1. トップページ
  2. 隣りの小豆洗い

みやさん

写真と物語の融合、写真物語家を夢見ています。 マイペースで更新中。Twitter➪@miya_ayim

性別 女性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

6

隣りの小豆洗い

14/12/18 コンテスト(テーマ):第七十三回 時空モノガタリ文学賞【 隣室 】 コメント:9件 みや 閲覧数:2143

時空モノガタリからの選評

お隣のおばあちゃんと「僕」との関係がとても素敵でした。彼女の存在がどれほど「僕」の助けになったことでしょう。彼らは年齢の違いを超えてお互いに支え合っていたのでしょうね。かわいい「お化けの歌」を歌う二人の姿にとても癒されました。面白かったです。

時空モノガタリK

この作品を評価する

高校受験を間近に控え受験勉強という名目の夜更かしをしている僕の耳に、お隣の家からまたあの音が聞こえてきた。

ショキショキ ショキショキ ザー ショキショキ ショキショキ ザー

また来てくれたんだ、と僕は嬉しくなって自分の部屋から飛び出した。

初めてその音を聞いたのは、お隣の家が引っ越ししてすぐの事だった。
お隣には80歳くらいのおばあちゃんと娘さん夫婦が住んでいたけれど、娘さんの旦那さんの実家がある隣町に先月引っ越ししてしまった。ぼくはお隣の家のおばあちゃんが好きだった。一緒に住んでいる僕の本当のおばあちゃんよりも。

僕の母さんはいわゆる出戻り、というやつで僕が小さい時に離婚してこの自分の実家に僕を連れて帰ってきた。僕の本当のおばあちゃんは、近所に恥ずかしいとか言ってあまり僕と母さんを歓迎してくれなかったけれど、お隣りのおばあちゃんはよく帰って来てくれたね、と小さな時から僕を可愛がってくれた。

保育園で覚えたお化けの歌を風呂場で大きな声で歌っていると、本当のおばあちゃんはうるさい!と怒ったけれど、お隣のおばあちゃんは優君が歌ってるお化けの歌面白いわ、おばあちゃんにも教えて、と言ってお化けなんてないさ、お化けなんてウソさ、と教えてあげると一緒に歌ってくれた。
「おばあちゃん、おばけ見たことある?」
「お化けは見た事無いけど、妖怪なら見た事あるわよ」
「ほんと!どんなようかい?」
「小豆洗いって言う妖怪。家の台所でショキショキ ショキショキ ザーって小豆を洗ってるのよ」
「こわいよ〜」
「怖くないわよ、可愛いよ」
そう言ってお隣のおばあちゃんは楽しそうに笑った。
小学校の運動会も自分の孫でもないのに見に来てくれたし、お年玉も毎年くれていた。お隣さんは孫がいないから、と本当のおばあちゃんは言ってたけれど、そんな事言うなと僕は思った。
僕が中学生になってからは部活や勉強で忙しくなってお隣のおばあちゃんに会う機会は減っていたし、更に引っ越してしまうなんて僕はショックだった。
優君いつでも遊びに来てね、と笑顔で挨拶して引っ越して行った隣のおばあちゃんは何だが前より小さくなっていた様な気がした。それを本当のおばあちゃんに話すと、あんだが大きくなったんでしょうと言って笑った。

それから一週間位してから、高校受験の勉強で夜更かししていると、引っ越ししたはずのお隣のおばあちゃん家から妙な音が聞こえてきた。

ショキショキ ショキショキ ザー ショキショキ ショキショキザー

僕は昔おばあちゃんが話してた小豆洗いの事を思い出してゾッとしたけれど、恐る恐る鍵が空いているお隣の家にそっと様子を見に行った。
台所を覗き込むと、お隣のおばあちゃんが居てお米を一生懸命研いでいた。少し背中が丸くなった小さなお隣のおばあちゃんはなんだか本物の小豆洗いみたいで僕は可笑しかった。
「おばあちゃん、何してるん?」
「優君遅くまで勉強頑張ってるからお夜食作ってあげようと思ってね。おにぎりで良い?」お隣のおばあちゃんが一生懸命研いでいるのは、お米ではなくて砂だった。
「おばあちゃん…ありがとうな」

僕はお隣のおばあちゃんを自転車の後ろに乗っけて隣町まで送ってあげる事にした。母さんは危ないからタクシーを呼ぼうと言ったけれど、本当のおばあちゃんはあんたが送ってあげなさいと言ってくれた。

二人乗りをしながら、僕はおばあちゃんあの歌歌おうよ、とあのお化けの歌を歌い始めた。お化けなんてないさ、お化けなんてウソさ、寝ぼけた人が見間違えたのさー
おばあちゃんも楽しそうに歌ってくれた。

それから二週間位、お隣のおばあちゃんは毎日やって来ては砂をショキショキ ショキショキ ザーと洗いながら、今夜は寒いから雑炊にしようか、炒飯にしようか、と僕の食べる事の出来ない夜食を楽しそうに作ってくれた。そして毎日自転車で二人乗りしながらお化けの歌を合唱した。
ある日、お隣のおばあちゃんが来ない日があった。その次の日にお隣のおばさんからおばあちゃんが心筋梗塞で亡くなったと連絡があった。お葬式に参列した僕にお隣のおばさんは優君ありがとうね、呆けちゃったおばあちゃんに付き合ってくれてと泣いていた。お世話になったんだから当然ですよ、ねぇ優。と本当のおばあちゃんは深々とお辞儀をした。

お隣のおばあちゃんが亡くなったのに、今夜またあの音が聞こえる。
ショキショキ ショキショキ ザー ショキショキ ショキショキ ザー
この音を聞くと懐かしくて温かくて優しい気持ちが胸いっぱいに広がる。
お隣のおばあちゃんのお化けなのか、本物の妖怪の洗い小豆なのか、僕にはそんなのはどっちでも構わなかった。





コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/12/19 霜月秋介

拝読しました。
読みながら、幼い頃に近所のおばあさんと遊んだ頃のことを思い出しました。
素敵なお話有難うございます。

14/12/20 みや

霜月 秋介 様

コメントありがとうございます☺︎

近所のおばあちゃんて本当に優しいですよね。

14/12/22 草愛やし美

みやさん、拝読しました。

隣室から聞こえる小豆洗いの音、興味ある話は、お化けも妖怪云々をも超えた奥に、おばあちゃんとの心の交流が描かれていてあったかいものを感じます。
亡くなった優しかったおばあちゃんを幼い主人公が偲ぶラスト、とても素敵だと思いました。面白かったです。

15/01/02 みや

草藍 様

コメントありがとうございます☺︎

お化けでも妖怪でも何でも構わなくて、ただおばあちゃんが存在していた事の証として、音が聞こえて来たことが純粋に主人公は嬉しかったんでしょうね。

15/01/12 みや

志水孝敏 様

コメントありがとうございます☺︎

あまりファンタジーは好きではないので出来る限りファンタジーぽくない様に仕上げたので
そう感じて貰えてとても嬉しいです。本当、現代の妖怪はすぐそばにいるのかもしれないですね!

15/01/13 光石七

拝読しました。
お隣のおばあちゃんとの交流に心が温かくなりました。
小豆(またはお米、砂)を洗う音が聞こえてくるようです。

15/02/01 みや

光石七 様

コメントありがとうございます☺︎

お隣のおばあちゃんという存在は現実でも本当に優しくて有難い存在ですよね。

15/02/09 滝沢朱音

読ませていただきました。おめでとうございます!
「ショキショキ ショキショキ ザー」がとても印象的でいいですね!
お化けなんてウソさの歌、真似してついつい歌いたくなりました。

ログイン