1. トップページ
  2. ファミレス優勝決定戦

荒木成生さん

はじめまして、こんにちは、荒木成生です。 二千字をオーバーした時の推敲作業に苦労しています。 説明不足になりがちですが、そこは想像力で補ってください。 二千字よりも長いものは小説投稿サイト『アットノベルス』に置いてありますので、興味があればこちらもよろしくお願いします。 ペンネームは同じです。

性別
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

0

ファミレス優勝決定戦

12/10/10 コンテスト(テーマ):【 ファミレス 】 コメント:0件 荒木成生 閲覧数:1411

この作品を評価する

 もうちょっと……、もうちょっとでロープに手が届く。
「がんばれ、虎仮面! あとちょっとでロープだぞ、もっと手を伸ばせ!」
 声をかけるが……、ロープに虎仮面の手がかかる前にボストンクラブの態勢のまま、相手の肝っ玉ママにリング中央へと引きずり戻された。
 虎仮面はうちのチーム『仮面家族』のメンバーで俺の妻でもある。間違ってもタイガーマスクと呼んではいけない。
 肝っ玉ママは相手のチーム『大家族』の家計をがっちり握っている猛者だ。その旦那はビッグダディ……、六男四女の子供を養う頼れる父親だ。
 今日はファミレス……、ファミリーレスリングの優勝決定戦が行われている。
 一年を通じて行われた総当りリーグ戦の上位二チームがタイトルを懸けて争っている。
「獅子仮面、奥さんを助けに行かないのか? やっぱり仮面夫婦なんだな!」
 会場から野次が飛ぶ。
 くそっ、好き勝手言いやがって……、仮面夫婦という設定さえ無ければ……、実際のところ夫婦仲は良好だ。その証拠に可愛い娘が二人いる。
 その時、コーナーポストへ颯爽と駆け上がる者がいた……、うちの長女、豹仮面だ。
 身体をたわめ、ロープの反動も利用して、リング中央目がけて飛びかかる。
 その豹仮面のミサイルキックが肝っ玉ママに炸裂した。
 豹仮面は凄まじいまでの跳躍力による華麗な空中戦とバネのようにしなる筋肉と長い手足を用いた魅惑の打撃で“豹頭の天使”として今人気急上昇中だ。
 たまらずボストンクラブを解除する肝っ玉ママ……、豹仮面が追撃をお見舞いしようとしたところへ割って入る者が……、孝行ガールだ。
 親のピンチには必ず助けに入る……、それが孝行ガール。
 豹仮面と孝行ガールが組み合い、もみ合い、それからリング外へと雪崩込む、場外乱闘に突入だ。
 リングの上では虎仮面がよろよろとこっちへ向かって歩いてきている。
 交代をしなければ危険な状態だ。手を伸ばし、タッチを要求する。
 だが、その手と手が触れることはない……、獅子仮面と虎仮面はタッチ交代することを禁止されている。
 仮面夫婦で夫婦仲が悪いという不条理な設定……、これってどうにかならないか? 地味に試合でも私生活でも辛いんですけど。
 しかし、虎仮面に向かって差し出されたもう一本の小さな手には触れることができる。
 その瞬間、
「おぉー!」
 会場から低いどよめきが起こった……、それもそのはず、これまで出たら負け無しの次女、猫仮面の登場だ。
 猫……、というか、キティちゃんのマスクを被っている。
 猫だったら何でもいいとは言ったが、なぜそれをサン○オさんに直接発注しちゃうかな、うちの事務所は?
 おかげで訂正することもできず、ファイトマネーからサン○オさんに対して使用料を支払うことに……、さらには関連グッズの売り上げまでも。
 でも、使用許可は驚くほど簡単に取れた……、キティちゃんは仕事を選ばないとの噂だったが真実だったことが証明された。
 対するはあちらもタッチで交代した腕白キッド……、この猫仮面と腕白キッドとの対決で決着がつく。
 なぜなら、豹仮面と孝行ガールが場外に、そして、子供のけんかに親が出て行けないという暗黙の了解のため親の救援ができないからだ。
 対峙する猫仮面と腕白キッド。
 つと歩み寄る猫仮面、それに対し組み付こうとする腕白キッド。
 組みさえすれば、体格で勝る腕白キッドがパワーで押してくるだろう。
 しかし、その思惑も外れる……、猫仮面がするりと抜け腕白キッドのバックを取った。
 さらに、腕白キッドの足を絡め取り、腕を絡め取り、首を絡め取る……、コブラツイストの完成だ。
 完全に極まった……、それから数秒後、レフェリーが止めに入る。
「ただいまの勝負、三十七分二十八秒、勝者、仮面家族。決め技はコブラツイスト」
 アナウンスが試合結果を告げる。
 次いで勝利を称える歓声が会場にこだまする……、この瞬間が心地いい。
 前回のリーグ戦での大家族戦は猫仮面が出る前にやられてしまったからな……、今回で仮はきっちり返すことができて何よりだ。
 それにしても……、コブラツイストでギブアップを取るだと?
 小学校の休み時間のプロレスごっこでもなかなかギブが取れない技なのに……、我が娘ながら末恐ろしい才能だ、“間接技の悪魔”の愛称も伊達じゃない。
 関節技は練習で何千回も何万回も技をかけたりかけられたりして習得していくものだが、それをなんとなくでやってのけてしまうところが猫仮面のすごいところだ。
 来月から始まる女子タッグマッチトーナメントでも豹仮面と猫仮面の姉妹タッグ『キャット・ファイターズ』が旋風を巻き起こしてくれるだろう。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン
アドセンス

新着作品