1. トップページ
  2. ギャンブルなんてやりません ―徒然なるままに駄文―

光石七さん

光石七(みついしなな)です。 子供の頃から空想(妄想?)が好きでした。 2013年から文章化を始めました。 自分では気付かないことも多いので、ダメ出しを頂けるとありがたいです。

性別 女性
将来の夢 可愛いおばあちゃん
座右の銘

投稿済みの作品

12

ギャンブルなんてやりません ―徒然なるままに駄文―

16/02/29 コンテスト(テーマ):第102回 時空モノガタリ文学賞 【 ギャンブル 】 コメント:13件 光石七 閲覧数:915

この作品を評価する

 困った。今回のテーマは【ギャンブル】である。まあ、毎テーマ何かしら頭を抱えてはいるが、それはさておき。
 ギャンブル、ねえ……。夜な夜な愛猫ちーちゃんを強引に布団に引きずり込んで手籠めにし、遊びに来た甥っ子姪っ子におやつのおすそ分けをねだる品行方正な私には、全く以て無縁である。これほど私に縁の無いものがあろうか。……いや、それを言うなら『結婚』や『モテ期』のほうがはるかに縁遠い。この世に生を受けて三十ウン年、一向にその気配はない。数年前にみてもらった占い師には、今後も三、四十年は恋愛運が低迷気味で結婚は五十年後と言われた。「来世に期待しましょう」と言われなかっただけマシなのだろうか……? ――ああ、そんな虚しい話は隅に置いといて。
 私は競馬も競艇もパチンコもやらない。宝くじすら買わない。カジノなんて一生足を踏み入れることはないだろう。せいぜい子供の頃、『人生ゲーム』の『人生最大の賭け』でオモチャのお金を賭けてルーレットを回したくらいだ。十中八九、否、それ以上の確率で捨て銭になる行為の魅力がさっぱりわからない。お金を出す気にならない。もちろん自身の責任において楽しんでおられる方々を非難するつもりはなく、私が個人的に面白味も有益性も感じないというだけであるが、もし自分の恋人の趣味が競馬やパチンコだと知ったら少なからず気持ちが冷めそうな気がする。……その前に、お前彼氏いない歴何年だよって話ですね。ええ。


 しかし、思い返してみると、昔から“賭ける”という言葉自体に抵抗を覚えていたような気がする。
「言ったな。じゃ、賭けるか?」
「絶対ね? 命賭けれる?」
小学生の頃、友達や同級生の男子がそんな台詞をよく口にしていたが、私はそれを聞くたびにどこか不快な気分になった。せっかく仲間内でワイワイ喋っていても、その台詞が出てくると一気に心のトーンが下がり楽しさが半減した。場の空気を読んで、言葉や表情には出さなかったけれど。何故と問われても返答に困るし、その時の心情をうまく説明することもできないが、漠然とながら軽々しく扱ってはいけない言葉・行為だという意識があったのかもしれない。中学、高校と上がると、この手の台詞を聞く機会はめっきり減った。成長するにつれ、皆いろんな重みがわかってくるからだろうか。特に命なんて、やたらめったら賭けていいものじゃない。大人になってもそういう自覚が無く小学生のノリのままだったら怖いし、絶対引くわあ。
 ……あ、でもそういう人、落語とかの小話に出てきそうかも。

◇  ◇  ◇

 日頃の暮らしの中で何かと周りに賭けを持ちかける長屋住まいの留七。誰かが「明日は雨だな」と言えば、「いーや、明日は晴れだ。賭けるか? 晴れたら俺に二十文払えよ」とのたまう、といった具合だ。
 ある日、同じ長屋に住む甚八が裏の木の根元に見たことのない茸が生えているのをみつけた。
「派手な色だな。こりゃ食えねえだろ」
通りかかった留七、当然の如く甚八に賭けを切り出す。
「俺は食えるほうに賭ける」
甚八も賭けは嫌いじゃない。五十文を賭けることで話はまとまった。
「じゃ、さっさと確かめようや」
そう言うや否や、留七は茸をもぎ取った。そして焚火の火でさっと炙り、口に放り込んだ。甚八が止める暇もなかった。
「なかなか美味かったぞ」
そういって笑った留七だったが、急に胸を押さえて苦しみ出す。慌てて甚八が医者を呼びに行ったが、医者の到着を待たずして留七は息を引き取ってしまった。
 その夜、悲しみに暮れる甚八の前に留七の霊が現れた。
「俺、ちゃんと食えただろ? 五十文よこせ」

◇  ◇  ◇

 ……いろんな意味でひどいな。私に落語を作ることはできないとよくわかった。この案を二千字の話にして書こうかとチラッとでも思ってしまった自分が恥ずかしい。ちなみに、ググってみたけれど類似した話はみつからなかった。


 そんなこんなで(?)徒然と書いてみたが、考えてみれば、素敵な書き手様方の素晴らしい作品がひしめく中にこんな駄文を投稿しようとは、我ながら勇気があるというか無謀というか……。その意味では、私もなかなかのギャンブラーなのかもしれない。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

16/03/05 冬垣ひなた

光石七さん、拝読しました。

光石さんの私生活が垣間見える軽妙な文章で、楽しかったです。
賭けごとは話の種程度にはやった事はあります。
でも勝ったことがなくて……だからハマらなかったのかもしれませんね。
小話面白かったですよ。色んな才能をお持ちで羨ましい(*^_^*)

16/03/07 光石七

>冬垣ひなたさん
コメントありがとうございます。
軽妙で笑える文章を目指したものの、いざ書くとなると難しく……
さらりと書ける方が羨ましいです(もしかしたら陰でご苦労はあるのかもしれませんが、それを感じさせないのはすごいと思います)。
膨らませ方も不十分ですし、小話もイマイチだと思っていましたが、楽しんでいただけたならうれしいです。

>小狐丸さん
コメントありがとございます。
まさか小話から考察してくださるとは。賭けの金額の程度も含めて詰めの甘さや内容のひどさが露呈していますし、深く考えて書いたわけではないので(苦笑)
全体のオチだけは最初から決まっていましたが、できればもう一つ、二つ話題を繋げて膨らませて書きたかったですね…… 技量不足で、申し訳ないです。
少しでも楽しんでいただけたなら、幸いです。

16/03/09 滝沢朱音

この落語、オリジナルなのですか?おもろいやん!(急に関西弁でスミマセン)
これで2000字バージョンも読みたい!笑 機会があればぜひぜひです。

私も投稿するとき、いつもそんな気分で投稿ボタン押してます。ギャンブラー仲間〜!

16/03/09 光石七

>滝沢朱音さん
コメントありがとうございます。
作中の落語もどき、おもろいですか? 強引だし穴だらけだと思っていましたが、好意的に受け止めてくださり、戸惑っております。
2000字バージョン…… 肉付けして書くなら、時代考証とか設定とか落語のこととか、しっかり調べたほうがいいでしょうね。光石の頭で理解・整理できるか、はなはだ疑問ですが(苦笑)
投稿した自作がどう評価されるか、というのも一種の賭けですよね。共感してくださり、うれしいです。

16/03/12 あずみの白馬

ギャンブルを「やらない」作者様でありながら、やっぱり人生、どこかでギャンブルをしている。これが見事につたわる秀作だったと思います。
「人生最大の賭け→開拓地」は、私の鉄板でした。

16/03/13 石蕗亮

拝読致しました。
自身の視点でのお話し、なるほどと思いながら読みました。
読みながら、まだギャンブルを知らなかった頃の自分を思い返してみましたが、私はギャンブルというよりラプラスを追っているのが楽しいので、今の私になるだろうと思いました。
作中で占い師の話がありましたが、結果だけを言って道を示さない占い師はヤブですよ。
恋は気がついたら起きているもんですし、いつ来るかなんて人それぞれですよ。

16/03/15 光石七

>あずみの白馬さん
初めまして。コメントありがとうございます。
私はお金を払うギャンブルはやりませんが、人生の分岐点とか日頃の些細な選択とかも広い意味ではギャンブルですね。
文章力も話の膨らませ方も足りず、お恥ずかしい限りです。
『人生ゲーム』って結構シュールですよね……。ゲームなんだけど、負けたり開拓地送りになったりすると、妙に凹んだ記憶があります(苦笑)

>石蕗亮さん
コメントありがとうございます。
思うことを好き勝手に書いて繋げた感じで、表現力も構成も不十分ですが、感じるものがありましたでしょうか。
占い師の見極め方(?)と恋の時期についてのアドバイスもありがとうございます。
作中では話を盛って自虐ギャグにしている部分もありますが(←スミマセン <(_ _)> )、希望を捨てることはないということですね。

16/03/15 泉 鳴巳

拝読致しました。
エッセイのように軽妙に綴られた文章で楽しんで読めました。
留七の小咄もとても面白かったです。対価を得ることよりも、賭けに勝つこと、ひいては賭け事自体を楽しむことが目的となっているような印象を受けました。

16/03/15 そらの珊瑚

光石七さん、拝読しました。
そういえば、小学生の頃「百万円賭ける」とか言ってた記憶が蘇り、
ギャンブラーにならなくてよかったと胸をなでおろしています(笑)元手もないしね。
落語はオリジナルなんですか? 有名な噺なのかと勘違いしてしまいました。
とっても面白かったです。

16/03/15 光石七

>泉 鳴巳さん
コメントありがとうございます。
楽しんでいただけたようで、何よりです。
そうです、留七は賭けという行為自体を楽しんでいるわけです。……というのは泉さんのコメントを拝見しての後付けで、深くは考えていませんでした(苦笑)
何故こんな小話ができたのか自分でもよくわからないのですが(苦笑)、面白かったとのお言葉、ありがたく思います。

>そらの珊瑚さん
コメントありがとうございます。
小学生ってやたら「賭ける」と言うし、賭ける金額とか物が大きいですよね(笑)
作中の拙い落語もどきを有名な噺と勘違いして下さるなんて、恐縮です。
楽しんでいただけたなら、うれしいです。

16/03/21 泡沫恋歌

光石七 様、拝読しました。

私もギャンブルは嫌いで、親戚にひとりパチンコで人生駄目にしちゃった人を知ってるだけに、
今回のテーマのギャンブルでは、どうかこうかと光石七さんと同じく悩みましたよ。

光石七さんのギャンブルについて、自由に書かれたお話とっても面白く、うんうんと頷くところも多かったです。
途中に挟んだ、落語がスパイスとして効いてますね。

16/03/21 光石七

>泡沫恋歌さん
コメントありがとうございます。
できればもう一つ、二つ話題を繋げてからラストに持っていきたかったですし、話の膨らませ方は足りないし、軽妙で笑える文章を目指したものの力量不足もいいところで……
こんな駄文を楽しんでくださり、共感までしてくださり、恐縮です。
作中の落語もどき、スパイスになってますか? 皆様に好意的に受け止めていただき、ありがたく思います。

ログイン
アドセンス