1. トップページ
  2. まくちゃんの春の一日

こぐまじゅんこさん

詩を書いたり童話を書いたりしている主婦です。 みなさん、よろしくお願いします。 MyISBN−デザインエッグ社さんから、絵本「おしえて!ねこばあちゃん」を出版しました。 アマゾンでも取り扱っていますので、よかったら みてくださいね。 ブログ「こぐまのノート」も書いています。

性別 女性
将来の夢 自分の書いた童話を孫に読んで聞かせたいです。
座右の銘 しあわせはいつも自分の心がきめる

投稿済みの作品

2

まくちゃんの春の一日

14/01/24 コンテスト(テーマ): 第二十四回 【 自由投稿スペース 】  コメント:0件 こぐまじゅんこ 閲覧数:1102

この作品を評価する

 まくちゃんは、くまの男の子。
 今日は、大好物のハチミツをとりに、森へでかけるところです。
 てくてく歩いていると、うさぎのねねちゃんと、きつねのコンすけくん、たぬきのポンきちくんが鬼ごっこをして遊んでいました。

 まくちゃんに気がついたポンきちくんが、
「まくちゃん、どこ行くの?」
と、声をかけてきました。
「ハチミツをとりに、森に行ってるんだよ。」
 まくちゃんが答えると、ねねちゃんも、コンすけくんも、ポンきちくんも、
「ぼくたちも行く!」
 みんなで、そろって行くことになりました。

 森の中をハチの巣をさがして歩いていると、大きな木のうろに、ハチの巣をみつけました。
「わぁい。ハチミツみつけた!」

 まくちゃんが大きな声で言うと、ねねちゃんが、うろをのぞきこみました。

 そのとたん、ねねちゃんが、
「きゃぁ、なんかチクッとしたわ。ハチに刺されたよぉ。痛いよぉ。」
 わんわん泣きだしました。

 コンすけくんが、それをみて、笑いだしました。
「あはははは。ハチじゃないよ。それは、ぼくがねねちゃんに、くっつき虫をなげたんだよ。」
と言いました。

 くっつき虫っていうのは、とげとげがあって、形はアーモンドのような草の実です。
「なんだぁ。」
 泣きべそをかきながら、ねねちゃんが半わらいをしているとき、ポンきちくんが、両手いっぱいの、よもぎの葉っぱをもってきて、
「ねねちゃん、よもぎの葉っぱは、虫さされにきくんだよ。」
と言って、さしだしました。
 みんなは、ポンきちくんに、ハチじゃなかったことを言いました。

「じゃぁ、このよもぎの葉っぱで、よもぎもちを作ってもらおうよ。」

 ポンきちくんは、家にかけだすと、
「おばあちゃん、よもぎをいっぱいとったから、よもぎもち、作って!」
とお願いしました。

 いいにおいのする、おいしそうなよもぎもちが、たくさんできあがりました。

 おなかいっぱいになったみんなは、ポンきちくんのおうちで、すやすや寝てしまいました。

 おひさまが、にっこりわらってみていました。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン