1. トップページ
  2. スモーキング・ワールド

泡沫恋歌さん

泡沫恋歌(うたかた れんか)と申します。

性別 女性
将来の夢 いろいろ有りますが、声優ソムリエになりたいかも。
座右の銘 楽しんで創作をすること。

投稿済みの作品

12

スモーキング・ワールド

14/02/27 コンテスト(テーマ):第五十一回 時空モノガタリ文学賞【 奇跡 】 コメント:20件 泡沫恋歌 閲覧数:3090

時空モノガタリからの選評

「自由に煙草が吸」える「奇跡」がまるで流れ星のいたずらのように簡単に叶い、煙草づけの世界に一変してしまう展開が、テンポよくとてもよかったと思います。
「鍵の掛かる抽斗」に煙草をいれ「値段が高騰してるから、一本でも人にあげちゃダメ」という妻や、湯のみに煙草の灰を落とす女子社員や電車の中に火のついた煙草を投げ捨てる乗客、窓を開けると「せっかくの煙がでるだろーが」と怒る部長。「奇跡」の世界の設定が具体的で、リアリティがありました。「こんなの奇跡じゃあない」と嘆く「俺」ですが、「自由に煙草が吸いたい」という言葉通りの「奇跡」が実現したのですから、あまり文句はいえないのかもしれませんね。もし現実に願い事が叶う「奇跡」がこんなに簡単にに起きたら、世界は収拾がつかなくなりそうです。やはり滅多に実現しないからこそ「奇跡」なのかもしれませんね。「奇跡」に翻弄される主人公の姿が面白かったです。

時空モノガタリK

この作品を評価する

「星座を見てくる」
 そう言って俺はダウンジャケットと携帯用灰皿を持ってベランダにでる。ポケットから煙草を取り出し火を付け、一服深く煙を吸い込む。
 この寒空に誰が星なんか見たいもんか! 我が家は室内での喫煙は厳禁なのだ。妻は大の煙草嫌いで俺に禁煙しろと喧しい。「夫が煙草を吸うと妻の肺がんの確率が増加するし、私を殺す気なの?」と嫌味をいう。おまけに娘に喘息があり家族の前では絶対に煙草が吸えない。
 だが、禁煙なんかするもんか! 煙草は俺の生きがいなのだ。それが気兼ねなく一服できる場所が吹きっ晒しのベランダなんて……納得できない!
 その時、流れ星が降ってきた。
『自由に煙草が吸いたい』
 流れ星が燃え尽きるまで早口で三回唱えた。これで願いは叶うか? 子供染みた自分に自嘲しながら、部屋に戻るとリビングのソファーで妻が煙草を吸っていた。一瞬、我が目を疑った。
「お前、どうして煙草なんか……」
「はぁ? いつも吸ってるでしょう」
 そう言って鼻から煙を吐いた。そこへ大学生の息子が咥え煙草入ってきた。
「母さん、煙草が切れた」
「あら、もう無くなったの」
 妻は鍵の掛かる抽斗から煙草を取り出した。
「煙草の値段が高騰してるから、一本でも人にあげちゃダメよ」
 今まで俺が煙草を吸うと嫌そうに手で煙を扇いでいた息子まで吸うようになっている。しかも禁煙だった家の中で……なら俺もここで吸ってもいいってことか。寒空に震えながら吸わなくていいと思うと嬉しくなってきた。プカプカ遠慮なく吸った。
 流れ星に願いが叶ったのかも知れない。夢じゃなければ、これは“奇跡”違いない!

 翌朝、通勤中に俺は信じられない光景を見た。
 スーツを着たサラリーマンも美人のOLも学生服の高校生まで、みんな歩きながら煙草を吸っている。さらに驚いたのは大きなお腹の妊婦やベビーカーを押した若いママまで歩き煙草していることだ。群衆が喫煙しているせいで歩道は煙草の吸殻だらけだった。
 電車の中も禁煙でなく、乗客は火が付いた吸殻を床に投げ捨てて平然としてる。車両火災になったらどうするんだ! 喫煙マナーがなってない。
 出勤して驚いことは、うちの会社は五年前からオフィス全面禁煙だったのに、堂々と社員たちが煙草を吸っているではないか。昨日まで喫煙者は白い眼で見られながら廊下の片隅の喫煙所でこっそり吸っていたのに……何処でも吸えるなんて最高だ!
 午後から会議が始まった。いつもなら会議中も禁煙だったが、部長以下、全社員が煙草をふかしている。そのせいで会議室は煙で真っ白になってきて、愛煙家の俺でさえ咽そうだった。
 女子社員が咥え煙草で机にお茶を置いた。湯呑みにポトリと煙草の灰が落ちたが気にする風もない。空気清浄機はないのかと訊いたら「それなぁ〜に?」と女子社員に訊き返された。仕方なく俺が窓を開けたら、
「窓を開けるなっ! せっかくの煙が出るだろーが!」
 えらい剣幕で部長に怒鳴られ皆に睨まれた。いくら何でも煙が充満して身体に悪いと思うのだが……。

