1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載20

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

1

漢字一文字の旅 連載20

14/02/06 コンテスト(テーマ):第二十五回 【 自由投稿スペース 】 コメント:2件 鮎風 遊 閲覧数:1266

この作品を評価する


 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、連載10で煩悩の数108漢字を終えました。
 そして、連載11より再スタートさせてもらいました。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。


連載20  始 音 掏 銀 奥 菜

20−(1) 【始】

 【始】という字、いささかややこしい漢字だ。
 簡潔に解釈すれば、右の「台」は農耕を始める儀礼であり、人の出生が作物の生産と同じように考えられた。
 そして、鋤(すき)を清めることが出産の儀礼となった。
 ここから、女子が鋤を持って出産の無事を祈ることが【始】ということだそうな。

 もう一つピンと来ないが、さらにややこしく、【始】には同じような漢字がある。
 それは「初」。

 一体【始】と「初」の違いは何なのだろうか?
 調べてみると、【始】は動詞であり、「初」は副詞だとか。
 つまり「仕事を始める」であり、一方は「初めての仕事」ということになる。

 ならば、それぞれの反義語は何なんだろうか?
 【始】は……「終」
 「初」は……「末」 となる。

 では、これらを英語に直せば、
 【始】は「start」……「終」は「finish」
 「初」は「first」……「末」は「end」 ということか。
 こちらの方が分かり易いかな?

 そして、輪廻を表す仏教用語に「無始無終」という言葉がある。
 辞典の解釈によると、「始めも終わりもないこと」とあるが、むしろ輪廻は「始まることもないし、終わることもない」の方が正しいような気がする。

 他に【始】、「始終」と「始末」と入り乱れた熟語を作る。
 「始終」は動詞的要素があり、始めてから終わらせるまでのこと。
 したがって「ずっと」という意味になってるようだ。

 ならば「始末」は?
 始めてから、そして最後にエンド(末)と切ってしまう、つまり決着を付ける意味になってるようだ。

 と言っても、唱歌の「一月一日」で余計に複雑になる。
 その歌詞は
 年の【始】めの 例(ためし)とて
 終(おわり)なき世の めでたさを
 ……

 年の【始】めとは、なんじゃこれ? となるが、
 この【始】は、きっと「終」なき世の……この「終」との対なのだろう。
 「始終めでたさを」ってことらしい。

 というような事をグダグダと書き連ねていると、この辺りで「始終」より「始末」の熟語が必要のようだ。


20−(2) 【音】

 【音】、「言」と「一」の組み合わせだとか。
 その「言」は、偽(いつわ)り欺(あざむ)けば入れ墨の刑罰を受ける。その針を立てた形だそうな。

 そして改心を神に誓う。その祈りに神が応えて、夜中に静かな音を立てる。
 それが【音】で、神のお告げだとか。
 なるほど、神聖なものなのだ。

 そんな音、人が聴ける音は周波数20ヘルツ から20キロヘルツ まで。
 そして年齢が上がるほど能力が落ちる。
 それを逆手に取ったのが「モスキート音」、つまり若者だけに聞こえるキーンという17キロヘルツの不快音だ。

 商店にたむろする若者を撃退するため、イギリスで開発された。
 日本でもコンビニにたむろする若者を追っ払うためだとか、押し売り撃退で使われている。
 ブーンと蚊の羽音、それは誰しも嫌なもの。モスキート音とはうまく名付けたものだ。

 しかし、世の中不快音ばかりじゃない。
 人が好む心地よい音は何だろうか?

 統計によると
  1位  川のせせらぎ
  2位  小鳥のさえずり
  3位  波の音       となる。

 確かにこれらの【音】は、神のお告げのようなものなのかも知れない。


20−(3) 【掏】

 【掏】は(トウ)と音読みし、右部は窯で土器を焼く形だとか。
 こんな熟語に『掏摸』がある。

 こんな字、なかなか読めない。
 だが、(すり)と読む。
 いわゆる人様から財布や物品を失敬する「スリ」のことだ。

 スリは窃盗罪であるが、時代は明治から昭和、スリたちが多く暗躍していた。
 関東一円の大親分が仕立屋の銀次、本名は富田銀次郎と言ったらしい。

 それに比べ、スリの新人は財布を抜き取ると恐くなり、すぐに走り出すそうな。
 そこから新人を「駆け出し」と呼ぶようになったとか。

 そんなスリたち、いろんなヤツがいた。
 ケツパーの三ちゃん、ケツパーとはケツは尻、パーは財布のこと。
 尻のポケットの上から財布を触り、どれくらいの金額が入っているかを当て、抜き取った。
 そのケツパーの梅ジイ、ベテランであったが、最後はアメ横商店街で逮捕された。

 デパ地下を専門にしていたのが、デパ地下のさと婆。
 それに声掛けタマちゃん。
 優しく話し掛け、そのスキに財布を抜き取ったとか。

 多くのスリたちがいたが、最近話題に上がったのが駒崎姉妹。
 スリデビューがこま*り姉妹と同じ頃だったとか。
 そして2012年10月29日、姉は駒崎恵美子80歳、妹は妙子72歳、、梅田の阪@デパートで財布を盗んだと逮捕された。
 スリ歴50年のベテランではあったが、高齢のため指の動きが鈍くなっていたとか。

 とにかく【掏】(トウ)という漢字、『掏摸』(スリ)といけない熟語になるが、どことなく笑えてくるから不思議だ。


20−(4) 【銀】

 【銀】はかって白金と言われ、銅は赤金。
 古くから金銀銅は金三品と言われた。

 【銀】は原子記号「Ag」の金属、古くから金とともに通貨や装飾として使用されてきた。

 そして金には……「沈黙は金なり」という格言がある。
 実はもう一つのフレーズがその前にあるのだ。
 それは……「雄弁は銀なり」

 つまり「雄弁は銀なり、沈黙金なり」( Speech is silver, silence is gold. )だ。
 現代人は後ろの「沈黙は金」しか口にしないが、この二つのフレーズで完璧ということだ。

 しかし、ここで迷ってしまう。
 「雄弁は銀」と「沈黙は金」、どちらが重要なのだろうか? と。

 実は、かって金は自然に採れたが、銀は圧倒的に少なく稀だった。
 また銀鉱石から銀を抽出する精錬法は難しく、銀の方が希少価値があり、値打ちだった。
 したがって、この勝負、【銀】の勝ちなのだ。
 ということで、沈黙より雄弁の方が上位となる。

 これで大阪のオバチャンたちの魂は救われることになる。
 とにかく雄弁で、起承転結。
 お相手すれば、あめ玉一つくれる。そして最後に落ちまで付けて、それはまさに【銀】のしゃべくりだ。

 とにかく【銀】、値打ちがあって、結構大阪のオバチャン風な漢字なのだ。


20−(5) 【奥】

 【奥】、上の部分は祭りをする建物の屋根。中の「米」は獣の掌紋で、上に「ノ」の爪がある。そして下部は左右の手が並べられている、とか。
 【奥】は、いろいろと組み合わさった漢字なのだ。

 そして獣の手の平の肉をお供えする部屋の隅のことを【奥】と言うそうな。
 そこは神聖な場所だと。

 1689年5月、松尾芭蕉は江戸を出て、東北を旅した。
 それが「月日は百代の過客(かかく)にして……」、【奥】の細道となった。
 それから200年後の1878年(明治11年)の夏、同じように一人の女性が東北へと旅立った。

 名前はイザベラ・バード、日本人ではない。
 世界を旅する47歳のイギリス人旅行家だ。
 旅を終え、1880年、日本での旅行体験記・『日本【奥】地紀行』(Unbeaten Tracks in Japan)を書いた。

 内容は興味深いものばかり。
 途中、日光の金谷邸に滞在し、奥日光も訪ねてる。
 湯元温泉では「やしま屋」に泊まり、人間ではなく妖精が似合う宿だと楽しんだようだ。

 そして東北や蝦夷地を訪問して……、要約すると
 「1200マイルの旅をしたが、まったく安全だった。世界中で日本ほど婦人が危険な目にもあわず、安全に旅行できる国はないと信じている」と記した。

 しかし、評価は絶賛だけではない。
 新潟は「美しい繁華な町」だ。だが「味気ない」と。
 また、湯沢は「いやな感じのする町」と評した。

 そして日本人については
 「西洋の服装、どの服も合わない。日本人のみじめな体格、凹んだ胸部、がにまた足という国民的欠陥をいっそうひどくさせるだけ」と。

 その上に、
 「黄色い皮膚、馬のような固い髪、弱弱しい瞼、細長い眼、尻下がりの眉毛、平べったい鼻、凹んだ胸、蒙古系の頬が出た顔形、ちっぽけな体格、男たちのよろよろした歩行、女たちのよちよちした歩きぶり。一般に日本人の姿を見て感じるのは堕落しているという印象である」と辛辣に酷評した。

 放っといてくれ! と言いたくなるが、芭蕉は死の四日前に「旅に病んで夢は枯野をかけめぐる」と詠んだ。

 同じ旅人だが、イザベラ・バードが見た【奥】と、松尾芭蕉が感じた【奥】とは随分と違ったようだ。


20−(6) 【菜】

 【菜】、元の字の意味は手で木の実を摘み取ることだとか。
 そんな【菜】で、すぐに思い付くのが「菜の花」。

 菜の花や 月は東に 日は西に
 与謝蕪村は270年ほど前にこう詠んだ。
 菜の花は晩春の季語であり、おぼろ月が東に上がった夕暮れ時の情景だろう。

 そしてそこから連想するのが「菜種油」。
 セイヨウアブラナから採取される食用油。かっては灯火としても使われていた。

 こんな植物油、世界の生産量は次のような順位になっている。
  1位 パーム油
  2位 大豆油
  3位 菜種油
  4位 ひまわり油

 菜種油は堂々の第3位。
 その菜種油の6割が日本で作られているとか。
 春ともなれば、いかに菜の花が黄一色で日本中に咲いているかということだ。

 そして菜の花は、お浸しに和え物、炒め物に汁物と食して美味しい。
 食卓の一品、春の旬の味だ。
 菜の花は日本の暮らしになくてはならない。

 そして唱歌の朧月夜。

 【菜】の花畠に 入日薄れ
 見わたす山の端(は) 霞ふかし
 春風そよふく 空を見れば
 夕月かかりて にほひ淡し

 【菜】という漢字、こうして日本人の心まで癒やしてくれている。




コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/02/07 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

【掏】のスリのお話が面白かった。

いくら名人でも高齢のため指の動きが鈍くなったらお終いですね。

14/02/08 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

はい、スリは指が命です。
捕まえたスリは監獄で草引きの日々。
ゴツゴツ指にするためだとか。

ログイン