより・・・

2

約束しました【二千のエッセイ】

14/09/10 コメント:2件 小李ちさと

仕事で小さなミスをしかけた。
それだけのことなのに前を向いて歩けないのは、もともと気持ちが沈んでいたから。
気持ちの落っことし方を間違えて、大事な人を怒らせてしまった。
理詰めの言葉が並ぶメールは非常に厳しく、それでも相手を死ぬほど信頼しているから内容を受け止められた。それほどの相手を怒らせた自分に嫌悪する。

言葉に傷ついたわけじゃない。
自分のやったことが、・・・

0

Stand by Me

14/09/09 コメント:0件 FRIDAY

「あんたは『きし』になりなさい」

 高飛車な彼女はべそをかいている僕に、居丈高にそう言った。
 僕も彼女も小学生の頃だ。その頃の僕はいじめられっ子で、よくクラスの中心グループに物を隠されたり、小突き回されたりしていた。そして、そんな僕を、彼女がいつも助けてくれるのだった。僕が泣くたびに彼女が怒って、いじめっ子グループに徹底的に仕返すのだ。
 だからそのときも、僕はいじめら・・・

0

積雪

14/09/07 コメント:0件 佐藤 陽佑

 柔らかな重みで目が覚めた。
 ゆっくりと目を開くと、蓮華が自分の右腕にしがみつくように突っ伏している。
「お母さん。」
 いつものか細い声で私を呼びながら、蓮華が顔を上げた。
 肩で切り揃えた真っ直ぐな黒髪は水気を帯びており、鼻先と頬が赤い。
 部屋の入り口には、泥が跳ねて汚れた長靴と、小さな靴下が干してあった。
 山の中腹にあるこの病院まで、歩いてきたようだ・・・

3

愚直な兵士

14/09/07 コメント:7件 J-POP

彼ほど従順で愚直な戦士はいない。
ある時は、命を張って王を守り、またある時は、危険をも顧みず戦地へ赴く。
それは、王も認めるほどであった。

『お前の長年の功績を讃え、お前に何か褒美をやろう。さて、何がよいか? 申してみよ。』

『私は一兵士として、多くの仲間の兵士に助けられ、これまで戦ってきました。私みたいな歩兵が、生きながらえているのは、こうした沢山の兵士に・・・

2

おとこだもん

14/09/05 コメント:2件 こぐまじゅんこ

 ぼく、りゅうま。小学二年生。
 ぼくには、おとうさんがいない。おかあさんは、けっこんしないで、ぼくをうんだんだって。
 ぼくは、おとうさんがいないことを、あまり気にしていない。家には、おじいちゃんも、おばあちゃんもいるし、ねこのユメもいるから・・・。
 おかあさんは、「さかもとりょうま」っていうえらい人がすきで、ぼくに、「りゅうま」って名前をつけたんだって。
「りょうま ・・・

5

空のゴースト

14/09/05 コメント:10件 夏日 純希

島の空軍基地では、今夜花火大会が予定されていた。
そのため当番以外のメンバは町へ出払っていてどこか寂しい。

一日の仕事が終ったタケルは急に話し相手が欲しくなった。
整備士のマルヤは必ずいるはずだと思い付き、格納庫へと足を向ける。

格納庫は普段から人が少ないので、寂しさが和らぐ。
くすんだ青色のF6戦闘機が一列に並んでいた。
マルヤは案の定そこにい・・・

0

ママがあなたを守る

14/09/04 コメント:0件 おみや

あれは、あなたが4歳の夏。

出張が多い仕事をしていた私は、それが「仕事だから仕方ない」と割り切っていた。

でも、1泊、2泊、3泊の出張が1か月の間で続いてしまったある日。



「ねぇ、蓮。

 ママね、今度、お仕事で3回ネンネして来なきゃいけなくなったの。」


そう言うと、

「やだ!行かないで!」<・・・

1

観察

14/09/03 コメント:2件 みや

”おはようございます。今日も素敵な一日になりますように!”

今朝もいつも通りに麻依ちゃんがツイートしている。僕はそれを確認して安心する。
こうやって麻衣ちゃんを見守り続けて何ヶ月になるだろうか?

