1. トップページ
  2. 好きな色はみどりとオレンジ

みやさん

写真と物語の融合、写真物語家を夢見ています。 マイペースで更新中。Twitter➪@miya_ayim

性別 女性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

1

好きな色はみどりとオレンジ

14/12/01 コンテスト(テーマ):第七十一回 時空モノガタリ文学賞【 不条理 】 コメント:4件 みや 閲覧数:1117

この作品を評価する

壁もカーテンも真っ白な部屋に少年の元気な声が響き渡る。

「好きな色はみどりとオレンジ!」
「みどりはどんな色かな?」
「ん〜と…葉っぱの色!」
「その色を見てどんな気持ちになる?」
「えっとね…優しい気持ちになる!」

医師はパソコンに向かって診察内容を打ち込みながら、次の質問をする。

「じゃあ、オレンジはどんな色かな?」
「太陽だよ!ぼくお絵かきする時に太陽をオレンジで描きたいけど…だけどクレヨンにはオレンジ色がないんだ…」
「そうだね。その色を見てどんな気持ちになる?」
「すごく元気になる!だけど…だけどクレヨンにはオレンジ色がないんだ。オレンジ色だけじゃない。みどり色も赤色も、青色も…何の色も無いんだよ…」

少年はシクシク泣き始めた。そんな少年を母親は優しく抱きしめ背中をさする。
「色が無い世界は本当につまらないね」
医師は少年に優しく声をかけ、泣き疲れた少年は母親の腕の中で眠ってしまった。

「息子さんは色覚正常者に間違いありません」
「…やっぱりそうだったんですね。息子には色がわかるんですね」
「はい。パソコンや携帯電話の電磁波により人間が色覚を失ってどれくらい経ったでしょうか?」
「私の両親は色覚異常者です。祖父も祖母もそうでした」
「私の両親も祖父母もそうですよ。昔は色覚異常者が珍しかったのに、今では色覚異常者が普通になっています。人間は世界から色を失ってしまった…便利さの為に自らが創り上げたものによって人間本来にあった色覚識別の能力を衰えさせる結果になってしまった。本当に馬鹿げていますね。だからクレヨンにたくさんの色が無い事は当然なのですが…色がわかる息子さんには何故クレヨンにたくさんの色がないのか理解出来ないのかもしれません」

母親は窓から見える空を見つめた。
「息子はいつも空や花を見て、綺麗だね、可愛いね、と私に言ってくれるのですが…私にはその色がわからないし、クレヨンに何故たくさんの色がないのかも上手く教えてあげる事が出来ないんです」
「私達は産まれた時から色覚異常者ですからね。モノクロの世界でずっと生きてきた。お母さんの苦しみも無理はありません。私達には色がわからないのですから。けれど、わからなくても色を感じてあげて下さい。私は息子さんと話していて色を感じる事が出来ましたよ」

はい、と母親は囁きスヤスヤと心地良さそうに眠っている少年の頭を優しく撫でた。
「この子の見る夢もきっと色のある夢なんでしょうね」
「本当に羨ましい、色がわかるなんて…見てみたいものですね、色のある世界を」





コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/12/06 霜月秋介

便利なものの普及で、失われていく物の尊さを改めて認識できる文でした。

14/12/18 みや

霜月 秋介 様

コメントありがとうございます☺︎

失ってから気付いても遅いので、色々なものを見つめ直す事が大切なのかもしれないですね。

14/12/19 坂井K

私たちはカラーの世界に生きていて、それを普段は意識することはないけれど、実は素晴らしいことなんだな……と改めて思いました。

14/12/20 みや

坂井K 様

コメントありがとうございます☺︎

色を感じられるというすごく当たり前の事が、実はとても素晴らしい事なんですよね。

ログイン