1. トップページ
  2. 連想ゲーム

白田まこさん

性別
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

0

連想ゲーム

12/07/09 コンテスト(テーマ):第八回 時空モノガタリ文学賞【 大分 】 コメント:0件 白田まこ 閲覧数:1595

時空モノガタリからの選評

最終選考

この作品を評価する

「なぁ、大分って言ったら何が浮かぶ?」
「県と人名どっちぃ」
「大分って言ったら普通は県だろ」
「そうかなぁ」
 横を向くと、大ちゃんは難しい顔して左手の指輪をいじっていた。
付き合って八年。同棲して五年。この指輪は付き合って五年目の記念日に買ったお揃いのもので、わたしの指にも同じものがはめてある。大ちゃんは最近何かとこの指輪をいじっている。
 わたしはテレビを見るのを止め、自分専用の猫のマグカップにお茶をついだ。ティーパックが入れっぱなしだったので、すっかり苦くなっていた。
「こないだ友人に『大分出身なんだ』って言ったら、『どこだっけそれ。何があったっけ?』だとよ。いろいろあんじゃねーかよ」ぶつくさと大ちゃんはぼやく。
「ふーん。それで大分県のイメージ調査をしたくなったというわけか」
「で、何が浮かぶ?」
 うーん、と首をかしげながら考えてみる。実はいうとわたしは大分に行ったことがない。だから大ちゃんの会話からでしか情報を得ていない。連想ゲームのように、頭の中で大分県、大分県と呟く。
「……うーん。九州、温泉。あー、こないだ大ちゃんのお母さんが送ってくれた柚子胡椒。あれ美味しかった。あれって確か名産品でしょ」
「あー」
「もぅ、わかってないでしょ」わたしは付け爪が当たらない様にスマホを操作した。直ぐに目的の物が見つかった。大ちゃんに画面を見せた。
「ほらこれ、やっぱ名産品って書いてある。これこっちじゃ全然見かけないんだけど。ネット販売もしてないし、大分県限定なのかな。また食べたいなぁ」
「かもな。おふくろに伝えとく。てか、温泉と柚子だけかよ。もっとねーの?」
「えー、あとは竹の子とか。あ、そーだ。大分県と言えばこれでしょ。大分合同新聞!」
「は?」
「昔ツイッタ―で話題になっててさ。もう毎日のように読んでんだぁ」
 わたしはスマホのブックマークから、大分合同新聞のミニ事件簿を開いて、大ちゃんに見せた。
 可愛いイラストと共に、これが新聞かっ! と思わせる内容の記事が載っている。
「……なんだよこれ。犬が逃げたとか、燕の巣が出来たとか。すげーのんきな記事ばっかじゃねーか! こんなん自分の日記にでも書いとけよ」
 そうなのだ。このミニ事件簿には、本当に何気ない日常のことが書かれている。イラストも内容に沿ってほのぼのとしたものになっている。
 わたしは得意げに「ふふん」と言って、胸を張る。この良さが分からないとはまだまだだ。
「この日常感が良いよ。つらい日とかでもさ。この記事見てるとなんかすっごく和むもん。わたしは大分行ったことないけどさ、これ読むと「あぁ、大ちゃんはこんな土地で育って。この記事の書かれた場所の近くで、大ちゃんのお母さんたちが暮らしてるんだぁ」って感じられるじゃん」
「でも、実際はこんな風にほのぼのしてねーぞ。事件だってそれなりに起こるしな。実際に行ったら理想と違うって言ったりしてな」
「そーかなぁ。そんな事いわないと思うよ。まぁ、行った事ないから断言はできないけど」
「なら」と大ちゃんが指輪をいじる。少しだけ顔をうつむけて、わたしに言った。耳が真っ赤だ。「……試してみるか。実際のとこ、直接見に来いよ」
「え?」
「かっ観光ついでだ! そうあくまでついで。実家に泊まれば宿代もかかんねーし、おふくろも、紹介しろって煩いし。そのー、俺たちもいい歳だしな。それを踏まえてだなぁ。あー、まぁお前が良ければなんです……が」語尾がどんどん尻すぼみになっていく。
「え? もしかして、それを言う為だけのあの前振り? 友人の話って嘘?」
「あれは実話だ」大ちゃんはわたしからマグカップを奪うと、中身を一気に飲み干した。「で?」と大ちゃんは聞いた。「で、どうなんだ」っと。
「ふふ、そうだね。いいんじゃないかな、わたし大分行った事ないし。丁度便利なとこに大ちゃんのご実家があるみたいですしねぇ」
「おぅ」
 わたしは大ちゃんに肩をぶつけながら、彼の顔を覗き込む。大ちゃんの顔はタコみたいな色をしていた。わたしは笑顔を抑えることができなかった。きっと頬がふにゃふにゃして変な顔しているだろう。
「覚えきれないくらい、いっぱい大分県の良いところ見せてよね」
「おぅ、任せとけ」
 付き合って八年。同棲して五年。
 この指輪が本物になる日も近いのかも知れない。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン