1. トップページ
  2. 新年版・男と女の物語

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

4

新年版・男と女の物語

13/12/23 コンテスト(テーマ):第一回OC 【 猫とアオゾラ 】  コメント:10件 鮎風 遊 閲覧数:2117

この作品を評価する

 新(あら)たしき年の始め、ここは由緒ある──お告げ神社。
 そこに一人の女がいた。
 神殿に向かって二礼二拍手、良い出会いがありますようにと女は祈願する。
 その後深々と一礼し、拝殿から下がると、冷気が首筋を襲ってくる。女は冷えた指をゆるりと、ミッドナイトブルーのコートの襟元へと持って行き、真朱(まそお)のマフラーを巻き直した。
 こんな女の、久し振りの初詣だ。

 振り返れば、あれは確か社会へ羽ばたこうとしていた年だった。そして思い出す、あの時いただいたお告げは──忘我。
 女はそれに従って、我を忘れ猛烈に働いた。そのお陰か多少の蓄えもでき、また郊外に小さな家まで持てた。
 しかし、ここへ来て、なにか物足りない。女の一生、こんな生き方で良いのだろうか? と。
 こんな空虚感、それは多分連れ合いがいてくれば、ということなのだろう。
 特に神を信じてるわけではないが、今年こそ良縁に。お告げに何かその切っ掛けを期待したい。
「だけど百円玉1個での神頼みじゃ、ちょっと厚かましいかも。でも、千円も支払うお告げ、そちらで頑張っちゃおーっと」
 勝手なものだ。だが前例の成功体験からなのか、ここはポジティブに。こうして女は人混みをすり抜け、お告げがもらえる社務所へと進む。

 まずお金を払い、自分が好む4桁の数字を申し出る。すると巫女がパソコン内に保存されてある神のお告げを、当然誰にもわからないことになっているのだが、それをアウトプットし、墨書きしてくれる。そんな仕組みなのだ。

「1151番をください」
 女はやや俯き加減に告げた。これに巫女がクスンと笑った、いや笑わなかった、実に微妙なところだ。なぜなら、「1151は、いい恋」と見え見えだし、たった千円で恋の指南をしてもらおうって、ちょっとね。
 こんなことを勘ぐった巫女、されどもプロ、「神さまからのお告げを、どうぞ」とシラッと言い、折りたたまれた白い紙を手渡した。
 女はそれを握りしめ、そそくさと境内の隅へと。そしておもむろに開ける。
「えっ、これ何よ!」
 女はどうもムカッときたようだ。
 つまり、そこに書かれてあったお告げは──『猫』
「今年の干支は馬よ、それがなんで……『猫』なのよ!」
 馬なら、白馬に乗った王子様、恋のイメージはできる。だが『猫』では、どこからも恋へと繋がらない。女は不満で、お屠蘇をたくさん頂いて、帰って行ったのだった。

 そして春になった。
 女は元々猫嫌い、それでも何かご利益があるかもと、未練を払拭し切れず、猫を飼い始めた。
 しかしこの猫、飼い主に似てるのか、小生意気なメスなのだ。まるで前世の自分のようで、気に食わない。そのせいか世話もせず、放ったらかしにしている。
 それでも「猫の居るのは屋根の上」と格言通り、いつも屋根の上で自由を満喫している。

 そんなある休日のことだった。快晴で、青空が広がっていた。もちろん猫は屋根の上で、気持ち良さそうに伸びをしている。
 女はちょっとコンビニでもと外に出ると、どこかの若い男が一眼レフカメラを構えている。
「ちょっと、アンタ、私の家撮ってどうするつもりなの」
 女が文句を付けると、「いえいえ、青空の中にいる猫を撮らせてもらってるのですよ」と、男は申し訳なさそうに言う。その表情がどことなく愛くるしい。
 さらに、「あの猫ね、あっちに木があるでしょ。そこへピューンとジャンプするのですよ。こだわりで、背景が青空でないと絶対にダメでして……。だから、その瞬間を撮らせてください」と訴える。
 だが女にはもう一つわからない。「なんで青空なの?」と訊くと、「実は今年のお告げが青空だったもので」と目が真剣。
 そんな眼差しが純粋で、このお兄さん、家の猫に代わってペットになって欲しいわ、と思った瞬間だった、あの小生意気な猫がピューンと飛翔、お見事だ!
 その一瞬のことだった…バシバシバシ。男は獲物を捕まえる鋭い目で連写。超カッコイイ!
 女はこれでイチコロ、子猫ちゃんに変身しちゃいました。その上、これを機にお付き合いが始まったのでした。
 幸運にもその後はトントン拍子に。すなわち男は、この写真に「猫とアオゾラ」と題名を付け、大臣賞を受賞。それからプロの写真家に転身した。
 もちろん女は「1151」が実り、晩婚ではあったが連れ合いができた。そして写真館「猫とアオゾラ」を開店させ、ただ今大繁盛。まことに幸運な結末だ。

 ところで、最近世間でよく使われる諺がある。
 それは広辞苑掲載候補の──猫とアオゾラ。
 一見、無関係なものであっても、いつか結ばれる縁があり、幸せになれる、ってことらしい。
 そしてもう一つの解釈に──すべては初夢だった──とある。

 いずれにしても、新年の男と女の物語、目出度し目出度し……ニャーオ。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/12/23 鮎風 遊

みな様へ、謝罪

本作品、一度投稿させてもらいましたが、1カ所脱字がありました。
早々に多くの方に閲覧いただいたのですが、一旦削除させてもらいました。

また、草藍さまの方からは下記コメントをいただいておりました。
不完全なままの投稿、まことに申し訳ございませんでした。


13/12/23 草藍
えっ! 広辞苑掲載候補なんですか。そこまで持っていくそのオチ凄いですね、お見事。
鮎風遊さん、拝読しました。縁なんてどこに転がっているかわからないものです。ここの神様のお告げ、素晴らしいじゃないですか。こっそり、どこの神社か私に教えてください、よろしくお願いします。面白かったですよ、ありがとうございました。

13/12/23 鮎風 遊

草藍さん

さっそくコメント、ありがとうございます。

そうなんですよ、どうも広辞苑掲載候補のようでして。
猫とアオゾラ、まことに意味深い格言みたいです。

また、お告げ神社の場所は、後ほどに。

13/12/24 猫兵器

鮎風 遊様

拝読致しました。
まさか私がソファに寝転がって考えた「猫とアオゾラ」という言葉が、広辞苑掲載候補として挙げられているとは。しかも何やら高尚な意味が込められているご様子。
いやあ、生みの親として、鼻が高いです。
とかなんとか、軽口を叩いてしまいましたが、軽妙な語り口で清涼感のある結末まで一気に読ませる筆力、お見事でした。
楽しませていただきました。

13/12/24 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

今年はから、「棚からぼた餅」に代る言葉として、「猫とアオゾラ」という言葉が、
一般的に有名になることでしょう。

猫さんが運んできた恋だから、主人公も幸せに成れると信じて、
これぞ!「猫とアオゾラ」現象と名付けましょう♪

13/12/24 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました。

「猫とアオゾラ」ほんと格言みたいですね!
次は私の番なのですが、こんな素晴らしいお題は到底思いつかず、でした。
面白かったです♪

13/12/26 鮎風 遊

猫兵器さん

コメントありがとうございました。

この繋がりのないお題、よくぞ考えられたなあと感心しながら、
なんとか繋げてみました。
やっぱり縁でしかないかな?
もう一つ繋がりを探してみたいものです。

13/12/26 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。
「棚からぼた餅」以上になれば、面白いでしょうね。

やっぱりお告げに従うものですね、幸せが舞い込んできます。
さてさて、新年のお言葉は何かな?


13/12/26 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメントありがとうございます。
はい、格言です。

次のお題さんはそらさんですか。
お手柔らかに。

13/12/27 朔良

鮎風 遊さん、はじめまして
拝読いたしました。
社会的には独立してるけどさみしい独身女性が猫がご縁で…というだけではなく、猫とアオゾラを広辞苑掲載候補にしてしまうとは! 御題の使い方が素敵です。
それにしても、霊験あらたかな神社ですねー。
私も是非あやかりたいです。
楽しく読ませていただきました。

13/12/27 鮎風 遊

朔良さん

コメントありがとうございます。

そうですよ、お告げ神社は霊験あらたかな神社です。
お告げに従えば幸運が舞い降りてきますよ。

ログイン
アドセンス