1. トップページ
  2. 愚行の石

ポテトチップスさん

ブログで小説プロットを公開しております。 http://www.potetoykk.com

性別 男性
将来の夢 小説家や小説家の卵に、小説のプロットを提供することです。
座右の銘 我流の人生

投稿済みの作品

1

愚行の石

14/05/31 コンテスト(テーマ):第五十八回 時空モノガタリ文学賞【 転がる石のように 】  コメント:2件 ポテトチップス 閲覧数:885

この作品を評価する

(はい、警視庁蒲田署です)
「いま、人を殺しました」
(殺人を犯したご本人からのお電話ですか?)
「はい。友人から借金の返済を迫られて、カッとなって包丁でやっちゃいました」
(いま、あなたと被害者はどちらにいますか?)
「殺した友人のアパートにいます。住所は大田区蒲田2‐〇‐〇 ハイワコーポ202号室です」
(念のため、あなたのお名前と年齢、携帯電話の番号を教えてください)
「立花直樹、24歳、090‐65〇〇‐〇〇〇〇です」
(その場から絶対に動かないで警察関係者が来るのを待っていてください)

直樹は電話を切った後、殺した友人の冷蔵庫を勝手に開けて、そこから紙パックに入ったオレンジジュースを取り、直接口をつけて一気に飲み干した。
手と服に大量にこびりついた友人の血が血生臭く、シャワーを浴びようかと思ったが、興奮が冷めたせいか強い眠気が襲ってきたので、警察が来るまでの短い間、少しでも眠りにつこうと考えた。
心臓に包丁の刺さった状態で仰向けに倒れている友人のすぐ横で、背中を壁に凭せ掛けたまま目を瞑った。不思議なことに、眠りについたのに意識だけはハッキリとしていて、まるで疲れた体だけが熟睡し、脳と神経だけはリラックスしているような感じで、自分の寝息までもが耳から感じとれた。
『身を正さないと、このままでは転がる石のように歯どめが効かなくなって、本物の悪人になってしまうぞ。まっとうな人間になれ。まだ高校生なんだから、いまからでも遅くない』
5年前に他界した、ジジイの顔と声が脳裏に浮かんだ。中学から非行に走り、高校に入学すると毎晩何らかの悪さをして家に帰って来る直樹に、顔を怒らせて説教するジジイのしわくちゃな顔。
「うるせー、ジジイ。早く死ねよ」
「もうすぐお迎えが来るから待っとけ。でもな直樹、オマエが悪さをしないまっとうな人間になるまで、爺ちゃんは死ねないぞ。頼むから悪さをしない人間になってくれ、頼む」
洋治は深々と頭を下げた。
「ジジイ、金くれよ」
「すまんが、金は無い」
「なんでだよ。年金もらってるんだろ」
「直樹、オマエはお母さんの財布からいつもお金を抜き取ってるだろ。それは止めなさい。お金が欲しいなら、毎晩悪さをして遊ぶ代わりにバイトをしなさい。自分で汗水流して稼いだお金なら、何に使おうと直樹の勝手だ」
「ジジイ、俺はまっとな人間にはならないし、汗水流して金を稼ぐような面倒くさいことは一生やらない。金は楽して稼いで、一生馬鹿やって暮らすつもりだ」
「じゃあ、爺ちゃんいつまでも死ねないだろ。オマエに偉くなってもらいたいとは思っていない。ただ、人の道に外れるような愚行だけはやってもらいたくないんだ。爺ちゃんの願いを聞き入れてくれ。身を正さないと、このままでは転がる石のように歯どめが効かなくなって、本物の悪人になってしまうぞ。まっとうな人間になれ。まだ高校生なんだから、いまからでも遅くない」
直樹は洋治の胸を強く押した。大きく後ろに倒れた洋治は後頭部から床に落ちた。まったく身動きをせず瞼を閉じている洋治を救護することもせず、その横をすり抜けて2階の自分の部屋に行った。
それから数時間後に直樹の母が帰って来ると玄関から悲鳴が聞こえ、その数分後に救急車がサイレンを鳴らしてやって来た。
背骨と肋骨が折れ、さらに後頭部から床に落ちたせいで、くも膜下出血を起こしていた。
医師は母に、今後は介護が必要な生活になるだろうと言った。
直樹は、家にジジイがいなくなってせいせいしていた。悪びれをする様子もなく、高校を卒業するまで、何度も警察のお世話になった。

ドアが強くノックされ、目を覚ました。愚行の石が転がり止まった場所には、刑務所があるのだなと、目覚めのそれでいてハッキリした脳が理解した。
再度ドアが強くノックされ、立ち上がった直樹は玄関のドアを開けた。
制服と背広を着た数人の警官が立っており、そのうちの背広を着た白髪混じりの男が警察手帳を見せた。
「立花直樹さんですか?」
「はい」
「部屋に入らせてもらいます」
背広を着た男と別の二人の男が部屋に入った後、最初に部屋に入った背広を着た男が「14時26分、現行犯逮捕」と言って、直樹に手錠をかけた。
パトカーの後部座席に手錠を掛けられた状態で座っている直樹は、右隣に座っている警官に言った。
「他界した祖父を大怪我させたのも、俺なんです。どうか、この俺を死刑にしてくださるように、裁判官に伝言してください。俺は祖父の助言を聞き入れず、転がり続けた愚行の石のような人間です」
右隣に座る警官は小さく無言で頷いたあと、窓の外に顔を向けた。


おわり


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/06/17 かめかめ

なんで直樹が姿をくらませず考えを改めたのかわかりませんでした

14/06/17 ポテトチップス

かめかめ様へ

感想ありがとうございます。
直樹が行方をくらまさずに、結末を逮捕で締めくくったのは、逃走するとストーリーが長くなってしまうと思って書いたからです。

かめかめ様、昨日発表の< 結婚 > 未来総研賞入賞、おめでとうございます。
たまに、ブログも拝見させて頂いております。

ログイン