”麻依ちゃんおはよう”僕は麻依ちゃんにリプライを送る。
”おはようございます♫”麻依ちゃんからリプライが返って来た。

お昼休みには麻依ちゃ・・・

1

言葉は嘘ばかり

14/09/02 コメント:2件 ポテトチップス

「優貴君、負けちゃダメだよ。僕はいつも君の味方だよ」黒部正輝が目を見つめながら言った。
優貴は目に涙を浮かべながら頷いて、小さく微笑んだ。
秋の日没はもうそこまで来ていて、ブルーな1日がやっと終わることに優貴は安堵した。
「イジメる奴らは可哀想な人間だと思って、逆に心の中で笑ってやりなよ。アイツらは仲間でつるんでいないと何もできない幼稚な人間なんだ。僕はじっとイジメに耐えている優・・・

0

泣き虫彼女の本当の気持ち

14/09/01 コメント:0件 理不尽な現実

『唯は本当に泣き虫だなー。』
『だって....だって....。』
 僕の名前は池ケ谷瑞希。僕にはとても泣き虫な幼馴染がいた。
 幼馴染の名前は櫻井唯。
 学校から一緒に帰っていた途中つまずいて膝を擦りむいてしまった。
『唯!もう泣かないで。僕がずっと君の事を守ってあげるから!』
 唯を泣き止ませる為にそう言うと、泣いていた唯は泣き止み笑顔で、
『うん!』<・・・

4

バッドエンド

14/08/29 コメント:4件 三条杏樹

しばらく、呆然と立っていた。
中学生くらいの女の子が、乱れた制服のまま泣き続ける。私は足も手も震えて、動くことができない。
血がべっとりと、私の胸に、腹に飛んでいた。

「あ・・・」

声がもれた、というよりは、息を吐こうとしてたまたま声帯に空気が触れた、という具合だった。

ひねった手首が痛い。殴られたせいで鼻血も出ていた。

服につい・・・

1

『The Secret Garden』

14/08/28 コメント:3件 

 それからしばらくの間、皐羽と鹿野のリズム体でのレコーディングが続いた。
 その後、和田と亮介がギターパートを上に重ねてゆき、バッキングが出来上がってからはボーカル・コーラスの録音。
 全ての曲を録り終えると、亮介によるミックスダウン。各パートの音源の音量やバランスを調整したり、エフェクトをかけて仕上げてゆく作業だ。
「いじり過ぎずラフに。あえて粗削り感を出さないとな」
 ・・・

7

奴隷じゃないよね優しさは

14/08/28 コメント:10件 クナリ

私が小学生の時、近所に一学年上のユウ君という男子がいた。
ユウ君は滑舌が悪く、頭もあまりよくなく、運動も苦手だった。
意志の疎通は出来たけど、明らかに歳相応の円滑さに欠けていた。
そのため、低学年の段階で既にイジられ役としての位置を確立し(いじめと言えるものまであったのかどうかは知らない)、友達は少なかった。

ユウ君とは、私が五年生の春くらいまで、よく遊んだ。

1

携帯マナー

14/08/28 コメント:1件 五助

 この間スピード違反で捕まってしまいましてね。その上、運転免許証を家に忘れてきて、さらに罰金を取られてしまったんです。お巡りさんが書類を書いている間、車の中でじーとしてると、自分以外の交通ルールを破っている人間が目に付くわけです。最近は携帯電話をかけながら運転している人が多いですな。
「おまわりさん、ほら、携帯電話かけながら運転してる奴、おりまっせ」
「そうですか」
「そうですか・・・

1

14/08/26 コメント:3件 橘瞬華

「お前の姪のちろるちゃんだ。たまにでいいから遊んであげなさい」
「初めまして、ちろって呼んでください」
 よろしくお願いします、と頭を下げる姪だと言う女の子の第一印象は、姉の子供とは思えないくらい礼儀正しいというものだった。当時小学三年生。父が連れてくるまで十年近く、私は姉に子供がいることを知らなかった。つまり、私と姉はそういう間柄だった。
 父が説明する漢字の羅列は凡そ人名に使・・・

6

まもりなされ

14/08/25 コメント:9件 かめかめ

「ねえ、こずえ、『攻める』の対義語って、なんだっけ?」
「受ける」
 国語の参考書を開いて質問したさやかに、こずえは即答し、すぐに『しまった』と満面で無言のうちに叫んだ。
「受ける、ね。ありがと」
「いや、いやいや! 間違った! 間違いました! 『守る』です!」
 こずえが言った言葉をそのままノートに書き込もうとしたさやかの腕を、ぐいぐいと引き、こずえが叫んだ。

ログイン
アドセンス