1. トップページ
  2. 篠突く雨

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

4

篠突く雨

14/04/04 コンテスト(テーマ):第五十四回 時空モノガタリ文学賞【 激しい雨がふる 】 コメント:9件 鮎風 遊 閲覧数:2062

この作品を評価する

 ゴロゴロ、ドーン。
 凛太郎は心地よい眠りから無理矢理起こされた。だが、しっかりと現実に戻り切れてない。それでもすぐに、近くで雷が落ちたのだと察した。
 そういえば天気予報、未明にかけて雷を伴う豪雨があると言っていた。凛太郎はベッドからそっと抜け出し、カーテンの隙間から外を見る。暗闇の中に閃光が走り、夜の風景が白く浮き上がる。
 天気予報はアッタリー! こんなどうでも良いことに浮かれ、後は夢遊病者のごとくベッドへと戻る。

 現役から退いた凛太郎、妻の麻伊のお膳立てに半強制的に乗せられて、高台にあるこの小さな家に移り住んだ。それでも終の棲家だ。
 リビングは階下、そして寝室は二階にある。そのため、ベッドに潜ってはいるが、かなり空に近いことは間違いない。
 ピカピカ、ドカーン。電光と轟き、どちらが先かわからないが、いわゆる雷轟電撃(らいごうでんげき)の勢い。
 凛太郎は身を縮込ませ、桑原桑原と、ここに至っては呪文を唱えるしかない。そして後はどうにでもなれと布団を引っ張り上げ、頭まで被る。まるで蓑虫(みのむし)だ。
 されども呪文の甲斐あってか、事態は急変。雷は遠くへと去り、後はザアーと滝のような雨が頭上の屋根に、いや近所一帯に降り始めた。
 それにしても、家が流されるかと思うほどの雨。しかし、その雨音を聴いていると、どことなく心地よい。蓑虫って、いつもこんな気持ちなんだろうなあと、まことに無価値な想像を巡らせてる内に、また眠りへと落ちて行った。

 この終の棲家には目覚まし時計がない。
 そう、自然の摂理に従って朝となり、凛太郎はやおら目を覚ました。
 だからと言って、夜更かし大好きな麻伊を、早起きは三文の徳だからと言って起こしてはならない。これが夫婦の掟となっている。破れば確実にシニア離婚、惨めなことになる。
 凛太郎はするりとベッドから抜け出して、一階へと。ここからは毎朝の、まずはゴミ出し。されども外はザアザア降り。ここは事態を鑑みて、先日コンビニで購入した偽高級600円傘をかざし、ルーチン遂行。そして戻ってきて、薄いトーストをカリカリに焼いて、レタスとハムを挟んで齧り付く。そこからマグカップを手にして、9時にはパソコンに向かう。そしてネット取り引きの株式画面へと。

 ドカーン!
 朝一番からいきなりの日経平均300円の下げ。落雷より恐い大暴落。
 地震、暴落、火事、女房――まさに現代四大恐怖の一つだ。
 それにしてもこの株式大波乱、かって人殺しは太陽のせいとうそぶいたヤツがいた。ならば、株暴落は豪雨のせいかよと頭に血を上らせた凛太郎、気に食わないオヤジ・コメンテーターの朝番に、ハズミでTVスイッチ・オン。
 すると、昨夜の雨で交通は完全にマヒ状態。午後にはもっと激しい雨が降ると伝えてる。
 さらにトーンを上げて、近場の古いダムが貯水能力を超えつつあるため、水門を全開し、放流しないとダムが崩壊する、と。しかし、これを実行すれば、下流地域は洪水となる。このように視聴者の恐怖心を目一杯煽ってくる。
「一体どないせぇ、チューねん!」
 朝っぱらからテレビに向かって叫んでしまった凛太郎、だが事実として、交通マヒにダム決壊の危機、その上に株はだだ下がりの悪いことばかり。激しい雨って、何か良いことはないのかよ、と加齢とともに朽ち行く脳でそれなりに探してみた。
 そして、あった!
 一つは、雨の夜はよく眠れること。他に、そうだ、植木に水をやる必要がない。
 ブラボー! と自画自賛するが、いずれにしても一大事を前にして気楽な発想だ。

