1. トップページ
  2. デズデモーナになれなかった女

光石七さん

光石七(みついしなな)です。 子供の頃から空想(妄想?)が好きでした。 2013年から文章化を始めました。 自分では気付かないことも多いので、ダメ出しを頂けるとありがたいです。

性別 女性
将来の夢 可愛いおばあちゃん
座右の銘

投稿済みの作品

5

デズデモーナになれなかった女

14/11/29 コンテスト(テーマ):第七十回 時空モノガタリ文学賞【 別れ 】 コメント:7件 光石七 閲覧数:1509

この作品を評価する

 隣国レヴィスに嫁いで八年。皇太子妃である私の唯一の楽しみは、束の間宮廷を離れての観劇だ。
「デズデモーナが可哀そうですね」
帰りの馬車で侍女のサラが感想を述べる。イアーゴの奸計でオセローは妻デズデモーナの不貞を疑い、嫉妬のあまり彼女を殺めてしまう。
「それだけオセローの愛が深かったのでしょうけど。妻への愛ゆえに……」
サラは口を噤んだ。私の不機嫌を察したのだ。
(デズデモーナは幸せよ)
皇太子殿下が嫉妬に狂って私を殺すなどあり得ない。私を愛しておられないのだから。もともと両国の同盟のための政略結婚。結婚二年目に娘アデルが生まれたが、三歳で死んでしまった。以来、殿下は私の部屋を訪れていない。
(今夜はあの伯爵夫人のところかしら? それとも侯爵夫人? 近頃はリタとかいう娼婦もお気に入りとか)
「あれは気位ばかり高く、可愛げが無くてね」
殿下は卑しい娼婦にまで私のことを吹聴されたのだろうか? あの端正なお顔で……。ぎりっと唇を噛む。
「サラ、イアーゴ役の役者をどう思って?」
私は違う観点からの感想を促した。

(ステラ・ルーザ……)
さっき宮廷の女たちが噂していた殿下の新しい相手。ルーザ男爵の娘で、半年前に社交界に出てきたばかりだという。
(十六の小娘を別邸に通わせてるですって?)
結婚前の生娘に手を出されるとは……。だが、騒いではならない。愛人が一人増えただけ。今まで通り、毅然と振る舞うのだ。私はザティアの第二王女でレヴィスの皇太子妃。下々に笑われてはいけない。
 ところが、殿下は他の女の元に足を運ばれなくなった。その上、法王庁に私との離婚を申し出たという。
(本気なの? 本気でステラとの結婚を……)
殿下の申し出は却下されたが、皇帝陛下は殿下の勝手な振る舞いに激怒された。厳しく叱責され、ステラを修道院に送ると宣告された。
 あの大使館での夜会は、せめてものお情けだったのだろうか。私は皇帝陛下と皇后陛下と共に席に着いていた。遅れて殿下が姿を見せられた。殿下が真っ先にダンスを申し込まれた少女。顔を見るのは初めてだったが、すぐにステラだとわかった。微笑んでワルツを踊り出す二人。時折何か言葉を交わす。 
(あんな幸せそうなお顔、私の前ではなさらない)
まるでこの世に自分たちしか存在していないかの如く、二人は楽しそうに踊り続ける。
(あんなにお優しい目で私をみつめてくださったことなど無い)
掌に爪が食い込む。いけない、皇太子妃らしく悠然と構えなくては。踊り終えて礼を交わす二人の恍惚にも似た至福の表情。退出される殿下を、ステラは瞳を輝かせたまま見送る。
(この娘は……!)
思わず立ち上がった。
「ゼルダ!」
皇帝陛下のお声を無視して、私はステラの元に向かった。彼女の前に立ち、ひたすら睨みつける。体がわなわなと震え、喉がカラカラに乾く。罵ってやりたいのに、言葉が出てこない。ステラは皇太子妃への礼もせず、憐れむような目で私を見返す。――私はぷいっと顔を背け、踵を返した。
(これ以上ここにいたくない)
すぐに馬車を用意させた。

 その四日後、北部の別荘で殿下が亡くなった。ステラと共に。「狩猟に行く」と宮殿を発たれた殿下は、密かにステラも別荘に呼び寄せ、彼女を撃って自らもこめかみを撃ち抜かれた。殿下の棺の前で皇后陛下は泣き崩れられ、皇帝陛下も懸命に涙を堪えておられた。私は血の煮えたぎるような思いで棺をみつめた。
(最後まで私に恥をかかせて……)
皇太子である夫が年若い愛人と情死。これ以上の屈辱は無い。ワルツを踊る二人の姿を思い出す。あの時、二人の心はすでに決まっていたのか。
 殿下は何通もの遺書を残されており、私宛てのものもあった。

『ゼルダ、君を愛してやれずすまない。
 一足先にアデルに会いに行くよ。
 君の幸せを祈る』

当たり障りのない文面。いっそ無いほうがましだった。
(私の幸せですって?)
笑わせてくださる。その眉目秀麗な容姿で結婚生活に夢を見させておいて、女遊びに走られたのはどなただったか。アデルのことだけは気にかけて下さったが、アデルが死んで唯一の夫婦の架け橋も消えてしまった。
(私を殺せばよかったのよ)
離婚の許可が下りないのなら妻が死ねばいい。事故にでも見せかけて命を奪えば。私はそんな気すら起こらない妻だったのか。デズデモーナとは雲泥の差だ。彼女は愛する夫の手にかかって死に、夫も後を追うように自殺する。
 喪が明けたら私はレヴィスを去る。子供のいない皇太子妃など、皇太子が先立てば何の価値も無い。新たな皇太子は殿下の従弟に決まった。居残っても物笑いの種になるだけだ。
(初めから縁が無かったのよ。最初から別れていたようなものだわ)
私は遺書を暖炉に放り込んだ。何故か炎がぼやけて見える。
「妃殿下」
サラにハンカチを差し出された。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/11/30 そらの珊瑚

光石七さん、拝読しました。

デズデモーナってギリシア語で不運なっていう意味なのですね。
シェイクスピアの「オセロ」になぞらえて、
それよりも不幸だという王妃の嘆きが伝わってくるようでした。
愛があるからこその悲劇もある一方で、愛がないことでの悲劇もある。
せめて第二の人生で幸せであるようにと祈ります。

14/12/01 草愛やし美

光石七さん、拝読しました。

まるでオペラの一幕をみているような、そんな壮大な話ですね。女性は男性次第の世にあって、愛を得られなかった彼女は不幸だったと思います。娘さんのことを気にかけてくれたことが、一片の救いでしょうが……悲しすぎる話です。
ここまで書き上げられる光石さん筆の技量に感心しました。私にはこういう話はとても書けそうもないと思います。

14/12/01 光石七

>そらの珊瑚さん
コメントありがとうございます。
デズデモーナ、そういう意味らしいですね。でも、ゼルダからすれば羨ましい。殺されるほど夫に愛されるなんて幸せじゃないか、と。
なのに、プライドが高いゼルダは「寂しい」とか「愛してほしい」とか素直に言えないので、夫婦仲が良くなるはずもなく。
作者としては、ゼルダのその素直じゃないところが可愛かったりします。えらい目に遭わせてますけど(苦笑)
ゼルダの今後を思いやってくださり、うれしいです。

>草藍さん
コメントありがとうございます。
モデルはマイヤーリンク事件です。オーストリアの皇太子ルドルフと男爵令嬢マリー・ヴェッツェラの『うたかたの恋』。
宝塚の舞台をDVDで観まして、「皇太子妃の視点で書いてみたい」と思ったのがきっかけでした。ところどころ……というか、だいぶ別物になったかも。
悲しいくせに悲しさも素直に表現しないゼルダですが、草藍さんの心に少しでも足跡を残せたなら幸いです。

14/12/03 滝沢朱音

光石さん、こんばんは。

デズデモーナという名前の持つ力と、それになれなかった女。すごくいいタイトルですね!
本人たちは幸せの絶頂で亡くなったかもしれませんが、
皇太子妃として恥をかかせるくらいなら、いっそ殺してほしかった…
そう思う気持ち、よくわかります。
『うたかたの恋』、見てみたくなりました。

14/12/03 光石七

>朱音さん
コメントありがとうございます。
タイトルを褒めてくださり、うれしいです。今回のは自分でも気に入ってます。
『うたかたの恋』は元々クロード・アネがマイヤーリンク事件を題材に書いた小説(原題『マイヤーリンク』)で、映画やバレエにもなっています。皇太子ルドルフとマリーの悲恋として描かれていますが、実際の事件にはいろいろ疑問や謎が残っているようです。
ゼルダの気持ちを汲んでくださり、ありがとうございます。
プライドの高さの中にも奥底の寂しさや悲しさ、慕情を滲ませられたらいいな、と思いながら書きましたが、難しくて苦戦しました。

14/12/06 光石七

>志水孝敏さん
コメントありがとうございます。
心中を美しく描いた話も嫌いではないし感動するのですが、久しぶりに観たDVDで皇太子ルドルフの妻、皇太子妃シュテファニーが妙に印象に残りまして。アレンジして自分なりに書いてみました。
面白かったとのお言葉、うれしいです。

ログイン