1. トップページ
  2. 飛行機にのりたがらない母

葵 ひとみさん

「フーコー「短編小説」傑作選8」にて、 「聖女の微笑み」が出版社採用で、出版経験があります。 第114回 時空モノガタリ文学賞 【 パピプペポ 】最終選考を頂きました。 第116回 時空モノガタリ文学賞 【 裏切り 】最終選考を頂きました。 心からありがとうございます。 感想、心からお待ちしています^▽^ Twitter @Aoy_Hitomi

性別 男性
将来の夢 毎日を明るく楽しく穏やかにおくります。
座右の銘 白鳥の湖、努力ゆえの優雅さ――。

投稿済みの作品

0

飛行機にのりたがらない母

16/09/26 コンテスト(テーマ):第119回 時空モノガタリ文学賞 【 お笑い 】 コメント:0件 葵 ひとみ 閲覧数:625

この作品を評価する

 私は、倉敷市に在住しながら、東京のMen`s雑誌の女性編集長もこなしている

金澤愛弓(かなざわあゆみ)、28歳、普段は地元の総合病院で診療放射線技師をしながら、

編集長もこなしている。


私の専業主婦の母、由美子は6月21日の太陽の日――夏至の日に生まれた――

それゆえか?

母にはゆきたい場所が地球で二つある、

太陽を守護するミカエルのお告げで建築された修道院、フランスのモン・サン=ミシェル。

それと、

太陽の神殿、古代インカ帝国の遺跡マチュピチュ

しかし、

母親の脳内変換では「飛行機→鉄の塊→落ちる」なのである。


お客様の笑顔でささえられて飛行機は今日も無事に飛んでいることをうちの母はまだ知らない――




コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン