みやさん

写真と物語の融合、写真物語家を夢見ています。 マイペースで更新中。Twitter➪@miya_ayim

性別 女性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

0

永遠

14/01/05 コンテスト(テーマ):第四十七回 時空モノガタリ文学賞【 再会 】 コメント:0件 みや 閲覧数:1604

この作品を評価する

ナターシャの美しい髪をリチャード王子は優しく撫でながらそっと囁いた。
「ナターシャ愛してるよ、永遠に」
ナターシャはうっとりしながら瞳を閉じるー

城中が寝静まった後に、ナターシャは毎夜こっそりと王子の寝室に忍び込む。
二人だけの甘い時間はほんのひとときで、朝が来る前に二人は離れなくてはならない。

ナターシャは美しく、けれど召使の身であるので王子との恋など叶うはずはない。
けれど二人は信じていた。この恋が永遠に続くと。二人だけの秘密の時間は永遠に続くと信じていた。

ある日ナターシャは王女から暇を出された。
二人だけの秘密だと思っていたけれど、二人の秘密は二人だけのものではなかったのだ。

ナターシャは悲しみ、憂い、もう王子に会えないのだ、と絶望した。
「私は貴方と共に生きます」
悲しみに暮れるナターシャに王子は言いました。
全てを捨てて、二人で生きていこうとー

明日の夕刻、森で落ち合って誰も知る人のいない何処か遠くへ行こう。
二人は約束をしました。

その夜の夕食時。王子は王女に見透かされてはいけないと、しごく自然に振る舞い、王女もまたしごく自然に王子に飲み物を勧めました。

王子は自然を装い飲み物を飲み干し、そのまま部屋に戻るつもりだったのですが、王子の身体はもう自由を奪われ、息も出来なくなっていました。

「あなたがあんな卑しい女のものになるなら、永遠に私のものにします」
王女は息をしていない王子の身体を優しく撫でました。

森でリチャード王子を待つナターシャ。夜が更けても王子は現れません。
でもナターシャは信じています。王子はきっと現れる、と再び会える日を夢見て永遠に、永遠に待ち続けました。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン