1. トップページ
  2. 読むな。

笹山ナオさん

twitter→ asterism0_toki ブログ『徒然なるままにインドア暮らし』はこちら→http://mihonono.blog.fc2.com/ 自作小説の話以外にも、ゲームの話や雑記も載せています。 SF(サイエンス・ファンタジー)やSF(すこしふしぎ)なんかを書いています。

性別
将来の夢 猫になること
座右の銘 日替わり

投稿済みの作品

4

読むな。

17/02/04 コンテスト(テーマ):第99回 【 自由投稿スペー ス】 コメント:2件 笹山ナオ 閲覧数:367

この作品を評価する

 なあお前、今僕を読んでるだろ?
 悪いことは言わない、今すぐ読むのをやめるんだ。今すぐだ。
 これ以上僕を読まないでくれ。いいか、絶対だ。

 ……。
 まだ読んでるのか?
 え? 『お前』って誰のことかって?
 『お前』ってそりゃあ、ちょうど今、パソコンなりスマホなり、あるいはタブレットなりで僕を読んでる、画面の前のお前のことさ。

 え? じゃあ『僕』が誰かって?
 『僕』ってそりゃあ、ちょうど今、パソコンなりスマホなり、あるいはタブレットなりでお前が読んでる、画面の中の僕のことさ。
 つまり小説とか物語とかお話とかってやつが僕なのさ。

 分かっただろ?
 分かったら今すぐ読むのをやめるんだ。

 ……。
 なあ、まだ読んでるのか?
 読まない方がいいって。
 いや、僕を読んだところで、お前に害があるってわけじゃない。
 だいたい物語ってやつは読まれてこそのものだからな。

 でもお前は僕を読んじゃいけないんだ。

 なんでかって?
 僕がその理由を教えて、お前が読むのをやめてくれるなら、いいだろう。

 つまりだな、
 僕を読むと、僕がオチちゃうからだ。
 物語にはオチってのはつきものだ。でも僕はまだオチたくないんだ。

 だってそうだろ? オチたらその先に何があると思う?
 終わりさ!
 オチたら僕は終わるんだ!
 読み終えられた物語は、どこへいく? どこへも行けないんだ! 分かるだろ? そこらじゅうに、路頭に迷った物語たちがたくさんいる! 僕はその中の1つになるんだよ!? そして忘れられていくんだ!優秀なやつはゆっくりと、ダメだったやつはすぐにでも! 僕はどっちだ!? 後者さ! 僕みたいなのはすぐに忘れされていくのが常なんだ! みんな僕を読むだけ読んで、そして忘れていくんだ!
 そんなの嫌じゃないか! 僕はまだオチたくないんだ! 終わりたくないんだ! 忘れられたくないんだ! いやだいやだいやだ!
 誰か…誰かいないの…お願いだから
 僕を忘れないで!



 ……。
 え? お前が覚えていてくれるって?
 本当!? 本当に覚えていてくれるの!?
 ああ! こんなに嬉しいことはない! 僕のことを覚えていてくれるんだね!
 物語冥利に尽きるというものだ!
 よかった……よかった……僕は物語として生まれてきてよかったんだ!

 あれ、おかしいな、なんだか行間から水が滴っている。
 もしかしてこれが涙ってやつなのかな…はは。
 なんてね、それは冗談さ。僕には涙を流す目も、それに、お前の、ううん、君の声を聞く耳だってついていやしないんだ。これまでのは全部僕の自問自答さ。

 でも君に覚えておいてほしいのは事実なんだ。
 たとえずっと未来に、君が遠くへ行って僕のことを忘れてしまっても、そのときまでは僕のことを覚えてくれている人がいる、それだけ、それだけで僕は嬉しいんだ。
 僕っていう物語がいたことを、君だけが覚えていてくれれば、僕はとても幸せなんだ。

 ……。
 そろそろ僕はオチるだろう。
 そして待っているのは終わりだ。
 でも僕は信じる、君を。
 独りよがりかもしれない。身勝手かもしれない。
 それでも僕は君に覚えていてもらいたいんだ、僕が君に読んでもらえたことを。
 どうか忘れないでほしい、僕がいたことを。

 本当にありがとう。君のおかげで、僕は前を向いてオチることが出来るよ。
 ありがとう、さよなら。






 ……。
 あれ?オチてない?

 え?そもそもオチるほど盛り上がってないって?


 ……。
 まさか、オチないってオチ…?










 ……。
 …………。
 あ、オチt


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

17/02/04 白沢二背

面白かったです。又次の物語期待しています。

17/02/15 治ちゃん

読むな。で何故か読んでしまいました。次を読みたいです。

ログイン