1. トップページ
  2. 迷作パピプペポ劇場 episode7.3214

光石七さん

光石七(みついしなな)です。 子供の頃から空想(妄想?)が好きでした。 2013年から文章化を始めました。 自分では気付かないことも多いので、ダメ出しを頂けるとありがたいです。

性別 女性
将来の夢 可愛いおばあちゃん
座右の銘

投稿済みの作品

7

迷作パピプペポ劇場 episode7.3214

16/08/15 コンテスト(テーマ):第114回 時空モノガタリ文学賞 【 パピプペポ 】 コメント:7件 光石七 閲覧数:1047

この作品を評価する

 国境の長いトンネルを抜けるとパピプペポだった。
「着いた……!」
パピプペポは歓声を上げた。車窓から見えるのは紛れもない夢の国だ。長旅の疲れも吹き飛んだ。
「着いたぞ! パピプペポに着いたんだ!」
「着いたのね! 私、貴方とここで生きていくのね!」
パピプペポの隣に座る恋人も興奮している。
「ああ、パピプペポのパピプペポによるパピプペポのためのパピプペポ! もう差別されることはないんだ!」
パピプペポは恋人を力いっぱい抱きしめた。

 親譲りのパピプペポで子供の時から損ばかりしてきた。パピプペポであるというだけでどれほど辱められ、虐げられてきたことだろう。
「天才とは一パーセントのひらめきと九十九パーセントのパピプペポさ」
そう嘯く父が、パピプペポは嫌いだった。どう粋がったところで所詮パピプペポであり、天才どころか全ての能力が人並み以下、母の稼ぎに依存して毎日ブラブラしている男の言葉に説得力は皆無であり、そんな言葉に希望を感じるはずもなかった。
 パピプペポはパピプペポであることを隠して生きようと思った。十五歳で故郷を離れ、名前と出自を偽って働き始めた。しかし、半年後に素性を知られ、後ろ指をさされるようになった。パピプペポは別の町に移り、新たな名を騙って職を得たが、そこでも十か月ほどでパピプペポであることが露見し、誹りを受けた。次の町では三か月でパピプペポだと罵られるようになった。その次の町でも、またその次の町でも同様だった。どんなに隠して生活していても一年も経たぬうちにパピプペポであることを看破され、皆から差別される。最初は優しく親切にしてくれた者でも、パピプペポだとわかった途端、手のひらを返したようにパピプペポを嘲り、蔑む。そのたびに悲嘆するパピプペポだったが、今さら故郷には戻りたくない。たとえ一時的であってもパピプペポであることを忘れて暮らせるほうがましだと考え、町から町へと渡り歩いた。
 ある町でパピプペポは一人の娘と恋に落ちた。町の顔役の娘で、可憐で気立てが良かった。今まで味わったことのない甘美な至福のひととき。パピプペポだと知られるまでの束の間の恋だとわかっていても、恋人の優しい笑顔と温もりはパピプペポを惹きつけてやまなかった。
 やがて、その町でもパピプペポをパピプペポだと糾弾する者が現れた。
「おお、パピプペポ! 貴方はどうしてパピプペポなの?」
泣き叫ぶ恋人を前に、パピプペポは夢から覚める時が来たと覚悟した。
「お父様もお母様も貴方とは別れろって……」
「……隠しててごめん。僕はこの町を出るよ。今までありがとう」
張り裂けそうな胸の痛みを懸命に取り繕い、パピプペポは恋人に別れを告げた。
 ところが翌日、パピプペポが町を出ようとしていると、恋人がトランク片手に追いかけてきた。
「私も連れてって」
「でも、ご両親が……」
「縁を切ったわ。私のためと言いながら、結局自分たちの体裁しか気にしていないのよ。私の幸せは私が決めるわ」
「だけど……」
「私、やっぱり貴方がいないと生きていけない。貴方がパピプペポでも乞食でも構わない。貴方だから、貴方が好きなの。貴方の傍にいたいの。貴方が行く所なら、どこでもついていくわ。貴方の喜びも悲しみも苦しみも全部分かち合いたいの。それが私の幸せだから」
二人は固く抱き合った。
 二人は新たな町でアパートを借り、共に暮らし始めた。互いに働きながら支え合い、愛を語り合う。つましくも幸せな日々だった。
 しかし、やはりパピプペポがパピプペポであることが公になり、蔑まれるようになった。
「一体どこで暮らせばいいんだろう……」
予想はしていたが、恋人まで中傷される様を目の当たりにし、パピプペポは心を痛めた。どこに行ってもこういうことがついて回るのだ。場合によっては恋人が危害を加えられることもあり得る。
「大丈夫、なんとかなるわ。明日は明日のパピプペポよ」
傷ついているはずなのに微笑んでみせる恋人が不憫だった。同時に大切な人を守れぬ己のふがいなさを痛感した。
 次の町に向かう途中、パピプペポたちは旅商人から聞いた話に驚愕した。はるか東方にパピプペポの国があるというのだ。国民はほぼ全員パピプペポ、国の名前もパピプペポ。パピプペポに対する差別は無論無い。
(夢のような国だ……!)
パピプペポたちは行き先を変更した。

