1. トップページ
  2. 温かい日差しの下で

霜月秋介さん

しもつきしゅうすけです。 日々の暮らしの中からモノガタリを見つけ出し、テーマに沿って書いていきます。

性別 男性
将来の夢
座右の銘 不言実行

投稿済みの作品

0

温かい日差しの下で

15/02/11 コンテスト(テーマ):第七十六回 時空モノガタリ文学賞 【 戦国武将 】 コメント:0件 霜月秋介 閲覧数:984

この作品を評価する

 冷たい…。頬に雨粒が触れるのを感じる。
 絶えず小刻みに耳を震えさせる、馬の駆ける音。それに混じり、火縄銃が放つ重い音、飛び交う矢の風切り音に、刃と刃が反発し合う音。それらの耳障りな音は、私の耳を容赦なく攻撃する。
 馬の上にあった私の体は、背後から襲った鋭い痛みの末落馬し、いつのまにか地面に仰向けになっていた。
 ひんやりとした地面に背中を当てて私は、ただ空を見ていた。
 私の上を覆う黒い雲が邪魔で、太陽が見えない。黒い雲から落ちてきた水滴の矢は、容赦なく私を攻撃してくる。
 あとどれくらい待てば、この雲は私への攻撃を止めてくれるのだろうか。どれくらい待てば、温かい日差しは私を照らしてくれるのだろうか。
 私は、黒い雲が消え去るのを願った。何度馬に身体を踏みつぶされようと、何人もの戦友が地面に打ちつけられようと、耐えた。その先にある温もりを求めて、次々に襲いかかる苦痛に私は必死に耐え続けた。
 そして幾度も馬に踏みつぶされた私の身体は、いつのまにか感覚を失っていた。冷たいという感覚すらない。耳障りな騒音も聞こえない。どうやら私は天にも見放されたようだ。
 もともと生まれたくて生まれてきたわけではない。私をこんな荒れ狂った戦乱の世に放った神を、私は憎む。
 もしまた生まれ変わることが出来たならその時は、愛する者と共に、戦とは無縁の地の下で暮らしたい。温かい日差しを身体いっぱいに受け止めてくれよう。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン