1. トップページ
  2. ホワイトアウト

霜月秋介さん

しもつきしゅうすけです。 日々の暮らしの中からモノガタリを見つけ出し、テーマに沿って書いていきます。

性別 男性
将来の夢
座右の銘 不言実行

投稿済みの作品

0

ホワイトアウト

14/12/29 コンテスト(テーマ):第七十二回 時空モノガタリ文学賞【 喪失 】 コメント:0件 霜月秋介 閲覧数:1102

この作品を評価する

  視界は白く覆われた。白い世界に一人だけ取り残された気分だ。左右に激しく動くワイパーは、今の私の心境をそのまま表しているようだ。 

私は今、どこを走っているのだろう?何を目指して車を走らせているのか、わからなくなった。
後ろの車が私を急かしているようだ。しかしいくら急かされようと、急ぐも何も私は目標を失った。白く恐ろしい魔物に消されてしまったのだ。


目標なき人間は、前に進むことができない。さ迷うだけだ。私は脇道に逸れて少しの間、吹雪か止むのを待つことにした。


目標の無い人生を過ごしてきた。何をしても長続きせず、次第に何に対してもやる気を失い、同じフレーズを何度も何度も繰り返す壊れたレコードのように、変わりのない毎日が繰り返された。

焦りはあった。このままではいけないとは思っていた。しかし思うだけで、行動には移せず今に至る。


いずれこの吹雪は止むのだろう。しかし、いつ止むのだろうか?時間だけが刻々と過ぎてゆく。

他の車は吹雪にもかかわらず、どんどん先へと進んでゆく。度胸がある連中だ。いや、私が臆病なだけなのか?



吹雪が止んだ。しかし脇道に逸れた私は、簡単に車の列に入れない。割り込む隙が見当たらない。

白い魔物になど臆せず真っ直ぐ、道を外さずに走っていれば、今頃はもう目的地に着いていたのかもしれない。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン