1. トップページ
  2. 家族の法則

みやさん

写真と物語の融合、写真物語家を夢見ています。 マイペースで更新中。Twitter➪@miya_ayim

性別 女性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

2

家族の法則

14/10/01 コンテスト(テーマ):第六十七回 時空モノガタリ文学賞【 秘密 】  コメント:4件 みや 閲覧数:978

この作品を評価する

ぼくがお父さんの本当の子供じゃないっていう噂は、あっという間に一年二組のクラス中に広まった。噂、じゃなくて本当の事なんだけれど…

ぼくのお父さんはぼくが四歳の時にぼくのお母さんと再婚した人。ぼくは本当のお父さんがどんな人なのか知らないけれど、多分本当のお父さんよりも、今のお父さんは本当のお父さんだと思う。優しくて面白くて頼りになるお父さん。休みの日には一緒に遊んでくれるし、サッカーだって教えてもらった。

親友のタケル君はそんなぼくのお父さんの事をいつもうらやましがっていた。匠君のお父さんは優しくていいなぁ、いつも遊んでくれていいなぁって。

ぼくはお父さんが本当のお父さんじゃない事をこの学校に転校してきてからは誰にも話してなかったから、タケル君に自慢したくなった。

「ぼくのお父さんは本当のお父さんじゃないけど、とっても優しいお父さんなんだよ。すごいでしょ?でもみんなには秘密だよ」
それを聞いたタケル君は何も言わなかった。何も言わないかわりにどうやらみんなに話してしまったみたいだ。

クラスのみんなはぼくのお父さんがぼくの本当のお父さんじゃないって噂が広がってからは、なんだかいつもコソコソ、クスクスし始めた。タケル君もぼくと仲良くしてくれなくなった。お父さんが本当のお父さんじゃないってそんなにいけない事なの?

タケル君に秘密の話しをして一週間くらいたったある日、学校から帰ったぼくにお母さんが言った。
「今日スーパーで匠の同じクラスの愛菜ちゃんのお母さんに会ったんだけど、匠君のお母さんは再婚されてたんですね、って言われちゃった。大きなお世話よね。匠は何かイヤな思いしてない?大丈夫?」

それを聞いてぼくは何だが涙が出て来て、タケル君に秘密だよって言って話した事、クラス中にその事が広がってしまった事をお母さんに話した。お母さんは黙って話しを聞いてくれて、引っ越ししてきた時に話しておけば良かったかな、ごめんね匠。そう言ってぼくを抱きしめてくれた。

「秘密だよって言ったのに、タケル君みんなに話すなんてずるいよ…」
「仕方ないわね、みんな秘密の話しが大好きだからね」お母さんは笑った。

その夜はお父さんは残業で遅くまで帰って来なかったからぼくは先に眠ってしまったけれど、眠る前にぼくは神様にお願いした。ぼくをお父さんの本当の子供にしてくださいって。

神様へのお願いが届いたか確認するために次の日の朝、まだイビキをかいて寝てるお父さんにぼくは抱きついた。お父さんはうお、ってビックリして、匠か〜ビックリしたよ。と眠そうに笑う。
「ぼく、お父さんの本当の子供になれたかな?」
「ん?何言ってんだよ、最初からお父さんの本当の子供だろ?」そう言いながらお父さんはぼくを思い切りコチョコチョとくすぐった。ぼくはくすぐったくて嬉しくて思い切り笑った。

ぼくはその日の昼休みに校庭のすみっこにタケル君を呼び出した。
「ぼく、話してないから!みんなには話してない!話したのはぼくのお母さんだけだから…」タケル君は泣き出しそうになっていた。
「…本当の事だから別にいいんだ。ぼくのお父さんはぼくの本当のお父さんじゃないけど、本当のお父さんみたいにすごく優しいから。それにぼくの事をすごく大好きなんだ。でも恥ずかしいからみんなには秘密だよ?」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/10/20 光石七

拝読しました。
素敵な家族ですね。
最後に話した秘密こそ、みんなに伝わってほしいです。

14/11/01 みや

志水孝敏様

コメントありがとうございます☺︎
秘密は寧ろ、秘密であればあるほど広められるものなのでは?と思います。それも大人の悪意によって…

14/11/01 みや

光石 七様

コメントありがとうございます☺︎
家族に法則なんてないですよね…
そして最後の秘密も、きっと広まると思います。みんな秘密が大好きですから。

ログイン