1. トップページ
  2. 太陽の精とジャソコへGO!

浅月庵さん

笑えるでも泣けるでも考えさせられるでも何でもいいから、面白い小説を書きたい。

性別 男性
将来の夢  
座右の銘  

投稿済みの作品

1

太陽の精とジャソコへGO!

14/03/18 コンテスト(テーマ):第五十三回 時空モノガタリ文学賞【 太陽のせい 】 コメント:2件 浅月庵 閲覧数:1154

この作品を評価する

 太陽でフリスビーしてぇな。......でも、太陽ってここから見ると平べったく見えるけど、球体らしいからフリスビーは出来ねぇな。それならキャッチボールか。でも俺、野球あんま得意じゃないし、ていうか太陽でキャッチボールしたらグローブ溶けるんじゃねぇの。おっかねぇな。あー、また結局暑苦しいこと考えてるよ、そんなことよりアイスが食いてぇな。冷たいアイスが食いてぇ。お上品でお高いバーゲンダッソとかじゃなくて、もうゴリゴリのキンキンのやつが良いなぁ。って言ったらやっぱりジャリジャリ君だろ、ジャリジャリ君一択だろ。ソーダ味か梨味食いてぇー。コーンポタージュとかシチュー味は認めねぇよ。あの真っ青なジャリジャリ君を口の中に押し込みてぇ。多分、あれを食べれば“喉元過ぎれば暑さ忘れる”状態になるんだろうな。使い方間違ってるか、いやもうわかんねぇけど、とにかく暑い。背中はべっちゃべちゃでシートに汗が染み込んじゃってるわ、これ。窓全開にしてんのに入ってくるのは温風のみだし、もう前の車が真っ黒でテッカテカ光ってて見てるだけで暑苦しい。俺が早く行きたくて堪らないジャソコまでコンビニの一つだってありやしないんだから、もう寄り道とかする気も起きない、てか出来ない。もうジャソコよりもこのクソ暑い夏のことで頭がいっぱいだ。腕とかこんがり焦げちゃって小麦色。前の車と同じくらい真っ黒で、負けないぞこのやろーって感じ。とにかく俺はこの茹だるようなウザイような夏が早く終わることを祈っている。でも、夏が過ぎれば俺は三十五歳の誕生日を迎える。年々、歳を取って来てもう俺も若くねぇし彼女欲しいなーとか思うけど出来る気配がない。それもこれもこの太陽のせいだ、なんて責任転嫁。あ、これは使い方合ってるか。なんで近場のジャソコまで150kmもあるクソ田舎に俺は住んでんだ。だから俺は可愛い女の子との出会いすら無いんだよ、分かってんのか、おい。なんでもかんでも周りのせいにすんなよ。ん、誰だお前。僕は太陽の精さ。太陽の精? あはは、幻覚見てるよ。お前はいつも他人のせいにばかりして、良い大人として恥ずかしくないのか。うるせーよ、運転中だから話しかけんな。話しかけられたくらいで集中力途切れんのか、お前は、ポンコツだな。それもこれもお前が精力剤飲んだ馬鹿親父みたいにギラギラ太陽光ブッぱなしてんのが悪いんだろ! そのせいで運転にも集中出来ねぇんだよ。ほーら、また他人のせいだ! お前、ちゃんとゾウさん付いてんのか、お前についてんの、どうせシメジとかだろ。残念でしたー! 俺についてんのはテングダケだっつーの。せめて松茸にしろよ、テングダケとか毒あるし、グロいし。あれー、もうわっかんねーや、ぎゃはは。やばいな、お前完全に壊れて来たな。うん、ぶっ壊れMAX! 太陽の精とかいう変な幻覚見てるし、つーか一個嘘ついた。ん、急になんだよ。俺についてんの、テングダケじゃなくてナメコだったわ。そこの訂正はどうでもいーよ、てか一気にランク下がったな。正直俺ももうすぐ35歳なわけよ、下の方の元気も衰えてきちゃったわけで。おいおい、急にしんみりすんなよ。だから太陽が羨ましいんだよ、こんなに情熱的で、ギラッギラしてて、もう高校二年生の男女合同体育のときみたいにビンビンで。お前、なに言ってんだよ、例えが全然わかんねぇーよ。あー、てかもう、マジでこのクレイジーサマーはいつ終わるわけ? 太陽の精さん。あと一ヵ月はかかるな。俺はハンドルに頭を打ち付ける、クラクションの音がプー! おいおい、そんなガックリすんなよ、くっちゃべってたおかげで、ほら、着いたぞ。着いた? 俺は左斜め前に視線を向ける。やべー、遂にジャソコ到着だー! これで俺は救われるよー。満杯の駐車場で唯一見つけたスペースに車を止め、勢い良く飛び出して走る走る走る。ジャソコの店内は天国だー。店に足を踏み入れた瞬間、猛烈な蒸し暑さが俺を襲う。え、なんで。クーラーガンガン効いてるはずじゃないの? 館内放送が流れる、どうやら空調が故障中らしい。え、マジかよ。そんなことあんの? なんのために俺はジャソコに来たの? .......アイスでしょ! ジャリジャリ君なんていう庶民の食べるものはノンノン! 俺はゴールド・シュトーンのアイスをたらふく食うんだ、フルーツ山盛りでな!と思ってフードコートに行くけど、ゴールド・シュトーンに店員の影はなく「機械調整中、明日以降の営業となります」の文字を見つけて思わずピェーーー!!と奇声を上げて周りから白い目で見られる。ふざけんなふざけんなふざけんな! それもこれも全部、太陽のせいだーーーー!と怒りに任せて叫んでしまいたかったが、帰りの150kmの道のりもまた太陽の精に話し相手になってもらわなきゃ寂しいので、そんなキレたりとかは......うん、できないや。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/04/07 かめかめ

なんかブットンデて面白かったです^^
結局、キレたりできない主人公がかわいいですね。

14/04/07 かめかめ

なんかブットンデて面白かったです^^
結局、キレたりできない主人公がかわいいですね。

ログイン