「おはよう、ゴミ出してくれた?」
 そんな時に妻が起きてきた。
「イエス、ハニー」
 凛太郎がニコッと笑い返すと、すぐに追加指示が飛ぶ。「あなた、車で、4枚切りの食パン買ってきてくれない」と。
 ぶ厚いトースト、それは遠い昔の恋愛時代からの麻伊のコダワリ。たとえ火の中水の中、いやバケツをひっくり返したような雨の中でも買いに行かなければならない。さもなくば後の仕打ちが恐い。それでも凛太郎は精一杯の反発を込めて、「まあ、いいけど」と中途半端に答えた。これに麻伊は何食わぬ顔で新コマンドを発する。
「車はガレージに戻さず、外へ出しておいて――洗えるから」
 ウッウー、凛太郎は思わず息を詰まらせた。
 確かに洗車、激しい雨の利点としては、植木に水やりより一枚上、いや極上だ。それにしてもダム崩壊の危機にある中で、堂々の洗車、そんな発想ができるとは…。

 ザアーザアー、窓の向こうは雨脚が一段と強まる。麻伊がその様子を見て、「篠突く雨って、ホント、ありがたいわ」と呟く。凛太郎はそれにポツリと独り言ちる、「参りました」と。
 それから車のキーを手に取り、今日一日の日常というの時の流れの中へと、身を埋没させて行くのだった。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/04/04 鮎風 遊

みな様へ

表紙の写真は、GATAG|フリー画像・写真素材集 4.0。
著作者: ChadCooperPhotos、ライセンス: クリエイティブ・コモンズ、
ID: 201308191400 から借りてきました。

以上、報告まで。

14/04/05 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

凛として自分を持っていらっしゃる素敵な奥様ですね。

なかなか落雷の中を4枚切りの食パンを買いに行ってとは言い難い、
まさに主婦の鑑ですね。

願わくば、私も見習いたいです(`・ω・´)ハイ!

14/04/06 草愛やし美

嗚呼、鮎風遊様、大変なことですね。株は大暴落、雨は降り続いているというのに、ダム決壊の危機をも顧みず、4枚きりの食パン……ですか。確かに、6枚きりに比べ、4枚きりは美味しいです。でもね、売ってないのよねえ、大抵、5か6ですわ。
車あるだけよかったですよ、徒歩か自転車の我が家、濡れますねん、そやから、買い物は強雨の日はあきまへん。今日は強で凶に……、なんて言ってられないかあ。頑張ってください、凛太朗氏。
洗車できる、なるほどねえ、凄い奥さまで、良かった?ですよねえ。

14/04/08 朔良

鮎風 遊さん、拝読いたしました。

日経平均! 最近の日経平均の値動きは新興株のようだと笑ってしまいます。下げの時は特に。上がるときも勢いよく上がっていただきたいものです。
終の棲家で暮らす老年夫婦の日常が、激しい雨をバックに見事に描き出されていて、おもしろかったです。
やっぱり年を取ると女性が強いですよね(^m^)

14/04/12 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。
こんな風であればいいのでしょうね、
ということで書いてみました。

14/04/12 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。
4枚切り、売ってますよ、
平和堂のフレンドマートで。
150円くらいですわ。
私は10枚切り派ですが。

やっぱり豪雨の効用は洗車ですね。

14/04/12 鮎風 遊

朔良さん

コメントありがとうございます。
はい、昨日は300円以上の下げでした。
もし豪雨だったら、このような会話がどこかでなされてたかも知れませんね。

はい、女性はどんどん強くなり、
男はひょろひょろになって行きますね。

14/04/14 gokui

 読ませていただきました。
 強い女性と、何も言えない男性。現代の夫婦そのものですね。それにしても、「ダム崩壊の危機だって。うちも避難を考えた方がいいんじゃないかな?」ぐらいの会話はしましょうよ。なんだか世の男性は妻のご機嫌取りで手一杯なようですね。

14/04/16 鮎風 遊

gokuiさん

コメントありがとうございます。
そうですね、避難の会話必要ですね。
多分、高台にある家だから、他人事なんですよ。
こんな油断が不幸の元かも。
凛太郎は反省してます。

ログイン