1. トップページ
  2. 何かが無くなる日

みやさん

写真と物語の融合、写真物語家を夢見ています。 マイペースで更新中。Twitter➪@miya_ayim

性別 女性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

1

何かが無くなる日

16/08/01 コンテスト(テーマ):第114回 時空モノガタリ文学賞 【 パピプペポ 】 コメント:0件 みや 閲覧数:752

この作品を評価する

今日の授業は算数。大きなスクリーンにたくさんの数字たちが映し出された。2×5、3×6、4×7…

「ではこの問題を、パピプペポシステムに入力して答えを求めなさい」
担任の綺麗な女の先生がぼくたちに指示を出して、ぼくたちは先生の指示通りにパピプペポシステムのタブレットの液晶画面にタッチペンでスクリーンの問題を書いて答えを求め始めた。タッチペンだから鉛筆のように先が丸まっていて書きにくい事も無いんだ。液晶画面だから間違えても消しゴムでゴシゴシ消す必要も無い。だって指でなぞれば間違えは直ぐに消えるんだから。

小学三年生のぼくたちが今、小学校の授業で使用しているシステム。パッと書いてピッと消せてプッと面白くペッとめくれてポッとひらめく、通称パピプペポシステムの導入によってぼくたち子供たちは、えんぴつをえんぴつ削りでガリガリ削る事や消しゴムでノートをゴシゴシ消す事やめくりにくい教科書のページをめくる作業から解放された。作業から解放された、というよりもそもそもえんぴつや消しゴムやふでばこや教科書やノートが必要無くなった。パピプペポシステムのタブレットとタッチペンさえあれば良いのだから、ぼくたち子供たちは昔の人たちみたいに重いランドセルに重いふでばこや教科書を詰め込んで毎日小学校に通う必要が無くなったんだ。手提げカバンにタブレットとタッチペンだけ入れて登校出来るなんて、なんて楽チンなんだろう!

ぼくのパパもママもぼくの事を羨ましがっている。パパは言う。パパが小学生の時は毎日鉛筆を削って…ママも言う。ママが小学生の時は毎日重いランドセルを背負って…

ぼくたちはそんな苦痛から解放されたんだ。パピプペポシステムを開発した人たちはきっと毎日鉛筆を削って重いランドセルを背負って小学校に通うのがすごく嫌だったんだろう。先生から配られる大切なお知らせのプリントをパパやママに渡しそびれたりする心配だって無い。全てパピプペポシステムにインプットされているんだから、無くす心配だって無い。だけど…パパやママに見られたくない悪い点数を取ったテストの結果を隠す事が出来ない…無くした、なんて言い訳だって通用しない。これってかなり厄介かもしれない。だってパパやママは悪い点数を取ったテストのプリントを隠したり、無くしたふりをしてたんでしょ?それってすごく好都合かもしれない。

今では鉛筆や消しゴムやふでばこやノートが必要無くなって生産されなくなったけれど、パパやママはインターネットで鉛筆や消しゴムやふでばこやノートを検索しては、鉛筆が一本三千円もするのか!消しゴムは一つ千五百円よ、とオークションを眺めては溜息をついている。必要が無いから無くなったのに、それを求めるなんて何だか変だよね?必要無いって思ってたんだよね?無くなれば良いって思ってたんだよね?だから無くなったのに。インターネットオークションの画面を見つめてママが呟いた。今度は何が無くなるんだろうー

大きなスクリーンに映し出されたたくさんの数字たちを、ぼくたちがパピプペポシステムの画面にタッチペンで入力し、その問題をぼくたちがそれぞれに解き終えるとそれぞれの画面に答え合わせが表示される。パパやママが子供だった昔みたいに黒板っていう大きなスクリーンに問題の答えを書かされて、皆んなの前で間違いを指摘されるなんていう恥ずかしい事もないんだ。初めて授業参観に来た時パパやママはビックリしてたけどね。

今日の授業が終わった帰りの会で、担任の女の先生が皆んなに知らせる。
「今日は大切なお知らせがあるので、学校から帰ったら必ずお父さんやお母さんにパピプペポシステムのお知らせ画面を見てもらって下さい」
皆んなは返事をしない。だって担任の女の先生はアンドロイドなんだから、返事や挨拶なんて必要無い。パピプペポシステムのタブレットとタッチペンを手提げカバンに入れてサッサと教室から出て行く。ぼくだってもちろんそうだ。だって先生はアンドロイドなんだから。先生は続けて何かを言っていたけれど、誰も聞いていない。

「パピプペポシステムのバージョンアップに伴い、来月から学校に登校する必要が無くなりました。全ての教科のパピプペポシステムによる授業が可能になったのです。音楽や美術や体育の授業も問題ありません。アンドロイドによる指導で、リアルな授業を自宅で体感出来ます。パピプペポシステムが学校そのものになるのです」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン