1. トップページ
  2. 遺伝子を救い出せ!

本宮晃樹さん

ふつうにサラリーマンをしております。 春夏秋冬、いつでも登山のナイスガイ。 よろしくお願いします。

性別 男性
将来の夢 魁! 不労所得!
座右の銘 定時帰社特攻隊長

投稿済みの作品

1

遺伝子を救い出せ!

17/01/28 コンテスト(テーマ):第98回 【 自由投稿スペース 】 コメント:0件 本宮晃樹 閲覧数:569

この作品を評価する

 あえていやみったらしく言うと、わたしは(というより正確にはわたしの一族は)めちゃくちゃに金持ちである。
 なんでもそのむかし、まだ誰も土地に値段がつくなんて考えもしなかったころに強欲なご先祖が、「いいかきさまら、今日からここは俺の土地だ!」と一席ぶったらしい。以後このあたり一帯はわれわれの土地であり、さまざまな用途にリースして使用料を掠め取っているというわけだ。
 ところで今般、わたしは結婚することになった。そうとくれば例の避暑地へ一族郎党を招集し、そこでのんびりプール――もちろん自前の――に浸かって顔合わせということになる(なんでそんな風習があるのかは聞かないでほしい。知るもんか)。
 参加者は曽祖父母、祖父母、父母、そしてわたしと彼女の総勢十六名。大所帯である。
 そこまではよかった。大きく伸びをして陽光のまぶしさに目をすがめた次の瞬間、まったくありそうもないことが起こった。
 わたしと彼女を除く一族郎党全員が、申し合わせたかのごとくいっせいに溺れたのだ。

     *     *     *

 これは壮観だった。十四人が助けを求めてもがいている。よりにもよって足のつくはずの浅いプールで。われわれ二人はたまたまプールサイドに上がっていたのである。
「ちょっと、どうするの?」彼女の一声でわれに返った。「助けなきゃ!」
「そうしたいのは山々なんだけど、ちくしょう!」わたしはがっくりと膝をつく。「糖が不足してて力が出ない。どうがんばっても助けられるのは二人までだな、掛け値なしに」
「そんな。でも誰を助ければいいの?」彼女はじっと水面に目を凝らした。「みんな一様に苦悶の表情を浮かべてる。これじゃあ誰が誰やらわからない」
「ということは、ぼくの包括適応度が危機に瀕してるってことか!」
「つまりこういうこと? 等親が離れるほどあなたと家族の遺伝子的相似率は半減する(「図1 包括適応度早見表」参照)。いちばんいいのはご両親を助けること。これなら50%+50%=100%でとんとんね。いちばんまずいのは死にかけのジジババを助けちゃうこと。これだと12.5%+12.5%=25%、ぜんぜんだめ」

図1 包括適応度早見表

12.5% 25% 50% 50%
曽祖父┐
   ├祖父┐
曾祖母┘  │
      ├父―┐
曽祖父┐  │  │
   ├祖母┘  ├―子
曾祖母┘     │
曽祖父┐     │
   ├祖父┐  ├―子
曾祖母┘  │  │
      ├母―┘
曽祖父┐  │
   ├祖母┘
曾祖母┘

「ふうむ。溺れてるのは十四人で、そこから二人だけを助け出せるとすれば、その可能な組み合わせはこうなるな」
 14C2=14×13/2×1=182/2=91
「やみくもにあなたがプールへ入っていってお義父さんとお義母さんを救助できる確率は、だいたい1%強ってところね」
「くそったれ!」わたしはプールサイドに拳を打ちつけた。「なんだって死にかけのジジババが勢揃いしてるんだ? 連中さえいなけりゃもっとましな賭けになったのに。つまり」
 6C2=6×5/2×1=30/2=15
「6%強。……あんまり変わらんな」
「あんまり変わらないね」
「とにかく!」決意も新たに立ち上がる。「ぼくの包括適応度を最高に保つにはどうしたらいいか考えないと」
「ところで、包括適応度ってなに?」と彼女。「それとなんで等親が離れるとそれが減るわけ?」
「後者から説明するぞ。常染色体は23対46本、性染色体は23本だけ。なぜかと言うと」ラジオ体操を特急でやりながら、「男女それぞれの性染色体が合わさって46本になるから。減数分裂ってやつだ」
「あ、そういうことか」彼女はチョコレートミルクをのんきにすすっている。
「これが両親からそれぞれ50%ずつ遺伝子を受け継ぐという話の意味だ。あとは放射性崩壊の半減期と一緒の法則で、先祖へさかのぼっていくほど遺伝率が低くなる」またぞろ怒りがもたげてきて、拳をプールサイドへ叩きつけずにはおれない。「棺桶に片足突っ込んだジジババさえいなけりゃ!」
「あ、そういうことか」彼女は二杯めのチョコレートミルクに取りかかっている。「遺伝子の目的は自己複製だから、遺伝率の近い肉親を助けたがる傾向を持つはずだってことね」
「いかにも。それが血縁淘汰仮説だ」特急のラジオ体操は終わった。あとは飛び込むだけだ。「で、包括適応度はそれの根幹をなす概念。利己的な遺伝子を持つ動植物がなぜ利他行動をするのかを鮮やかに描き出してる」
「なるほど、で、どうするの。1%に賭ける?」
「それをいま考えてるんだ」
 相変わらずプールは阿鼻叫喚の地獄である。どうやってもっとも遺伝率の高い両親だけを選択的にサルベージすればよいのか……。
「なんてこった」天啓が下りてきた。「家へ帰ろうぜ」
「いい加減お腹も空いてきたし、実を言えばもう帰りたいけど、あなたの包括適応度はどうなるの」
「図1をよく見るんだな」にやりと笑う。「いっぽうぼくたちは早晩結婚する」
「降参ね」彼女は肩をすくめてみせた。
 踵を返して別荘のほうへ戻る。困惑しながらも彼女はついてきているようだ。
「きみは野球チームが一丁上がるほど子どもをほしがってたと思うが、その気持ちに変わりはないか」
「急になんの話なの?」
「なにも遺伝的に近い肉親は両親だけじゃない。子どもも同じ遺伝率なのさ」
「なるほど」呆れた調子で、「はいはい。あたしが最低二人産めばいいわけね」
「そう腐るなよ。この作戦には途方もないおまけがついてくるんだ」
「聞きましょうか」
「いまプールで順次溺死してる連中の莫大な遺産」
「あなた」彼女が後ろから抱きついてきた。「もう。何人でも産んじゃう!」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン