1. トップページ
  2. 桜はひらりと舞い上がる。

雨野 涙さん

こんにちは。 comicoと野いちご中心に活動してます。 comicoでは雨ノ涙、野いちごではりぃやん。

性別 女性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

1

桜はひらりと舞い上がる。

16/07/18 コンテスト(テーマ):第113回 時空モノガタリ文学賞 【 ダンス 】 コメント:0件 雨野 涙 閲覧数:442

この作品を評価する


僕は息をするのも忘れるくらいに釘付けになっていた。
それくらい彼女のダンスが美しかったからだ。


大学の友人と美術館に行く約束をしていた僕は、待ち合わせ場所である公園へと歩を進めた。
公園の隅には満開の桜の木が一本ある。毎年、そこで花見をする人も少なくない。
が、今日は誰も花見をしていないようだ。
その代わりに桜の木の下で、一人の少女が踊っていた。

僕は息を飲んだ。
ダンスの知識なんて少しもないけれど、美しいと思った。

ひらりと散っている桜の花びらが、彼女のダンスをさらに引き立てている。
時折吹く風が、彼女の着ている真っ白なワンピースをフワリと揺らす。
それと同時に花びらが舞い上がり、彼女はくるりと一回転した。


僕にはそれが、桜の花びらと遊んでいるようにも見えた。


ひらりひらりと舞う花びらと、フワリと揺れるワンピース。
彼女の黒くて長い髪さえも美しく踊っているようだ。


ただ一つ僕は不思議に思ったことがある。


なぜ、彼女は涙を流しながら踊っているのか。
気づくと僕は彼女に声をかけていた。

「どうして、泣いてるの?」

僕はなぜ声をかけてしまったのだろう。
怪しいやつだと思われただろうか。

彼女は踊りを止め、大きな瞳で真っ直ぐに僕を見ていた。

「嬉しいから泣いてるの」

彼女は透き通るような声で静かに、でも確かにそう言った。

「嬉しいのに泣いてるの?」

嬉しかったら普通は笑わない?と僕は彼女に問いかける。
すると彼女は首を横に振りこう言った。

「私、笑えないの。泣くことしかできない…生まれた時からそうなってる。でもね…」


彼女は桜の木を見上げ、くるりくるりとステップを踏んだ。


「今日はいいの。笑ってもいいの。最後だから…今日がこの木の下で踊れる最後の日だから」

笑った。泣きながら綺麗に笑った。つられて僕も笑う。
もっと、ずっと見ていたい。
彼女のダンスを、踊っている姿をずっと見ていたい。

今日初めて彼女と会ったのに、僕は彼女に恋をした。
彼女のダンスに、涙に、声に、笑顔に…恋をした。

名前が知りたい。彼女の名前を僕は聞いてみたい。

「…君の名前を聞いてもいいかな?」

僕がそう言うと、彼女は頷く。
ドクンドクンと心臓がいつもより激しく動いているのがわかる。
名前を聞くだけなのに、僕の中には今まで味わったことのない感情で溢れている。

そして彼女の口を動きかけた瞬間…


「遅くなってごめんな!」

約束していた友人が来てしまった。
タイミング悪いなぁ、と思いながらも友人の方に顔を向ける。

「いやぁ、時計壊れてたんだよ。起きたら約束の時間でさ、ほんとびっくりしたよ!」

アハハハ、と友人は一人笑っている。
何がおかしいのか僕にはわからないが、今回は友人が遅れてきたおかげで彼女に出会えた。だから、許すよ。

「じゃあ、早く行こうぜ。急がないと時間ない」

「ちょっと待って」

急かす友人に、僕は言った。

「まだ、名前を聞いてないんだ。彼女の名前。」

「誰のだよ?」

「そこにいる彼女だよ…あれ?」

桜の木の下にはもう彼女はいなかった。

「さっきまでいたのになぁ」

もう帰ったのかな…名前、聞けなかったな。
少し残念な気持ちを抱えながら、友人と美術館へ行った。


「俺ね、お前に見てほしい絵があるんだよ。俺のお気に入りなんだ」


友人は何回かこの美術館に来たことがあるらしい。


「桜の木と少女ってテーマなんだけどさ。すごい綺麗な絵なんだよ!特に白いワンピースを着た女の子が泣きながら踊ってる姿が綺麗でさ!」


僕は耳を疑った。
友人がしているのは今から見る絵の説明。
でも、それは僕がさっき出会った少女そのものだ。
桜の木、白いワンピース、泣きながら踊っている…。

まさか、と思った。

「…その絵が描かれた場所ってわかる?」

「えーと、たしか…あ、さっきの公園だよ」

その時、ちょうど絵の前に着いた。

「えっ!」

驚きの声を上げたのは友人だ。
なぜ友人が驚いたのか、僕は絵を見てわかった。

絵の中の少女が笑っているからだ。

さっきの友人の説明では「泣きながら踊っている姿」と言っていた。
けれど、少女は笑っている。
ふと、僕は友人に問いかける。

「最後って…今日が最後って何のこと?」

友人は絵を見上げる。

「この絵、今日の夜燃やされるんだ。今日みたいにたまに絵が変わってるんだよ。…それを呪いだなんだって言う奴がいてさ」

俺はそこが好きなのに、と友人は悔しそうに言った。
そうか、だから今日が最後なんだ。

僕は作品名を見る。
テーマ・桜の木と少女 作品名・舞

僕の頬に一筋、涙が溢れた。

舞、それが君の名か。


…さようなら、舞。
僕が好きになった人。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン
アドセンス