1. トップページ
  2. マリッジブルー

はやみしいなさん

はじめまして、

性別 女性
将来の夢
座右の銘 日進月歩 コツコツと少しずつでも前に進んでいきたいです

投稿済みの作品

0

マリッジブルー

12/05/30 コンテスト(テーマ):第七回【 結婚 】 コメント:1件 はやみしいな 閲覧数:1957

この作品を評価する

結婚式が近づくにつれて怖くなる……

「本当にこの人でいいの?」
「私なんかが家族としてやっていけるのかな?」

考えれば考えるほど体が動けなくなって、友人の声も愛する彼の声すら遠くて、気が付けば聞こえなくなっていた。

きっと私は深い海にでも沈んでしまったんだろう、
この海はきっと私の涙、心なしかとても冷たい


些細なことで心は揺れに揺れてしまい心の波は荒れ模様、
酸素を求めて必死にもがけばもがくほど苦しくて、
泳げない私は、今にも溺れてしまいそうだった。

「もうやめようかな。結婚…… 私には無理だったのよ」
一言彼に別れを告げるだけで楽になれると思った。

これで苦しまないで済むと思ったのに、なぜか涙が止まらない、
私は逃げるようにして彼に背を向け、ゆっくりと歩き出していた。

しかし、そんな私を彼は呼びとめ、不意に振り返った私をぎゅっと抱きしめた。
「人は誰だってどうしようもなく沈んでしまうこともある、
僕は君を大船に乗ったつもりで小舟に乗せることなんてできないけど
この小舟を少しづつ大きくして一緒に乗り越えていこうよ」

また涙がでてきたけど、今度はとても暖かい、

そう、ここはもう冷たい深海じゃなくて、あたたかい彼の腕の中。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

12/05/30 ゆうか♪

初めまして、、拝読させていただきました。

私事ですが、ちょうど私の次女がこの内容と同様の状態にあり、ただの物語とは思えない・・そんな気がしました。汗

娘にも、このラストのようになって欲しいと願っています。

ログイン