1. トップページ
  2. ころがる ぼく

こぐまじゅんこさん

詩を書いたり童話を書いたりしている主婦です。 みなさん、よろしくお願いします。 MyISBN−デザインエッグ社さんから、絵本「おしえて!ねこばあちゃん」を出版しました。 アマゾンでも取り扱っていますので、よかったら みてくださいね。 ブログ「こぐまのノート」も書いています。

性別 女性
将来の夢 自分の書いた童話を孫に読んで聞かせたいです。
座右の銘 しあわせはいつも自分の心がきめる

投稿済みの作品

2

ころがる ぼく

14/05/19 コンテスト(テーマ):第五十八回 時空モノガタリ文学賞【 転がる石のように 】  コメント:2件 こぐまじゅんこ 閲覧数:1026

この作品を評価する

 右足を左足にかけて。体をうかせるようにして、えいっとふんばる。
  
ーくるりんー

(やったぁ、ころがった!)

 ぼくが、きゃっきゃっと笑っていると、ふりむいたお母さんが、びっくりしてかけよってきた。
「まーくん、ねがえりうてたのね! すごい、すごい。」

 興奮して、飲みかけのコーヒーをこぼしている。

 ぼくは、もう五か月になったんだもの。ねがえりぐらいうてるんだい。

 それから、ぼくは、毎日、ねがえりの練習をした。
 体を横に向けて、力を入れて、えいっとふんばる。うまくできるときもあるけど、バタンともとにもどることもある。でも、あきらめずにがんばるんだ。
 だって、ねがえりしたら、お母さんもお父さんも大喜びして、すごくほめてくれるんだもの。

 毎日毎日、ころりん、ころりん、ねがえりをうってたら、ある日突然、ごろごろごろりんって転がる石のように体が回転していった。
 ぼくは、びっくりして泣きそうになったけど、お母さんが、
「あらまぁ、大変!」
って、大笑いしてるから、ぼくも、ケラケラ笑っちゃった。

 ねがえりうつのって、楽しいな。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/06/05 かめかめ

カワイイデス。

14/06/05 こぐまじゅんこ

かめかめさま。

コメントありがとうございます。
ウレシイデス。

ログイン