1. トップページ
  2. 悲しい別れの果てに、死亡保険金 ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

4

悲しい別れの果てに、死亡保険金 ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

14/11/22 コンテスト(テーマ):第七十回 時空モノガタリ文学賞【 別れ 】 コメント:6件 鮎風 遊 閲覧数:2095

この作品を評価する

「今朝、夫を訪ねたら、このような姿で…」
 第一発見者の高峰和花(わか)が百目鬼刑事に涙をみせた。それでも百目鬼は「最後に会われたのは、いつですか?」と声のトーンを上げた。すると和花は「今日は月曜日、そう、先週の水曜日の夜でしたわ、ここで一緒に夕食を取りました」と別居生活が後ろめたいのか、年甲斐もなくはにかみながら答えた。

 百目鬼は知っている。なぜなら署を出る前に、部下の芹凛(せりりん)こと芹川凛子刑事と和花についてブリーフィングを終えていたから。そして、その内容とは…。
 和花は資産家の亮介と今流行りのシニア向け婚活サークルで知り合い、一年前に結婚した。亮介はバツイチ、それに比べ和花は3人の夫と死別し、今回は4回目の結婚となる。当然和花には多額の保険金が今まで支払われている。
 そして、そこには犯罪の臭いがある。一人目は毒キノコ中毒死。二人目は崖からの転落死。三人目は煉炭自殺。いずれも証拠不十分、かつ和花のアリバイが崩せず立件できなかった。
 こんな経緯があり、今回百目鬼に白羽の矢が立った。早速これに応じ、急ぎ現場へと駆けつけた。そこには淡い江戸紫の和服を着こなし、死人の横で楚々とたたずむ和花がいた。場には同情をそそる雰囲気があった。だが百目鬼と芹凛は実直に現場検証を遂行していった。
 結果は、まず青酸化合物により毒殺された亮介が床の間近くに横たわっていた。死に際に藻掻いたのか、掛け軸は床に転がり、一輪挿しの紅い椿が落ちていた。
「死亡推定時刻、つまりご主人が殺害されたのは約60時間前、金曜日の深夜となります。その時、奥様はどちらにおられましたか?」
 百目鬼は歯に衣を着せず直に訊くと、婦人は面を上げ、「この家は住みづらく、普段私はマンションで暮らしてます。金曜の夜もそこにずっといました。なんなら防犯カメラがありますから、お調べ下さい」と、フフと不敵な笑みを浮かべたような気がする。もちろん百目鬼はそれを見逃さなかった。
 その後、二人は屋敷内を精査した。特に荒らされた様子はない。だが納屋に大きな冷凍庫があり、中に鯛や鰤などの大型魚が溢れるほど冷凍されていた。和花にその理由を尋ねると、亮介の趣味は海釣り、その釣果だと。また風呂場は現代風に改造され、大きな浴槽が備わっていた。和花の弁によると、結婚に当たって改造してもらったということだ。
 一方隣人からは、金曜の夜に家に入っていく人影を見たという目撃証言を得た。この人物こそ重要参考人。しかし、その後の足取りは掴めなかった。

 資産家の亮介の死から一週間が経過した。新たな情報も得たが、特段の進展は見られない。それを打ち破るかのように、百目鬼が唐突に質問を発した。「3人の夫を殺した。そして今回、青酸カリ入りカプセルを亮介に飲ませ、毒殺した。こう仮説を立てるならば、この女には強い動機があったはず。芹凛、それは何だと思う?」と。
 こんなオヤジデカからのぶっきらぼうな問い掛けに、芹凛は驚く風もなく、「お金でしょ。和花はハワイに移住し、残りの人生を満喫するつもりだったのよ」と調査票を指し示した。
 ホッホーと頷く百目鬼、だが「なぜハワイなんだ?」と突っ込んでみる。芹凛はそんじょそこらの柔な女刑事ではない。
「孤児院で育った和花、彼女には別の孤児院へと引き離された双子の、洋花という妹がいました。そして二人は10年前に再会し、洋花は自分が住むハワイで一緒に暮らそうと姉を誘った。そこで先立つものはお金、和花は夢実現のため、死亡保険金を貯めることを思い立ったのよ」と言い切った。しかし、「和花のアリバイはまだ崩せてないわ」と自信のない表情をする。
 これを見て取った百戦錬磨の百目鬼刑事、「冷凍庫に一杯オトトがね」とヒントを与えると、芹凛はポンと手を打ち、後はもう止まらない。
「和花は夫を水曜日に殺害し、酸化と乾燥防止のため死体全体をラップした。それから冷凍魚と一緒に水の浴槽に入れ、水温零度で保存し、死亡推定時刻を金曜の夜まで伸ばしたのだわ」
 これで殺人時刻のトリックは解明された。しかし、まだもう一つ謎がある。
「金曜の深夜に、屋敷に入って行くところを目撃された人物は…誰なの?」
 肩を落とす芹凛に、百目鬼は「この類いの犯罪には、目くらましの協力者が存在するものなんだよ」と。
 これが呼び水となり、「日本にいないはずの妹の洋花ね。金曜の夜に殺人者の影となり、屋敷に侵入し、まるでその夜に殺人事件が起こったかのように和花のアリバイ工作を助けた。これで死亡保険金を姉の手にへと。絶対許せないわ」と芹凛は唇を噛み締めた。
 ここまでの推理を確認した百目鬼、目をギョロッと剥き、鬼の叫びを上げた。
「双子の姉妹の悲しい別れ、その不幸の果てに見た夢は、殺人で保険金を得て、一緒に暮らすこと。さっ芹凛、行くぞ!」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/11/24 草愛やし美

鮎風游さん、拝読しました。

何だか、最近ニュースを騒がせている女と似た事件ですね。でも、あの事件の女は先物取引で借金があるから……それと比べて、多額の保険金を得るための和花の動機は、切ないもの感じます。

「なんで、こんな女性にシニアの男性たちは、惑うんやろう、何でやわからんけど、この女、まあまあ綺麗なほうやからかな?」「いやぁ、よっぽど、話がうまいのんちゃうかあ」なんて、TVを見ながら相方と今回の事件についてそう言って二人で首を傾げていました。ほんと、推理下手ですわ。苦笑

百目鬼さんとせりりんさん、今回もお見事でした。拍手

14/11/30 そらの珊瑚

鮎風游さん、拝読しました。

つい最近、現実にこういう事件がありましたね〜
こわい、こわい。
資産家で独り身の男の方々、お気をつけくださいませ!

14/12/02 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

巷で、こういう事件がありましたね。
しかし、青酸カリなんて普通は入手できないと思う。

資産家の老人は女青ヒゲの毒牙にかからないように気を付けて!
ホント、金のためなら平気で人殺しをする人間がいるなんて怖ろしい!!

14/12/07 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

そうですね、向日町のシニア女性。
よくTVで話題になってますね。

青酸化合物、きつ過ぎて、直に飲むことができない。
それでカプセルに入れてということらしいです。
これにより死亡時刻を遅らせるトリックものの推理小説もあるようです。

芹凛、まだまだ頑張りますので、よろしく。

14/12/07 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメントありがとうございます。

お金持ち、これが絶対条件のようでして、
まあ空っ穴じゃ相手にしてくれません。
安心してま〜す。

14/12/07 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

そうですね、青酸カリってどう手に入れるのでしょうね。
だからきっと仲間がいたってことかな?

一度でいいから、狙われるほど資産持ってみたいです。

ログイン