 家に帰ったら、妻がソファーに寝そべって煙草をふかしていた。
 室内の家具やソファーは白を基調にしたものが多いのだがヤニで黄色く変色して、カーテンと障子紙はセピア色だ。おまけにあっちこっち煙草の焼け焦げだらけだし、何だか家の中が薄汚れて見える。
「おい、飯の用意はどうした?」
「出来てるわよ。ほらっ」
 しゃくった顎の先、テーブルに梅干とみそ汁が置かれていた。
「なんだこりゃあ? メインはどこだ」
「ないわ。今月煙草が高騰して二十万もかかったから粗食で我慢して」
「煙草代に二十万だと冗談か? お前が煙草止めろ!」
「絶対にイヤ! 禁煙するくらいなら餓死した方がマシよ」
 ヤニで黄色くなった歯を剥いて妻が怒りだした。
「パパもママも喧嘩は止めて!」
 煙草をふかしながら高校生の娘が入ってきた。
「お前まで吸ってるのか? 喘息があるのに煙草はダメだ!」
 娘の煙草を取り上げようとしたら、
「パパひどーい! これは虐待よ」
 大声で泣き喚いた。
「子どもから煙草を奪うなんて、それでも父親なの!」
 激怒した妻に殴られ、息子まで出てきて俺は家族にボコられた。
 突然、娘が喘息の発作を起こして咳が止まらず苦しみだした。
「喘息の発作が起きたら煙草を吸うのよ!」
 無理やり煙草を吸わそうとしている。
「みんなで煙草の煙を吐きかけて!」
 喘息で死にそうな娘になんてことをするんだ。
「止めろ! 救急車を呼ぶんだ」
「ダメ! 救急車呼んだら10シガレットもかかるのよ」
「なんだと?」
「煙草の煙は喘息にも癌にも効くのよ。もっともっと煙を吐いて!」
 狂ってる! こんなの“奇跡”じゃあない。

 娘の顔色が蒼白になっていく。俺が禁煙するから娘を助けてくれい!


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/02/27 泡沫恋歌

禁煙マークとポスターは少し加工してあります。
画像はネット検索してお借りしました。


泡沫恋歌は20数年前に禁煙しました。
今は全く吸ってません(`・ω・´)ハイ!

14/02/27 幸田 玲

はじめまして、幸田と申します。
文体に軽快なリズムがあり、文章が澱みなく流れていました。良かったと思います。また、着想の柔軟さが面白いですね。

短文の感想で、失礼します。

14/02/28 そらの珊瑚

恋歌さん、拝読しました。

私事ですが、だんなが完全禁煙まで十年かかりました。長い道のりでした!
煙草が大嫌いな私なので、この奇跡の世界では生きていけそうにありません(笑い)
面白かったです。

14/02/28 草愛やし美

泡沫恋歌様、拝読しました。

我が家に喫煙者はいませんが、姉夫婦はヘビースモーカーです。近年、喫煙者にとっては辛い世界が来ていますね、煙草代金の高価なことは知っていますが、今後ますます値上がりすることは必須事項ですので、我が姉夫婦は大変だろうと察します。
リズム良く、一気に読みました。面白いオチに笑いながら、社会風刺が効いていて素晴らしい作品だと思いました。

14/03/01 泡沫恋歌

幸田 様
コメントありがとうございます。

風刺のきいた架空世界のお話ですが、楽しんで読んでいただけたなら
嬉しく思います。

短文でも、ご感想をいただけて心から感謝していますO┓ペコリ

14/03/01 泡沫恋歌

そらの珊瑚 様
コメントありがとうございます。

煙草はなかなか禁煙するのが難しいですよね。

私は妊娠した時に一度禁煙しましたが、その後、また喫煙し始めて・・・
今の旦那と一緒になった時に完全禁煙しました。

キッパリ止めるのが難しい、それが煙草ですから。

14/03/01 泡沫恋歌

草藍 様
コメントありがとうございます。

煙草は家族で誰かが吸ってると、なかなか止められません。
お姉さまのご夫婦みたいに、二人で喫煙者だと止められないだろうし、
止める気もないと思う。

しかし、煙草は高いので家計には結構厳しいと思いますね。

14/03/01 鮎風 遊

タバコ吸いです。
耳が痛いですが、
なるほどここまでの奇跡が起こると止めたくなりますね。

案外、タバコ吸いはベランダで吸うなどの、その疎外され感が好きでして。
どこでも吸えるとなると、興味失うかも。

へへへと、面白かったです。

14/03/01 泡沫恋歌

OHIME 様
コメントありがとうございます。

喘息持ちだったら、煙草は天敵みたいなものですよね。

私は禁煙して長いので煙草に関しては、厳しいですよ。
むしろ吸ったことない人よりも、喫煙者から禁煙者になった人ほど
止められない人間のメンタリティの弱さを攻撃しますからね(笑)

しかし、私は本当に煙草を止めれて良かったとしみじみ思ってます。
煙草は身体に悪いし、臭いし、みんなに迷惑だし、お金も掛かる。

禁煙できた自分は「勝ち組」か!?

(= ̄▽ ̄=)ニャハハ♪

14/03/01 泡沫恋歌

鮎風 遊 様
コメントありがとうございます。

喫煙者の皆さんはいろいろ攻撃され過ぎて・・・
多少、M傾向になってるのかも知れませんね。

煙草は嗜好品なので個人で楽しんで吸う分には
よろしいかと思います。

喫煙ルールさえ守っていれば問題ないでしょう。

14/03/01 朔良

泡沫恋歌さん、こんばんは!
拝読いたしました。

あらら、せっかく奇跡が起こったのに、小さな願いのつもりが大事になってしまいましたね。
これ、禁煙したくでもできないでいる方に読んでいただくとちょうどいいかも…とか思ってしまいました。
私は、煙草は一度もすったことがないのでよくわからないのですが…。副流煙とかはやっぱり迷惑ですよねぇ。
すごく面白くて反面教師にできるお話、さすが泡沫恋歌さんと思ってしまいました!

14/03/08 泡沫恋歌

朔良 様
コメントありがとうございます。

煙草は吸ったことがないなら、一生吸わない方が利口です。
なまじ覚えたら、止めるのに苦労しますから。

私も大昔、格好付けて吸ってた時期がありますが、子どもを妊娠した時に
キッパリ止めました。
母は強しです。
煙草を吸うたびにお腹の赤ちゃんが苦しいと思ったら、とても吸えません。

そうそう、煙草を止められない人にこの作品を読んで貰いたい(笑)

14/03/09 光石七

拝読しました。
なかなか禁煙できない人にお勧めのお話ですね。
軽快なタッチで描かれる恐ろしい結末、味わい深かったです。
私は煙草のにおいが苦手ですが、TPOとマナーさえわきまえていただければ文句はないです、ハイ。

14/03/11 ドーナツ

拝読しました。

逆転の発想が、すごくおもしろかったです。
わたしも肺の病気になってから、禁煙には大賛成。
世の中の人が、このお話のようになってしまう前に、煙草の怖さ、気が付いてほしいものです。

14/03/11 泡沫恋歌

光石七 様
コメントありがとうございます。

煙草を止めると、あのニコチンのくさい臭いが気になりだします。
自分が吸ってると全然気にならないのに・・・。

今は煙草を側で吸われると、非常に迷惑になりました。
マナーを守って吸われる分には嗜好品なので文句は言いません。

14/03/11 泡沫恋歌

ドーナツ 様
コメントありがとうございます。

煙草は喘息や肺に疾患のある人には天敵です!

逆転の発想で煙草好きな主人公に、これでもか! これでもか!
というほど、煙草まみれの世界へ行って貰いました(笑)

きっと、この世界だと禁煙したくなると思います。

14/04/07 murakami

入賞おめでとうございます!

逆転の発想が面白かったです。さすがのアイディア力ですね。
出だしの1行もこの男性のキャラクターがわかり、よかったです。



14/04/07 泡沫恋歌

村上 様、お祝いありがとうございます。

煙草好きの男が願った奇跡がまさか、こんな逆転の発想でむしろ煙草に
苦しめられる世界だったとは・・・。

こんな奇跡なら要らない!

皮肉な話が得意な泡沫恋歌です(笑)

14/04/07 泡沫恋歌

時空モノガタリK 様
コメントありがとうございます。

この話は家族が煙草嫌いで、いつもベランダでホタル族をしているという
男性の話から発想しました。

もし『自由に煙草が吸いたい』と願って、何処ででも吸える世界になったら世の中どうなるんだろう。
・・・と考え、私自身も喫煙経験者なので、その辺りの体験も織り込んで思い切り誇張して
書いてみたら、飛んでもない世界になってしまった。

最後はブラックに、そして主人公に禁煙させることにも成功!

かつて私も喫煙者であった頃、喫茶店などで吸っていて隣の席の人に露骨に嫌な顔をされたり、
煙を扇がれたりして、どうしてそこまで嫌うのか分かりませんでした。

今ほど、禁煙席や喫煙場所などに厳しい時代ではなかったので、そういう嫌味な行為をする人は、
正直、意地悪な人間だと思ってました。

それが禁煙に成功した、途端に喫煙者に対する見る目が180度変わってしまうのだから、
何んと身勝手なものでしょうか。

まあ、煙草は嗜好品なので個人で楽しんで吸う分には、喫煙ルールさえ守って
くだされば問題ないと思います。

時空モノガタリ様には、いつもお世話になっております。
心から御礼申し上げますO┓ペコリ

ログイン