1. トップページ
  2. ミルクとコーヒー半分ずつ

ゆえさん

思いつくままに書いてますので、もし宜しければ感想お願いします!!

性別 女性
将来の夢
座右の銘 袖触れ合うも多少の縁

投稿済みの作品

0

ミルクとコーヒー半分ずつ

14/02/23 コンテスト(テーマ):第五十回 【 三角関係 】 ターザン山本賞 コメント:0件 ゆえ 閲覧数:891

この作品を評価する

「彰吾の事好きだよ。また一緒に遊ぼうね♡」

ほんの出来心だった。
昨日、奈美とのやり取り。

「え?彰吾ってそんなに仕事忙しいの?他の子とあってたりして・・・。」
ホットコーヒーに砂糖を落としながら奈美が言う。ショートヘアーで切れ長な瞳が妖しく光った。(気がしただけだけど)
「・・嘘だぁ〜。」とココアを両手で抱えて頑張って笑うけど、正直そうなのかなって思ったら心が痛くなって、少し泣きそうになる。
そんな私の察してか「麻耶、冗談だから。泣かないの。」と長い私の髪を触りながら奈美が言った。
「だって、なみぃ・・・」と涙が出そうな私を見て
「冗談だよ。麻耶、泣きそうになるなって〜。・・でも、不安ならスマホ、見てみれば?安心するよ。思ったほど何もないってw今の時代、みんな見てるし」
奈美が笑う。切れ長な瞳がもっと細くなる。
「・・・解除の仕方、わかんないもん。」とふくれる私。
コーヒーを飲んだ奈美が言った。
「簡単だよ。人の指って跡つくでしょ?それでなぞればいいんだもん。」
と言うとフォークで私のケーキを差してアーンと差し出した。
ついつい、パクッと食べる。
「・・小動物みたい。麻耶。覗いてみて何もなければそれでいいじゃん?大丈夫だよ。」


これが昨日の話。でも、現実は違った。あたしの頭は真っ白だ。
そんなあたしの気持ちなんて知らずに、隣で吞気な顔で寝こけている男
これがあたしの彼のはずの「彰吾」で。
あたしの手に握られて、人質?になってるのはその寝こけている奴のスマホ。

奈美、安心できなかったよ〜。どうしよう〜。
一人、彼のスマホを握りしめながら、呆然とするって・・・漫画でしかないと思ってた。
でも、これって現実だよね。駄目だ。頭の中が、真っ白になった。
仕事が忙しいって言ってたけど、何してたの?なんで?あたし、ずっと我慢してたよ?

ふと、送り主のアドレスを見た。名前の登録をしてないみたいで、アルファベットと数字の羅列。呆然とそのアドレスを見ていると、ふと見覚えがある事に気がついた。
まさか・・と、自分の鞄からスマホを取り出して確認する。
自分のスマホの画面の上を滑る指が震える。

奈美と一緒のアドレスだった。

もう、そこからが世間で言う「THE・修羅場」
正直、あんまり覚えていないけど、泣きながら彰吾を叩き起して無言でスマホの画面を突き付けて泣き叫けんでいたらしい。

そんな状態からの6時間後。

奈美を呼び出して、三人で個室の居酒屋にいる。
顔面真っ白な、彰吾。無言で私を見つめる奈美。呼んだはいいけど、どうしていいか分からない私。
全員無言のまま、飲み物が運ばれて、出ていく店員。

「・・・なんで?どうしてなの?奈美?」ようやく、私の口から出た言葉だった。
相変わらず、奈美の顔が奇麗だった。
手足が長くて、モデルみたいなあたしの大好きな奈美。
なんで?どうして?いつから彰吾が好きなの?

涼しい顔をしている奈美を涙目で見つめる。

「・・・麻耶、最初に言っておくけど、あたし別に彰吾の事なんて好きじゃないからね。

「え?」あたしと彰吾の声だった。
「なんで?奈美?え?俺の事好きって言ってたじゃん?」
動揺する彰吾。「彰吾、うるさい。奈美?なんでどういう事?だったらなんで?」
すっかり出鼻をくじかれて考えていた事が全部飛んだ。

奈美は煙草を取り出すと火をつけて煙を吐き出した。

「だって、コイツ、麻耶にふさわしくないもん。あたし麻耶の事が好きなの。だから別れないかなって思って。」
とんでもない事を言い放った。

「お前、マジで言ってんのかよ?なんだよそれ。」思わず彰吾も凍りついた。
そんな彰吾を睨むと奈美が一気に言った。

「そう。なんでいつもこんな男の事がいいのかとずっと思ってた。あたしの方が麻耶を幸せにできるし、麻耶が喜ぶ事、もっとしてあげれるのにって・・・。ただ男ってだけで側にいるなんてムカつくって・・・。だから壊してやろうって思ったの。だって、麻耶可愛いいじゃない。」

初めて見る、奈美の表情。顔が真っ赤で照れているようだ。
正直、モデルのような奇麗な人に言われて悪い気はしない。と、言うか奈美は正直私の憧れだった。ちょっと嬉しい・・・。

「・・おい、まて。麻耶。お前正直悪くないって思ってるだろ?」彰吾が口を開いた。
「・・・・。」無言でにやける私。
「おいおい、まてよ。俺、一応彼氏だぞ?」と焦る彰吾に奈美は「一緒に遊ぼうって言ったらコイツ、即答で返事したよ。麻耶、ロクな男じゃないよ。」と冷たい瞳で彰吾を睨む。言い合いをしたのちに、
「麻耶!俺とこの女、どっちがいい?」「麻耶!やっぱりコイツ、良くない!」と二人同時に言うと私を見つめた。

さて、二人共って言ったら怒られるかなぁ??


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン
アドセンス