1. トップページ
  2. 白と黄と

割り箸さん

物語制作初心者です。 趣味が滲み出た作品を作ります。 受験生なので投稿はまちまちです

性別 女性
将来の夢 趣味に時間を使える職
座右の銘

投稿済みの作品

8

白と黄と

16/05/03 コンテスト(テーマ):第108回 時空モノガタリ文学賞 【 甘夏 】 コメント:4件 割り箸 閲覧数:775

この作品を評価する

ナイフを手に取りめりめりと皮を剥いた。
「食べん?」
「ちょーだい」
ベッドテーブルの上に私が並べた黄色を見た知子は、ちょっとお礼を言ってすぐ、口にそれを詰め込んでいた。真っ白な部屋に輝く黄金。

知子はバカだ。
練習試合の帰り道だったのでボーッとしていたらしい。そりゃ車にぶつかるわけだ。
「全治はどれくらい?」
「はんひゅーかん」
「飲み込んでからでよかよ」
口いっぱいに含んでいるため、私にも香りが伝わってくる。
初めてのキスはレモンの味なんて言うけど、これくらいの甘みはあっても良いのでは無いだろうかとふと思った。
んぐ、と知子は全部喉に通して喋る。

「3週間だってさ」
「ふぅん」
「でも、大事になんなくてよかったよねー、私ホント、九死に一生を得たってカンジ」
「こっちのセリフたい、そりゃ」
「…これ、めっちゃおいしいね。甘苦い。甘夏?」
「お母さんからの差し入れ。飽きるくらい買って来とったけん、好きなだけ食べていいよ」
「マジで?めっちゃ嬉しい。後で美紀のお母さんにお礼言っといて」

本人曰く脚とお尻のあたりの骨をやってしまったらしい。
そのため簡単には動けずトイレやお風呂も精一杯だと愚痴をこぼしていた。自業自得だ。
その代わり、手だけでもなまらないようにと脇にはバスケットボールを置いている。
「そういや美紀、こないださ、バスケ部の友達もいっぱい来てくれてね」
「へえ、良かったじゃん」
「聞いてよそれがさぁ、騒ぎすぎてナースに怒られてやがんの、みんな」
「あのメンツが揃えば仕方ないね」
「仕方ないのかなぁ」
「だって騒がしい奴らばっかりじゃん。千捺に、加奈子に、千歳に、知宏に、明人…」
「…知宏は来てないよ」
「ああ、ごめん」
そう言うと、私が剥いたものを全部投入し、頬張った。咀嚼音だけが響く。

「おかわりあるよ」
そう言うと知子は勢いよくうなづいたので、私はもう1度袋から新しいものを取り出して、ナイフを通した。あまり簡単には通ってくれないものだ。
「…私、部活入ってないけん分からんけど」
知子は、こくりと頷く。ナイフが皮を切り裂いていく。
「やっぱり治った後も体なまったりするものなん?」
次は、少し眉間にシワを寄せて頭を縦に降る。そりゃあ、もう、大変よ。と言っているらしい。失敗した。汁がスカートに垂れた。
「アンタがバカなのがいかん」
こっち見た。
小突こうとしたらしいが、私の手にはナイフがあるので何も出来ないらしい。
「そーいやさ」
めりめりと手の中で音が立つ。
「知宏、男バスやめるって」
ぶちりと全部剥けた。
「なんで」
「分からん」
知子はまたもや口に詰め込んだ。第三次だ。
呼吸ができないんじゃないかって思うくらいぎゅうぎゅうに入れ込んだ。
くちゃり、くちゃりと音が鳴る。
彼女の口の中で、薄い膜に閉じ込められた1粒1粒が弾けて死んでいる。

「アンタの居らんうちに、色々あったとよ」
バスケットボールが床に転がり落ちて、跳ねる。
「ごめん」
私はそれを拾わなかった。
「じゃあ、そろそろ帰るよ。また明日も来るけん」
ゴミ袋には、死んだ黄金の残骸が残されている。
「ん」
知子は頬を張ったまま、目だけ笑って私に手を振った。

初めてのキスはレモンの味なんて言うけど、本当は、これくらいの苦さは持っているものだろうと、私は思う。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

16/05/09 クナリ

甘酸っぱさだけでなく、苦味も用いて心のやり取りを捉えられたのですね。
短い会話の中に独特の緊張感があり、面白かったです。

16/05/26 割り箸

>クナリさん
コメントいただき恐縮です!
甘苦みがあってこその甘夏だと思いまして…
伝わってくれたようで、ありがたいです!!

16/06/07 泉 鳴巳

拝読致しました。
一見すると学生同士の爽やかな場面なのに、皮一枚下には苦くてぐちゃぐちゃしたものが見え隠れしていて、思わず読み返したくなる作品でした。
若さの象徴のような中高生たちの話に、死という単語が繰り返し出てくる点も印象的です。
また、「初めてのキスは〜」のくだりを二箇所に配置するのも巧いなあと思わず唸ってしまいました。
私の語彙力のなさゆえに感じたことをそのまま伝えられないのがもどかしいですが、本当に素晴らしい作品でした。

16/06/09 割り箸

上部の空コメントはミスです、申し訳ありません

>>泉 鳴巳さん
お褒めの言葉、恐縮です!
10代の深層心理はかなり大変ですよね
友達だと思ってるけど心の奥底では少しのモヤモヤとした気持ちもあったり…
そんなところが表現できてたらいいな〜と思って制作した次第です
本当にありがとうございます

ログイン