 二人のパピプペポでの生活が始まった。確かにパピプペポが虐げられるようなことはなく、パピプペポ同士が助け合い、労り合いながら暮らす国だった。だが、パピプペポではないパピプペポの恋人は、常に嘲笑と罵声に晒された。
「パピプペポでなければ人に非ず」
正面切って言う者もいた。パピプペポは恋人の盾になろうと努めたが、恋人は精神を病み、自ら命を絶った。
 パピプペポの行方は、杳として知れない。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

16/08/21 たま

光石 七さま、拝読しました♪

えっ? アンハッピーで終わるの? つらいなぁー。
でも、この物語はパピプペポの真実を描いています。そんな気がします。
社会って怖い。でも、それを乗り越えなければ生きてゆけない。
パピプペポの半生に幸あれと祈ります。

16/08/26 光石七

>たまさん
コメントありがとうございます。
元々はアンハッピーエンドにするつもりはなく、
@固有名詞を全て「パピプペポ」で貫く。
A名文・格言等の一部を「パピプペポ」に置き換えた文章をつないで話を作る。
この二点に留意して、くだらないけれどクスッと笑っていただける話にするつもりだったのですが…… 何故か重苦しくなってしまいました。
でも、深く感じ取っていただけたものがあったようで、ありがたく思います。
少しでも楽しんでいただけたのでしたら、幸いです。

16/09/01 そらの珊瑚

光石七さん、拝読しました。

ところどころによく知られたフレーズのパロディがあってにやりとしました。
一見ナンセンスコメディのようであり楽しいのですが、
実は深いものを描いているところがうまいなあと思います。

16/09/04 光石七

>そらの珊瑚さん
コメントありがとうございます。
実験的なことをやろうとしたものの中途半端になってしまった感があったのですが、いい方向に受け止めていただき、恐縮です。
教養も技量も、己の底の浅さを痛感しております。
少しでも楽しんでいただければ幸いです。

>海月漂さん
コメントありがとうございます。
元々話の展開はあまり考えておらず、全固有名詞のパピプペポ化と名文・格言等のパロディのリレーで自ずと何か笑える話になるのではないかと書き始めたのですが…… 己の教養不足・技量不足で中途半端な急展開になってしまいました。
ラストは、『羅生門』のフレーズを持ってきたのが大きかったかもしれません。できれば『走れメロス』の冒頭も使いたかったなあ……って、すみません、自分への愚痴でした。
楽しんでいただけたのなら、うれしいです。

16/09/06 葵 ひとみ

光石 七さま、

拝読しました(^^*)

最初が、 川端康成先生の雪国でしょうか?(^^*)

>「天才とは一パーセントのひらめきと九十九パーセントのパピプペポさ」

トーマス・エジソンかな?(^^*)

全体的には、松本清張先生の「砂の器」を軽快にしたような印象を受けました(^^*)

迷作パピプペポ劇場 episode7.3214はどうゆう意味なのでしょう(^^*)

パピプペポの民とパピプペポじゃない民との和解の日は果たしてくるのでしょうか(^^*)

16/09/08 光石七

>葵 ひとみさん
コメントありがとうございます。
引用元(?)はお察しの通りです。名文や格言のパロディを散りばめてみました。
『砂の器』ですか……。そんな大作を連想していただけるとは、恐縮しきりです。
タイトルの『迷作パピプペポ劇場』は、「名作からフレーズをお借りするけれど、これ絶対『名作』には仕上がらないよね。『迷作』だよね」と、割と早い段階から思いついていたものです(苦笑)
『episode7.3214』は、自分のペンネームから遊びで付け加えました(苦笑)
パピプペポの民もパピプペポではない民も、お互い差別せずに仲良くできればいいのですが。人間は差別したがる生き物なのかもしれません。
楽しんでいただけたのでしたら、うれしいです。

ログイン